MENU

News Ticker

eill、TVアニメ『東京リベンジャーズ』エンディング主題歌「ここで息をして」の配信リリース日が2021年4月9日に決定!さらにジャケット写真、MusicVideoからのティザー映像も追加公開!

2021年ブレイクアーティストとして注目されているシンガーソングライターのeill(読み:エイル)が、この4月から放送される注目のTVアニメ『東京リベンジャーズ』のエンディング主題歌となっている「ここで息をして」を、2021年4月9日にポニーキャニオンから配信リリースすることが決定した。

 

「ここで息をして」は、eill公式YouTubeチャンネルにて、アニメ映像のティザーが公開されて話題となっている。
また、今回公開されたティザー第二弾は「ここで息をして」のMusicVideoから初公開の映像となっているようだ。楽曲とMVの一部をいち早く視聴できるチャンスなので、既に公開されているアニメ映像のティザーと合わせてチェックしておきたい。

さらに「ここで息をして」のジャケット写真も公開された。ゴーグルをつけたeillの姿が印象的に映し出されており、ジャケット写真から想起される本作の仕上がりがますます気になるところだ。

 

■eill 「ここで息をして」2021年4月9日(金)配信リリース
配信URL:https://lnk.to/Kokodeikiwoshite

※2021年4月9日AM0:00まではApple Music「Pre-add」、Spotify「Pre-save」のみご利用いただけます。

 

「ここで息をして」ティザー映像第二弾

「ここで息をして」ティザー映像第一弾

■eillプロフィール
東京出身。
ブラックミュージックを下地にした音楽性と、甘さ/切なさ/艶感/力強さが共存した歌声で魅了するシンガーソングライター。
アーティスト名は北欧神話に登場する癒やしの女神「エイル」に由来。癒やしの力は音楽にも宿るという思いが込められている。
15歳から歌い始め、同時にPCで作曲も開始。
2018年6月にシングル「MAKUAKE」でデビュー、10月にミニ・アルバム「MAKUAKE」を発表。
2019年11月に“イヤフォンで聞けるダンスミュージック”をコンセプトに制作した1st AL「SPOTLIGHT」をリリース。収録曲「SPOTLIGHT」がラジオ・オンエアチャート二週連続一位となり、全国に名前を知られるようになる。
多彩なソングライティング・センスが高い評価を受け、NEWS、 テヨン(ex 少女時代)、EXID 等に楽曲を提供。情感豊かな歌声に魅せられたアーティストも多く、SKY-HI、m-flo、さなり、フィラデルフィア出身の R&B シンガー・PINK SWEAT$ 等、国内外のアーティストの楽曲に客演で参加。DJ、ダンサー、キュレーター、俳優などアーティスト以外からも愛されている。
2020年11月に発表した2ndミニ・アルバム「LOVE/LIKE/HATE」は、自身の音楽制作の原点でもある愛情と憎しみをテーマに制作。心の機微を繊細に綴る歌詞は人間味が増し、音楽性もバラードからロックまで採り入れるなど進化を遂げた。

 

▪eill公式サイト:https://eill.info/
▪eill公式Twitter:https://twitter.com/_eill_
▪eill staff Twitter:https://twitter.com/eill_info
▪eill公式Instagram:https://www.instagram.com/_eill_/?hl=ja
▪eill staffInstagram:https://www.instagram.com/eill_info/?hl=ja
▪eill official YouTubeチャンネル:https://www.youtube.com/channel/UCR3r-lCLAtrTcr1IvQVQycA
▪eill official TikTok:https://www.tiktok.com/@eillinfo

 

■TVアニメ『東京リベンジャーズ』作品情報

©和久井健・講談社/アニメ「東京リベンジャーズ」製作委員会

▪エンディング主題歌
eill 「ここで息をして」

 

▪PV
特報PV

第1弾PV

▪イントロダクション
人生どん底のダメフリーター花垣武道(タケミチ)。中学時代に付き合っていた人生唯一の恋人・橘日向(ヒナタ)が、最凶最悪の悪党連合”東京卍會”に殺されたことを知る。事件を知った翌日、駅のホームにいたタケミチは何者かに背中を押され線路に転落し死を覚悟したが、目を開けると何故か12年前にタイムリープしていた。人生のピークだった12年前の中学時代にタイムリープし、恋人を救うため、逃げ続けた自分を変えるため、人生のリベンジを開始する!

『東京卍リベンジャーズ』とは──。
2017年より「週刊少年マガジン」で連載開始、累計800万部を突破した本作は、『新宿スワン』の作者・和久井健が贈る最新巨編。

 

▪放送情報
MBS毎日放送  4月10日より毎週土曜日26:08~
テレビ東京    4月11日より毎週日曜日25:35~
テレビ愛知  4月11日より毎週日曜日25:35~
テレビ北海道  4月11日より毎週日曜日25:35~
TVQ九州放送  4月11日より毎週日曜日26:35~
BS朝日  4月18日より毎週日曜日23:00~
AT-X  4月12日より毎週月曜日21:30~ 
※リピート放送:毎週水曜日9:30~/毎週金曜日15:30~
山陰中央テレビ 4月14日より毎週水曜日25:25~
琉球朝日放送 4月15日より毎週木曜日26:15~
RKK熊本放送 4月23日より毎週金曜日26:55~

 

※放送開始日・放送日時は変更となる場合がございます。予めご了承ください。

▪スタッフ
原作:和久井健『東京卍リベンジャーズ』(講談社「週刊少年マガジン」連載)
監督:初見浩一
シリーズ構成:むとうやすゆき
キャラクターデザイン:大貫健一/太田恵子
音響監督:飯田里樹
音楽:堤 博明
アニメーション制作:ライデンフィルム

▪キャスト
花垣武道(タケミチ):新 祐樹
橘 日向(ヒナタ・ヒナ):和氣あず未
橘 直人(ナオト):逢坂良太
佐野万次郎(マイキー):林 勇
龍宮寺 堅(ドラケン):鈴木達央

 

千堂 敦(アッくん):寺島拓篤
山本タクヤ:広瀬裕也
鈴木マコト:武内駿輔
山岸一司:葉山翔太
清水将貴(キヨマサ):日野聡

 

▪キャラクター情報
【花垣武道(タケミチ)】
人生どん底のダメフリーター。中学時代が人生のピークで、当時付き合っていた唯一の恋人の橘日向(ヒナタ)が殺されたことをニュースで知る。ある日、突如12年前へタイムリープすることになる。

【橘 日向(ヒナタ・ヒナ)】
タケミチの中学時代の唯一の恋人。優しくて明るい、正義感の強い女の子。現代で、東京卍會の抗争に巻き込まれて死亡する。

【橘 直人(ナオト)】
ヒナタの弟。現代では警察官になっている。タイムリープしたタケミチの助言で一命をとりとめ、姉のヒナタを救うため、協力者になる。

【佐野万次郎(マイキー)】
不良集団・東京卍會の総長。小柄ながら「無敵のマイキー」の異名を持つ最強の男。ひょんなことから出会ったタケミチを気に入る。

【龍宮寺 堅(ドラケン)】
不良集団・東京卍會の副総長。通称「ドラケン」。こめかみの龍の刺青と金の辮髪がトレードマーク。総長のマイキーと常に行動を共にし、良き相棒でもある。

【千堂 敦(アッくん)】
タケミチの中学時代の不良グループ「溝中五人衆」のリーダー的存在でとても仲間思い。通称「アッくん」。

【山本タクヤ】
「溝中五人衆」の一員で、タケミチの幼馴染。ロン毛が特徴的で、グループ内ではおとなしく体が弱い。

【鈴木マコト】
「溝中五人衆」の一員。いつも下半身のことばかり考えている。

【山岸一司】
「溝中五人衆」の一員でムードメーカー。不良のことに関しては、「不良辞典」の異名の名に恥じない情報を持っている。

【清水将貴(キヨマサ)】
不良集団・東京卍會の参番隊隊員。通称「キヨマサ」。渋谷三中に在籍しており、ボス的存在。過去を変える前のタケミチを奴隷扱いし、タケミチの人生を狂わせる発端となった人物。

▪インフォメーション
TVアニメ「東京リベンジャーズ」公式サイト:https://tokyo-revengers-anime.com
TVアニメ「東京リベンジャーズ」公式Twitter:@anime_toman

▪原作情報
『東京卍リベンジャーズ』:
https://pocket.shonenmagazine.com/episode/13932016480029113171
『東京卍リベンジャーズ』公式Twitter:@toman_official
1~21巻好評発売中。

▪実写化情報
映画「東京リベンジャーズ」公式サイト:http://wwws.warnerbros.co.jp/tokyo-revengersjp/
映画「東京リベンジャーズ」公式Twitter:@revengers_movie
映画「東京リベンジャーズ」公式Instagram:@revengers_movie

▪コピーライト
©和久井健・講談社/アニメ「東京リベンジャーズ」製作委員会

PONY CANYON公式ツイッターでは
""や""の新着記事をお知らせしています!
関連キーワード



MENU

TOP