MENU

News Ticker

オールジャンル音楽フェス「Best Beautiful Booking」Vol.2終演!大矢梨華子、解散後初ライブ、ハッシュタグBBBfesがツイッタートレンド入り!

 

2018年11月23日に開催された新宿最大級のライブハウス「新宿ReNY」で行われたオールジャンル音楽フェス「Best Beautiful Booking」Vol.2、半日間で実に11組ものアーティストのライブが入れ替わり立ち替わりで行われる中、「#BBBfes」というハッシュタグがツイッターのトレンド入りをし、話題を呼んだ。

 

BBBフェスとは、オールジャンルの旬なアーティストに出逢える場所として多くの人に、多くのジャンルを、多くの興味を、をコンセプトとする「気軽に行きやすいフェス」を目指すイベントであり、vol.1から連続出演となる「アノアタリ」「エルフリーデ」「ダイナ四バンド」に加え、初参戦組の声優の新垣樽助率いる「樽生」、「This is a PEN.」「プルモライト」「vivid undress」「ミソシタ」、さらに一般公募より選ばれた高校生バンド「Iolite」「ブラッシュ・アップ」、そして今回緊急参戦となった「大矢梨華子」の全11組が出演した。

 

当日は一般公募より選ばれた高校生バンド「Iolite」、「ブラッシュ・アップ」がオープニングアクトとして登場し、「V-POP」枠として2年ぶりに日本でLIVEを行った「This is a PEN.」、マジックから始まるという個性的なステージを披露した「樽生」がオーディエンスを盛り上げた。一転して「VTuberポエムコア」枠として全く異なる世界観を披露した「ミソシタ」、「覆面ゲームミュージック」枠として誰もが聞き馴染みのある楽曲を披露した「ダイナ四バンド」、そして「ガールズロックバンド」枠でキャッチーなギターロックサウンドの「エルフリーデ」が会場の熱気を一段階引き上げた。

 

中でも注目を集めたのは解散後初のライブを行った元ベイビーレイズJAPAN「大矢梨華子」が真っ赤なドレスと金髪のショートヘアで登場し、オリジナル曲含む全3曲を披露した。畳み掛けるように「インスタントガール」で会場を一体にした「アノアタリ」、9月に発売されたばかりの1stアルバムから「赤色に狼狽」を歌唱した「プルモライト」、そしてトリとして出演した「vivid undress」はアンコールを務め、「私メンヘラなんかじゃないもん」を歌い上げ一日の最後を締めくくった。

 

vol.1 でも好評を博した協賛ブースも魅力の一つで、専門学校ESPエンタテインメント東京によるギターの試奏体験、ALPEXによるイヤホンプレゼント、更に日清食品から会場内で無料で食べられるカレーメシ、ハヤシメシのサンプリングも行われた。

 

総合P大竹氏からは「当日、出演者のモチベーションに圧倒され、自分が描いていた当日のイメージを良い意味で壊してくれ、多くの来場者の笑顔、出演者同士の笑いやコミュニケーションを見て、開催して良かったと思えました。第三回が出来るようにも、引き続きBBBfesをどうぞ宜くお願いします。」とコメントしており、第三回を期待する声も高まる中、今後の情報を楽しみに待とう。

 

  

 

<フェス開催概要>
Best Beautiful Booking 2018 vol.2
日程:11/23(金祝)
時間:12:00開場/12:30開演
会場:新宿ReNY
出演アーティスト:アノアタリ、エルフリーデ、大矢梨華子、ダイナ四バンド、樽生、This is a PEN.、プルモライト、vivid undress、ミソシタ/(高校生バンド出演枠)Iolite 、ブラッシュ・アップ

・BBB公式ホームページ
https://www.bbbfes.com/
・BBB公式twitter
https://twitter.com/BBBfess

PONY CANYON公式ツイッターでは
""や""や""や""の新着記事をお知らせしています!
関連キーワード



MENU

TOP