MENU

News Ticker

野崎良太(Jazztronik)、東京都町田市のプロモーション映像「まちだで育む」に「In this town」を書き下ろし!シンガーに武田カオリ(TICA)、作詞はKOHEI JAPANが担当!

 

プロモーション映像はこちらから↓

こどもの転入超過が「東京1位」である東京都町田市。同市初となるシティ・プロモーション映像「まちだで育む」が完成し、全編を彩る楽曲「In this town」を野崎良太(Jazztronik)が手がけていることが発表された。

 

小田急線複々線化で都内へのアクセスが更に便利になった首都圏のベッドタウン東京都町田市。手厚い育児サポートや都会の利便性、公園や里山が数多くある自然環境、そして長く育まれた歴史文化がバランス良く存在している。それらに加え2016年にはこども(0~14歳)の転入超過数が全国で3位、東京都内では1位をマークするなど、子育て世代から熱い視線が注がれている。

 

そんな町田市を描き出した、同市初となるシティ・プロモーション映像「まちだで育(はぐく)む」がYouTubeにて公開された。

 

映像をより印象的に彩る楽曲「In this town」を書き下ろした野崎良太は、Jazztronik(ジャズトロニック)として国内外で高い評価を受け、最近では柴咲コウのライヴ・プロデュースを手掛ける。作曲・編曲は、TICAのメンバーであり、数多のヒットCM楽曲を歌唱している武田カオリが担当。更には様々なアーティストへの作品提供で注目のラッパーKOHE I JAPAN(コーヘイ・ジャパン)が作詞を手掛けていることにも注目だ。

 

映像監督は数々のミュージック・ビデオを手掛け、音楽専門チャンネルMTVやスペース・シャワーTVで受賞歴を持ち、更にはニューヨーク「ONE SHOW DESIGN」にてパッケージ・ デザイン賞を受賞している木村和史(きむらかずふみ)がつとめた。父役には俳優の高杉瑞穂(たかすぎみずほ)、母役には冨永沙織(とみながさおり)が配され、町田市に住む家族、そして子育ての日常を演じ、同市のサポート、利便性、そして自然環境をスタイリッシュに描いている。

 

自治体プロモーション映像が数多リリースされている現在、町田市の映像に対する今後のリアクションが注目される。

 

野崎良太コメント
映像をみてくださる皆さんに、また町田市の皆さんに「In this town」が長く聞いていただける楽曲になれば嬉しいです。

野崎良太

 

武田カオリコメント
「「特別な日」と言うよりは、日々の暮らしに添うような温かみを意識して歌いました。野崎良太さんの曲も繊細でいながら大らかな情景が浮かびとても素敵です。

 

 

関連リンク

●町田市 https://www.city.machida.tokyo.jp/

* 町田市

こども(0~14歳)の転入超過数
2017年東京1位、全国5位(2017年)
2016年東京1位、全国3位(2016年)

 

*楽曲「In this town」
作曲・編曲:野崎良太(Jazztronik)/作詞:坂間広平(KOHEI JAPAN)/
補作詞:arvin homa aya/歌唱:武田カオリ

PONY CANYON公式ツイッターでは
""や""や""や""や""の新着記事をお知らせしています!
関連キーワード



MENU

TOP