MENU

News Ticker

小柳ルミ子、自身初サッカー書籍出版記念イベント開催!ロシアW杯代表メンバー予想も


歌手で女優の小柳ルミ子がこの5月12日、東京都内で自身初のサッカー書籍「パスコースがない?じゃあ、つくればいい。――ルミ子の勝手にサッカー学」の出版記念ベントを行った。

 

同書は、現在サッカー論客として最も注目を浴びている小柳ルミ子による初めてのサッカー本。独自の視点からの「サッカー学」を書き下ろしで1冊に凝縮し、サッカーの世界にのめり込んでいったきっかけ、熱すぎるリオネル・メッシへの愛、本書のタイトルにもなった「パスコースがない?じゃあ、つくればいい」など数々の名言を生み出し続ける伝説の「サッカー・ノート」、スペイン・バルセロナ訪問記、そして日本代表への提言とワールドカップの展望など、小柳ルミ子の分析と主張をこれでもかとばかりに展開している内容だ。

 

この日、小柳は会場に詰めかけた多くのサッカーファンを前に冒頭、「新曲発表よりも嬉しい。曲は作曲家や作詞家など他のみなさんの協力を得ながらできるものだが、本は自分の力だけでこつこつやってきたことが花開いたもの。感無量です」と挨拶した。

 

続いて行われたトークイベントの中では、現役サッカー選手、サッカー好き芸能人といった “サカ友” との交友関係や、元日本代表監督・岡田武史氏や元なでしこジャパン・澤穂希氏とのエピソード、ヴィッセル神戸への移籍が噂されているスペイン代表MFアンドレス・イニエスタへの熱い思いなどを語り会場を大いに沸かせた。
また、来場したファンからの質問に答える場面では、次作の予定を聞かれ、「本は読者、出版会社あってのもの。ただし野心はある。何冊でも書きたい!」と謙虚な中にも意欲を語った。

 

自身が「この本はサッカー本ではない。サッカーから学んで感じた自分なりの分析を一般社会に当てはめている。」と語る同書は、「仕事がある時は5試合、オフの時は10試合くらい観戦をしている」ことから年間2000試合を観戦するという圧倒的な “観戦力” から導き出された独自のサッカー学を書き下ろした一冊に仕上がっているとのこと。「現役選手の方々、将来サッカー選手を目指している子供たち、その親御さん、そしてサッカーを全く知らないという人にも読んでほしい」と呼びかけた。

 

また、イベントに先立ち行われた記者会見の中では、開幕まで約一ヶ月に迫ったW杯ロシア大会についても持論を語り、日本代表メンバーを予想(下記)。「日本代表には1試合でも長く、1試合でも多く、ピッチの上で輝く姿を見せてほしい」とエールを送っていた。

 

 

 

■リリース情報(書籍)
「パスコースがない?じゃあ、つくればいい。――ルミ子の勝手にサッカー学」
著者名:小柳ルミ子
2018年4月25日より順次発売 ※4月25日はデビュー記念日(1971年)
出版社:東京書籍
判型:四六判・並製・192ページ

ISBN978-4-487-81112-0 ≫amazon.co.jp ¥1,400+税 

PONY CANYON公式ツイッターでは
""の新着記事をお知らせしています!
関連キーワード



MENU

TOP