MENU

News Ticker

A.B.C-Z、塚田僚一初主演×Snow Man共演映画「ラスト・ホールド!」で主題歌担当

A.B.C-Zの塚田僚一が来春5月に劇場公開される「ラスト・ホールド!」にて映画初主演することが決定した。

 

同作は、東京2020オリンピックの追加競技に決定した「スポーツクライミング」の1種目である人気の「ボルダリング」を題材に、超弱小ボルダリング部の落ちこぼれ大学生たちが日本一を目指すという、コミカルでスリリングで胸が熱くなる青春映画だ。
また、今作にはパワフルな舞台で観客を魅了するジャニーズJr.の人気グループ・Snow Manのメンバー全員(岩本照、深澤辰哉、渡辺翔太、宮舘涼太、佐久間大介、阿部亮平)が共演をする。そのほかにも、映画や舞台で活躍する実力派俳優・勝村政信をはじめ、永野宗典や「SR サイタマノラッパー」の駒木根隆介らが共演し、スクリーンに華を添える。

 

そして、その主題歌には塚田が所属するA.B.C-Zの新曲「Future Light」が決定した。
来年2月1日に結成6年目を迎えるA.B.C-Zの初めての映画主題歌として、今作のために書き起こされた楽曲は「仲間と一緒なら乗り越えられない壁はない」と自分自身との闘いに仲間と共に立ち向かい、輝く未来へ真っすぐ進んでいこうと歌った超正統派応援歌。聴く人の背中を押してくれるだけでなく体の芯から力が湧いてくるパワフルなダンスナンバーで、物語に一層の輝きをもたらす。

 

塚田僚一初主演映画「ラスト・ホールド!」は、2018年5月12日に劇場公開される予定。今回、その塚田本人と今作でメガホンを取る真壁幸紀監督からコメントも到着している。

 


 

【塚田僚一 コメント】
カッコいいEDMの曲に、至る所に「僕ら」が散りばめられていて仲間の大切さを教えてくれる歌詞。
映画と同じ様に、力強く希望にあふれている曲です!
撮影の4〜5ヶ月後に曲が決まりレコーディングをしました。最後の最後にA.B.C-Zがラスト・ホールド!に手を貸してくれた気がします。
映画もですが、色々な人達が携わってできた曲です。必ずみなさんの心に届くはず、楽しみに待っていて下さい!!

 

【真壁幸紀監督 コメント】
映画館がノリノリになる事、必至!どこをどう切り取っても「ラスト・ホールド!」の歌になっています。
この映画がなければ、「Future Light」という素晴らしい曲が生まれなかったんだなぁと思うと、自分を誇らしく感じます。
ありがとう、A.B.C-Z !

 

 

 

■劇場公開情報
映画「ラスト・ホールド!」
2018年5月12日公開

 

■プロフィール

 

©松竹

PONY CANYON公式ツイッターでは
""の新着記事をお知らせしています!
関連キーワード



MENU

TOP