MENU

News Ticker

不朽の名作「スモーク」がデジタルリマスター版で初ブルーレイ化!12月発売

(C)1995 Miramax/NDF/Euro Space


昨年12月、実に21年ぶりにデジタルリマスター版でリバイバル上映が実施された名作映画「スモーク」が、待望の初ブルーレイ化されることが決定した。発売は2017年12月20日となる。

 

本作は、都会で暮らす男女それぞれの嘘と真実、過去と現在が交錯する中で生まれた不思議な絆が描かれた、観る者を優しく包む人情味あふれる物語。アメリカの人気作家ポール・オースターが1990年にニューヨークタイムスに発表した短編小説「オーギー・レンのクリスマス・ストーリー」をもとに作者自ら脚本を書き下ろし、「女が眠る時」「ジョイラッククラブ」のウェイン・ワン監督が映画化したブルックリンが舞台の群像ドラマだ。
主演は「ピアノ・レッスン」「レザボア・ドックス」などで幅広い演技を披露するハーヴェイ・カイテルと、「蜘蛛女のキス」でアカデミー主演男優賞受賞したウィリアム・ハートが務める。

 

1995年公開時には当時の東京・恵比寿ガーデンシネマで25週にわたるロングラン上映がなされ、21年後の2016年12月に同YEBISU GARDEN CINEMA(2015年再オープン)ほかでデジタルリマスター版としてリバイバル公開された。同8月に開催された第69回ロカルノ国際映画祭でも特別上映が行われ、ハーヴェイ・カイテルに生涯貢献賞が授与されていた。

 

発売が決定したブルーレイにはミュージックチャプターの機能が付き、映像特典に日本版劇場予告編が収録される予定。

 

 

(C)1995 Miramax/NDF/Euro Space

 

■リリース情報
「スモーク デジタルリマスター版 Blu-ray」
2017年12月20日発売

PCXP.50540 ¥3,800+税

 

(C)1995 Miramax/NDF/Euro Space

PONY CANYON公式ツイッターでは
""の新着記事をお知らせしています!
関連キーワード



MENU

TOP