MENU

News Ticker

GLAY、真夏のお台場フリーライブ「TOKYO SUMMERDELICS」緊急開催!ファン1万人熱狂

GLAYが14thアルバム「SUMEERDELICS」の発売を記念したフリーライブ「TOKYO SUMMERDELICS」を7月31日、東京・お台場にて開催した。GLAYが都内でフリーライブを行うのは今回が初の試み。

 

同ライブは、ニューアルバムのリリース直前から公式HPで謎のカウントダウンが開始され、開催当日の10時に数字が0となった瞬間に実施の告知が解禁。突然の発表にも関わらず、お台場 青海南臨時駐車場 J区画の特設会場にはファン約1万人が集結した。

 

開演予定時刻になると会場にSEが鳴り、メンバーが順にステージへ。ニューアルバム収録の「the other end of the globe」からスタートすると、真夏の野外ステージを楽曲が持つ壮大なサウンドで包み込んでいった。
会場のボルテージが高まる中、立て続けに同じくニューアルバム収録の「Scoop」を披露。JIRO作曲のパンクナンバーが会場を刺激し、真夏の観客席はさらに “熱く” なった。

 

この日、7月31日は18年前にGLAYが20万人を動員した「GLAY EXPO’99 SURVIVAL」を行った日で、ファンなどから “GLAYの日” とも呼ばれている。TERUは「幕張のライブを行った18年後、またこうやって野外ライブができて幸せです」と語り、「GLAY EXPO’99 SURVIVAL」の時も演奏した往年の名曲「HOWEVER」を披露した。
その後も新旧織り交ぜたナンバーを聴かせて会場のボルテージは最高潮へ。ライブの最後には、ニューアルバム収録曲「XYZ」の疾走感にあふれるロックサウンドを真夏の青空に響かせた。

 

演奏終了後も真夏の野外会場の熱はおさまらず、鳴り止まないアンコールの声援が広がった。それに応え、メンバーが再びステージに登場すると会場からは割れんばかりの歓声が沸き起った。
JIROは「こうやって野外でやると幕張のライブを思い出す」と語り、アンコールでは名曲「生きてく強さ」を披露。サビは会場全体で合唱となり、真夏のフリーライブ「TOKYO SUMMERDLICS」は幕を閉じた。

 

9月からは23公演、23万人動員のアリーナツアーを行うGLAY。今回のライブでもTERUは「アリーナツアーは様々な準備を進めているから、楽しみにしていて欲しい!」と語った。

 

 

 

 

■リリース情報
GLAY ニューアルバム「SUMMERDELICS」
2017年7月12日発売

 

G-DIRECT限定Special Edition

●CD only盤
PCCN-00028ASIN: B072FKK8TZ ¥3,000+税
●CD+2DVD盤
PCCN-00027ASIN: B072LQX6Y6 ¥5,000+税
●5CD+3Blu-ray+グッズ盤 (G-DIRECT限定Special Edition)
LSGC‐0002 ≫G-DIRECT ¥¥22,963+税
<収録内容>

 

■イベント情報
「GLAY museum」
日程:2017年7月7日(金)~8月13日(日)
会場:HMV仙台 E BeanS店内「hmv museum 仙台」
http://www.hmv.co.jp/newsdetail/article/1706081013/

 

■ミュージックビデオ/ライブ映像

「SUMMERDELICS」SPOT Album ver.

「the other end of the globe」ミュージックビデオ
https://youtu.be/GsejWouYpgo

 

■オンエア情報
GLAY New Album発売記念番組「the other end of the globe〜10年後の夢に向かって」

 

■リリース情報
「BELOVED Anthology」
2017年9月20日発売
PCCN-90004 ¥6,481+税

 

■ライブ情報
「GLAY ARENA TOUR 2017 “SUMMERDELICS”」
アリーナツアー特設サイト:http://glay.jp/summerdelics
<日程>

 

■関連サイト
GLAYオフィシャルサイト
http://www.glay.co.jp

PONY CANYON公式ツイッターでは
""の新着記事をお知らせしています!
関連キーワード



MENU

TOP