MENU

News Ticker

作詞家・岩里祐穂、トークライブ第4弾ゲストに森雪之丞!傳田真央の弾き語りも


作詞家・岩里祐穂がトークライブ第4弾となる「Ms.リリシスト〜トークセッション Vol.4」をゲストに森雪之丞を迎え、今秋9月に開催することを発表した。

 

今井美樹、坂本真綾をはじめ近年ではももいろクローバーZなどのアイドルやアニソンでもヒットを出し続けている作詞家・岩里祐穂。昨年の2016年5月には作詞活動35周年を記念して殿堂入りの名曲から最新ヒットまでの33曲を収録した2枚組アルバム「Ms.リリシスト」を発売し、また、同年8月からそのアルバム名を冠したトークライブを定期的に開催している。
トークライブ第1回には元チャットモンチーの高橋久美子、第2回には作詞家・松井五郎、第3回にはヒャダインをそれぞれゲストに招き、”作詞家同士の対談” という滅多にない企画に毎回満員御礼ソールドアウトの好評を博している。

 

森雪之丞

そして今回、来る9月9日に待望の第4回トークイベントの開催が決定。気になるゲストには作詞家・森雪之丞が発表された。
森は、1976年に作詞・作曲家としてデビューして以来、ポップスやアニメソングで数々のヒット・チューンを生みだし、また90年代以降は布袋寅泰、hide、氷室京介など多くのロック・アーティストからの支持に応え、尖鋭的な歌詞の世界を築き上げてきている。これまでにリリースされた楽曲は約2500曲を数え、また詩人として94年より実験的なポエトリー・リーディング・ライヴ「眠れぬ森の雪之丞」を主催し、岸谷五朗と立ち上げた「POEMIX」、江國香織との朗読会「扉のかたちをした闇」など独特の世界観と美学に幅広い層にファンを持つ。また、近年は舞台、ミュージカルの世界でも活躍し、劇団☆新感線の「五右衛門ロック」シリーズの作詞やブロードウェイ・ミュージカルの訳詞も多数手掛けるほか、ロックオペラ「雪之丞一座参上公演『サイケデリック・ペイン』」、オリジナルミュージカル「SONG WRITERS」など新作戯曲も精力的に発表している。

 

そんな森と岩里という70年代・80年代から現在まで第一線で活躍し続ける二人の作詞家同士のトークバトルは、ファンならずとも必聴もの。作詞をする者同士だからこその視点で、互いの作品を分析し合い、質問し合い、時に脱線し、どんなレアなエピソードが飛び出すか楽しみだ。

 

また今回、シンガーソングライターの傳田真央によるミニライブも決定した。傳田は岩里とはヒット曲「Bittersweet」で出会って以来、何曲か共作で詞を書いてきた間柄で、その見事な歌声と才能はまさに天性のもの。4年ぶりのアルバム「Love for Sale」をリリースしたばかりの彼女が、トークライブでは弾き語りを披露する。

 

傳田真央

 

■ライブ情報
岩里祐穂 presents「Ms.リリシスト〜トークセッション Vol.4」
ゲスト:森雪之丞

 

■プロフィール

PONY CANYON公式ツイッターでは
""の新着記事をお知らせしています!
関連キーワード



MENU

TOP