MENU

News Ticker

つるの剛士、初挑戦のエレクトーンで「オリビアを聴きながら」生披露

アーティストでタレントのつるの剛士がこの5月23日、約半年間のエレクトーンレッスンの成果を披露するライブを東京・ヤマハエレクトーンシティ渋谷にて開催。同日、ライブ前に直前会見が開かれた。

 

つるのは昨年12月、エレクトーンの演奏に挑戦し、その魅力を伝える「エレクトーンチャレンジアンバサダー」に就任。Web番組「つるの剛士のエレクトーンチャレンジ!」では、エレクトーンパフォーマー・yaSya(富岡ヤスヤ)氏とともにレッスンに取り組む姿が毎週放送されている。

 

同会見では、まず半年間放送してきた同番組をまとめたムービーを公開。初めてエレクトーンに触れる様子から、つるのが観光親善大使を務める藤沢市のスタジオでのレッスン、女子大生ドラマー・川口千里氏やギタリスト・ROLLY氏とのセッションの様子などが放映された。

その後、つるのがステージに登壇。半年間触れてきたエレクトーンについて「ドラムやベースなど、なんでもできてしまうエレクトーンのポテンシャルや魅力に、今回はびっくりさせられました」と半年間を振り返った。

 

また、司会者にライブについての意気込みを聞かれると、「鍵盤楽器は触れてこなかったし、譜面もいまだに読めないんですけどステージに立ちます。ひとりで全部演奏しなければいけないなんて、こんなに緊張することはない。どうなるかわからないけど、一生懸命弾くことだけを考えてます!」と、顔をこわばらせながら語った。

 

その後、番組でつるのの師匠を務めたyaSya氏、ゲスト出演した川口氏もステージに登壇。それぞれエレクトーンとドラムを使ったソロパフォーマンスを行いながら、つるのに応援エールを送った。
会見の終盤には、つるのは今回のチャレンジ課題曲である「オリビアを聴きながら」をひとりで初披露。演奏後には「今のは65点。このあとのライブでは、お客さんに100点を伝えたいですね」とコメントし、直後の限定ライブに向けてあらためて意気込みを語った。

 

半年間のエレクトーン練習成果を披露する120名限定フリーライブは、この後19時より同会場にて開催された。yaSya氏や川口氏を交え、3人でのジャムセッションやサプライズとして4月26日にリリースされたシングル「君にありがとう」のカップリング曲「うたのちから」が初披露された。

 

なお、つるの剛士は現在、「つるのうた名曲集日本全国翔鶴ツアー」と銘打った全国ツアーの真っ最中。5月28日に行われる地元神奈川・藤沢市民会館ホール以降の公演からは、エレクトーンの演奏も披露されるそうなので楽しみだ。

 

 

 

■つるの剛士のエレクトーンチャレンジ!
<エレクトーンスペシャルサイト>
http://jp.yamaha.com/products/musical-instruments/keyboards/el-organs/electone_station/try/

 

■リリース情報
「君にありがとう」
2017年4月26日発売

PCCA.70508 ¥1,204+税

 

■ライブ情報

 

■関連サイト
つるの剛士 公式Twitter
https://twitter.com/takeshi_tsuruno
つるの剛士 公式Instagram
https://www.instagram.com/takeshi__tsuruno/
つるの剛士 公式LINE blog
http://lineblog.me/tsurunotakeshi/
つるの剛士 公式Facebook
https://www.facebook.com/takeshi.tsuruno.1

PONY CANYON公式ツイッターでは
""の新着記事をお知らせしています!
関連キーワード



MENU

TOP