MENU

News Ticker

バカリズム原作・脚本・主演!OLなりすましブログ「架空OL日記」が連続ドラマ化

映画「ラ・ラ・ランド」映画「ラ・ラ・ランド」

バカリズムがOLになりすまして書いた伝説のブログを本人主演でまさかの連続ドラマ化した「架空OL日記」が、2017年4月より放送される。

 

バカリズムは、その活躍の場をお笑い界に留めず、ヒットドラマの「素敵な選TAXI」「かも知れない女優たち」「黒い十人の女」「住住(すむすむ)」などの脚本も手掛け、今クリエーターとして注目を集めいている。「架空OL日記」は、そのバカリズムが2006年から3年の月日をかけ、ネット上にこっそり銀行勤めのOLのフリをして綴っていたブログを書籍化した作品。OLとしての鋭い観察眼に、ブログを読んでいた誰もが「本物のOL」だと騙され、「女心が分かりすぎている」「いや、頭おかしい」と話題を巻き起こしていた。

 

今回、その “怪作” が本人の原作、脚本、主演にて連続ドラマ化が決定。監督は「住住」「潜入捜査アイドル・刑事ダンス」などの住田崇が担当する。
「仕事して、飲んで、恋して、悪口言って・・・」、銀行を舞台に世のOLたちが思わず「分かる~!」と唸ってしまうOLたちの日常生活が描かれる。
この4月より読売テレビほかで放送され、また、huluにて特別版が先行配信される。

 

 


 

【バカリズム コメント】

Q1.OLになりすまして書いていたブログが本になり、このたび、ドラマになるにあたり、いかがでしょうか?
もともとただの暇つぶしに始めたブログが、書籍化されるだけでも驚きなのに、ドラマにまでなるなんて超ラッキーだと思います。

Q2.脚本家として、いろいろな作品を書かれてきたと思いますが、原作・脚本・主演をされるこの作品への思いを教えてください。
原作・脚本だけじゃなくて、主演もとなると、スケジュールが大変だしセリフもたくさん覚えなければいけないので、できれば避けたかったのですが、この世界観を成立させるとなると、自分が演じる以外の方法がないのでとにかく頑張って面白くしようと思います。

Q3.今回、銀行の制服など来たり、女優さんにまじって、OL役を演じると思いますが、意気込みなど、お願いいたします。
今回演じるOL役は普段自分がコントで演じるような女性役でもなければ、女装をした男性役でもないかなり特殊な役なので、女優さんたちの空気感にうまく馴染みつつも、絶対的な違和感を出せればと思います。

Q4.どんなところを見てほしいか、見どころを教えてください。
物語自体は、OLさんのほのぼのとした日常を淡々と描いたものなので、共感したりニヤニヤしたりしながら楽しんでもらいつつも、数分に一回くらいふと「男が書いて男が演じている」という狂気を思い出していただければと思います。

 

【監督 コメント】
バカリズム脚本の中でも、最も独創的でクレイジー(笑)だと思います。
キャストスタッフ一同、ドラマとしての新たな可能性に挑戦してます。放送を楽しみにしていて下さい。

 

 

■オンエア情報
「架空OL日記」
2017年4月より、読売テレビほか放送、Huluにて先行独占配信
※Huluでは特別版を配信

 

■関連サイト
「架空OL日記」番組ホームページ
http://www.kaku-ol.jp

PONY CANYON公式ツイッターでは
""の新着記事をお知らせしています!
関連キーワード



MENU

TOP