MENU

News Ticker

沖田修一監督&松田龍平、映画「モヒカン故郷に帰る」伊映画祭で二冠達成

mk2
沖田修一・監督、松田龍平・主演で現在全国公開中の映画「モヒカン故郷に帰る」が、第18回ウディネ・ファーイースト映画祭でブラック・ドラゴン賞(批評家賞)とブロンズ・マルベリー賞(観客賞3位)を受賞し、日本映画として5年ぶりの快挙となる二冠を達成した。

 

北イタリアの都市・ウディネで開催された同映画祭で、日本映画での二冠達成は、第11回「おくりびと」(ブラック・ドラゴン賞&ゴールデン・マルベリー賞)、第13回「告白」(ブラック・ドラゴン賞&マイムービーズ観客賞)以来、5年ぶり3作品目の快挙となる。

 

授賞式では、批評家賞であるブラック・ドラゴン賞の発表が先に行われ、英題である「Mohican Comes Home」と読み上げられた瞬間、沖田監督と松田は一瞬驚いた後、喜びの表情に包まれた。壇上にあがり盾を受け取ると、監督は「本当にこの映画を選んでくださってありがとうございます。松田さんとこの舞台に立ててとても嬉しく思っています。松田さんありがとう、みなさん、ありがとうございます!」と喜びの笑いをこらえきれず、興奮しながらスピーチした。続いて松田は「グランデ!タンテ・グラッツェ!」と感謝の意をイタリア語で伝えると、会場からは熱い拍手と声援が起き、「僕も沖田さんの映画が大好きで、沖田さんに感謝の意を示したいと思います。ありがとうございます」と映画を作り上げた仲間として喜びを分かち合った。

 

二人が盾を持って会場席へ戻っている最中に、次の観客賞3位のブロンズ・マルベリー賞の受賞発表が始まり、受賞作品は「Mohican Comes Home! 沖田さん、カムバック!」と呼ばれると、沖田監督と松田が再び檀上へ。まさか二冠を想定していなかった二人は、盾を受け取ると檀上で大きく掲げ、喜びを爆発させていた。

 

受賞後のインタビューでは、受賞の感想を聞かれ沖田監督は「ありがとうございます。映画祭の上映でたくさん拍手を頂いて、それだけで十分だと思っていたのに賞まで頂いてしかも二つも!松田さんと1個ずつ持てるのがとても嬉しく思います」と答え、松田も「沖田さんと僕で一つずつ持てることが幸せです、ありがとうございます」と興奮気味に語った。

また、現地で4月29日に行われた1200人のヨーロッパ・プレミア上映会の感想を聞かれると、沖田監督は「1200人というなかなかない規模の、日本ではない場所で、たくさんの方が映画を観る瞬間に立ち会いながら、みなさんの反応をひとつひとつ新鮮な気持ちで感じつつ、また自分自身としても客観的に映画を楽しんで観ることができました、ありがとうございます」と感想を述べた。松田も1200人の観客との上映に参加し、「元気をもらいました、また沖田さんと作品を作りたいです!」と沖田監督との新たな作品作りへの意欲を覗かせていた。

 

「モヒカン故郷に帰る」は、7年ぶりに故郷に帰った”モヒカン”息子が、父親の病気が発覚したことから家族とともにドタバタを繰り広げる笑って泣けるホームドラマ。今回、日本のみならず世界中に元気を届けることとなった。映画はテアトル新宿ほか全国で公開中。

 

 

■劇場情報
「モヒカン故郷に帰る」
テアトル新宿ほか全国公開中

©2016「モヒカン故郷に帰る」製作委員会

©2016「モヒカン故郷に帰る」製作委員会

 

■関連サイト
映画「モヒカン故郷に帰る」公式サイト
http://mohican-movie.jp/
Far East Film 18 Home page
http://www.fareastfilm.com/easyne2/homepage.aspx

 

©2016「モヒカン故郷に帰る」製作委員会

PONY CANYON公式ツイッターでは
""の新着記事をお知らせしています!
関連キーワード



MENU

TOP