MENU

News Ticker

SS501メンバーによるユニット”Double S 301”が韓国に続き、日本でも活動再開

DS301_photo_01
2005年に韓国にてデビューし、東方神起と並んで韓国はもちろん日本やアジア各国にて大きな人気を集めたSS501。活動休止中の今もなお多くのファンが再始動を待ち望んでいる中、ついにSS501のメンバー、ホ・ヨンセン、キム・キュジョン、キム・ヒョンジュン(マンネ)に3人によるユニット、”Double S 301(ダブルエスサンマルイチ)”が活動をスタートする。

 

Double S 301は、SS501が活動していた2008年にスペシャルユニットとして楽曲「U R MAN」、2009年に大ヒットドラマ「花より男子」の挿入歌「僕の頭が悪くて」を発表。SS501ファンのみならず、多くの人々からボーカルグループとして高い評価を受けた。

2010年のSS501の活動休止後、各メンバーはソロ活動を行ってきたが、2016年ついにDouble S 301として7年ぶりに3人が集結する。
2月16日に韓国にてミニアルバム「ETERNAL 5」を発表。そして、3月のソウルコンサートに続き、日本でも4月20日にミニアルバム「ETERNAL S」を発売し、東京・大阪にてコンサートを開催することが決定した。

 

今回のミニアルバム「ETERNAL S」は、日本オリジナル曲を全5曲収録。全曲の作詞に松井五郎氏を迎え、タイトル曲となる切ない想いを描いたバラード「Fraction」、第58回グラミー賞最優秀新人賞を受賞したアメリカの人気シンガー・ソングライターのメーガン・トレイナー提供の楽曲となる、力強くかつ大人の色気を感じさせるロック曲「Bad Dimention」、3人ならではの美しいハーモニーを聴かせる楽曲「Never Ending Dream」など、ジャンルにとらわれないバラエティな構成になっている。

 

タイトルの「S」にはSinger、Song、Star、Start、複数形のs、そしてSS501のSというたくさんの意味が込められており、それらすべてが「ETERNAL・永遠であれ」という想いで名付けられた。

そして、このアルバム「ETERNAL S」の発売に合わせて、4月25日に東京、4月27日に大阪にてコンサートを開催し、日本のファンの前にいち早く登場する。

 

大人のボーカルグループとしての新たなスタートを切るDouble S 301に、期待が高まる。

 

DS301_photo_02

 

 

■リリース情報
「ETERNAL S」
2016年4月20日発売
●初回限定盤 (CD+DVD)
PCCA.04373 ¥2,800+税
●通常盤 (CD Only)
PCCA.04374 ¥2,200+税
●ポニーキャニオン・ショッピングクラブ限定盤 (CD+DVD)
SCCA.00042 ≫オフィシャルサイト¥4,800+税

 

■ライブ情報
Double S 301「U R MAN IS BACK in JAPAN」

 

■関連サイト
Double S 301ポニーキャニオン・オフィシャルサイト
http://doubles301.ponycanyon.co.jp

PONY CANYON公式ツイッターでは
""や""の新着記事をお知らせしています!
関連キーワード



MENU

TOP