MENU

News Ticker

アニメ「ガラスの花と壊す世界」が日中米同時公開!上海で舞台挨拶も

c19
ポニーキャニオンとA-1 Picturesによるオリジナルアニメプロジェクトとして制作された完全新作アニメーション「ガラスの花と壊す世界」が、2016年1月9日に公開初日を迎え、上海(中国)の宛平劇場においても日本の公開初日に合わせて同作の上映が行われた。

 

中国でアニメーション映画が日本公開と同日上映されるのは初めてのことで、劇場には1000人を超える来場者が集まり、映画観賞とファンミーティングを楽しんだ。

「ガラスの花と壊す世界」は、2013年「アニメ化大賞」において、多数の応募作品の中から見事大賞を射止めた「D.backup」を原案とした劇場作品で、脚本・志茂文彦、キャラクター原案・カントクという2大ヒットメーカーによって新たに構成された作品世界観を、「進撃の巨人」や「PSYCHO-PASS サイコパス 2」のオープニング演出でその実力を一躍国内外に知らしめた石浜真史監督によって映像化したものだ。

 

上海の宛平劇場で行われた舞台挨拶には、本編上映後、日本での舞台挨拶から直接駆けつけたリモ役の花守ゆみりと、デュアル役の種田梨沙が登壇。トークコーナーでは、ドロシー役の佐倉綾音が日本からの中継で参加し、3人がそれぞれ中国語で挨拶をすると来場者全員が総立ちとなって声援で応えるなど、会場は最初から熱い盛り上がりを見せた。また種田と花守が劇中のセリフを披露し、アフレコ時のエピソードを種田がモノマネを交えて披露すると、歓声と笑いで多いに湧いた。

花守のライヴコーナーではペンライトを振りながらの大きな歓声もあがり、このアニメーションが初主演の花守に対して、「花守さん、かわいい!」「歌がうまい!」などと確実に中国ファンの心を掴んだ舞台挨拶となった。

 

オリジナル新作アニメーション「ガラスの花と壊す世界」は、日本では新宿バルト9、シネマサンシャイン池袋ほかにて全国劇場公開中。本作は、日本だけでなくフランス、ドイツで公開され、1月末にはオーストリアでも公開が予定される。今回、日本での公開にあわせ、上海だけでなくアメリカでも同時公開され、全世界5カ国での公開となる。

 

c25c28

 

 

■劇場情報
「ガラスの花と壊す世界」
大ヒット上映中
vfdt2

 

■予告編

PV第1弾公開

キャラクターPV

特報

本予告

 

■関連サイト
「ガラスの花と壊す世界」公式HP
http://garakowa.jp/
「ガラスの花と壊す世界」公式Twitterアカウント
https://twitter.com/garakowa_a

 

(C)Project D.backup

PONY CANYON公式ツイッターでは
""の新着記事をお知らせしています!
関連キーワード



MENU

TOP