MENU

News Ticker

新グループ、チャンプリン•ウィリアムス•フリーステットがアルバム「CWF」をリリース

映画「ラ・ラ・ランド」映画「ラ・ラ・ランド」

image
3月に日本ツアーを行うTOTO、現在来日公演中のシカゴと70年代・80年代に大活躍した伝説的なグループがあらためて積極的な活動をみせている。多くのファンが沸き立つ中、TOTOのジョセフ・ウィリアムス(Vo)、元シカゴのビル・チャンプリン(Vo,Key)とスウェーデンのAORクリエイター、ピーター・フリーステット(g)が新グループを結成。初のスタジオ・アルバム「CWF / シ―・ダブリュー・エフ」を2016年1月20日にリリースする。

 

グループの名は3人の名前からとり、チャンプリン・ウィリアムス・フリーステット。
Light Mellow、AORファンにはたまらない強力メンバー3人に、ゲストとしてスティーヴ・ポーカロ(TOTO)、ランディ・グッドラム、タマラ&ウィル・チャンプリンなどが脇を固める。
その音楽性はメンバーの音楽的なフレーバーがたっぷりと詰め込まれ、80年代の洋楽を聴いてきた音楽好きには絶対のおすすめの、全曲最高の仕上がりのアルバムとなった。

 

リード曲「Aria」では、マイケル・ジャクソンの名曲「Human Nature」での作・編曲でも名高いスティーヴ・ポーカロをフューチャー。
また、日本国内リリースにあたり、メンバーの提案をもとにジャケット、収録曲順も変更され、M2「ナイトフライ」は別バージョンを収録している。
ボーナストラックにも新たに新曲2曲を完成させ、その一曲はブレンダ・ラッセルとビル・チャンプリンの共作ナンバーというのも話題だ。
すでに名盤との評価も高い海外リリース盤(ドイツ盤10月末発売)の完成度をさらに高め、強力にバージョンアップさせた待望のリリース仕様となっている。
20日の発売まで、あとわずかだ。

 

 

■リリース情報
CHAMPLIN WILLIAMS FRIESTRDT / チャンプリン・ウィリアムス・フリーステット
「CWF / シ―・ダブリュー・エフ」
2016年1月20日発売
image
PCCY.01985 ¥2,500+税

 

■リード曲「ARIA」PV

■アルバム紹介動画

 

■メンバー・プロフィール

 

PONY CANYON公式ツイッターでは
""の新着記事をお知らせしています!
関連キーワード



MENU

TOP