MENU

News Ticker

藤木直人、3年ぶりのツアーが大阪でファイナル!ファンに再会を誓う

fujiki_1989_main1000
藤木直人が8月29日に「Naohito Fujiki Live Tour ver11.0 ~1989 17 Till I Die Tour~」の最終公演を大阪・オリックス劇場で開催した。芸能デビュー20周年の節目に発売されたミニアルバム「1989」を引っ提げて開催された同ツアーは、よこすか芸術劇場からスタートし、4都市5公演合計1万人を動員。実に3年ぶりのステージとなった。

 

冒頭で藤木は、「今年ツアーが決定したときに、まずは舞台セットで『海辺のカフカ』で使っているアクリルケースのワゴンを使いたいなと思って。早くみんなに見て欲しくて楽しみにしてきましたけど、今回がファイナルなので寂しいです。セットのワゴンを持って帰りたいです。あと、蜷川幸雄さんにはこのワゴンのアイデアを使っていいですか?と言って許しを得ているので」とこだわりのセットについて言及した。

また、「ツアーの内容も決めてなかった時に、あらためて自分の曲を聴こうと思って藤木直人フォルダーを作って曲の整理してみたら9時間30分もありました」と16年間のアーティスト活動を振り返った。

 

そして、今回使用しているギターについては、「ツアーごとにオリジナルギターを作っているのですが、アルバムのタイトルになっている1989(年)の17歳の時に僕が初めて買った青いクラッシュミラーのギターがあって、それをモチーフにしたギターをもう一度作ってみたいなと思って。もちろん模様には似ているのだけど、自分が好きなアーティストや新しいアイデアも入れたいなと思って、スティーヴ・ヴァイのギターに付いているモンキーグリップ(取っ手)を追加しました。あと模様の十字架を光らせてみたいと楽器メーカーのフェルナンデスの方に相談したら、スタッフの方がギターを弾いたら光るようにしてくれたのですよ。そうしたら、『海辺のカフカ』の冒頭シーンで、カフカ君が旅立ちの決心をする時に、雷が象徴的に鳴るから、僕のライブも雷でスタートさせたいなと思って、今回ギターもこういう風に作ってくれたから、雷みたいにピカピカさせようと思ったら、弾かないと光らないじゃない。だからオープニングの暗い中、雷の音に合わせて一所懸命ギターの十字架を光らせていました」と裏話を明かした。

 

最後に藤木は「(色々なアイデアの連鎖が起きた事によって)17歳だった頃に、初めてギターと出会った時の感覚や、気持ちを未だに忘れていないことに気づいて、ツアータイトルも“1989 17 Till I Die Tour”という名前を思いついて。なんか今回はいろんなことが最終的に一つになったツアーだったなと思います。ツアーは3年ぶりだったけど、やっぱりライブ楽しいね!みんなの顔を見ることができて本当にうれしかったです。みんなありがとう!またいつかどんなかたちになるか分からないけど、必ず帰ってきたいと思います。そのときはぜひ遊びに来てください!」と再会を誓った。

 

fujiki402A1445

 

 

 

■リリース情報
藤木直人「1989」
2015年7月15日発売
1989_tsujyo_jkt
PCCA-04244 ¥2,500+税
<収録曲>

PONY CANYON公式ツイッターでは
""の新着記事をお知らせしています!
関連キーワード



MENU

TOP