MENU

News Ticker

ダークギャザリング(ジャンプSQ.連載中)2023年アニメ化決定!ティザービジュアル&映像が公開!

Ⓒ近藤憲一/集英社・ダークギャザリング製作委員会

ジャンプSQ.連載中の『ダークギャザリング』が2023年にアニメ化することが7月26日“幽霊の日”に発表された。そんな日に合わせてのアニメ化発表には、作品の“怖さ”を感じるとともに制作陣の作品に対するこだわりが垣間見られる。

 

監督は、代表作『群れなせ!シートン学園』『キラッとプリ☆チャン』など多くのアニメで指揮を取った博史池畠がホラーアニメに初挑戦となっている。過去の日本アニメを振り返ってもホラーを中心としたアニメはあまり多くないなかで、どのような作品に仕上がるのか博史池畠の手腕に期待したい。制作スタジオには、『ポケモン』シリーズ『ベイブレードバースト』シリーズで有名なOLMが手掛ける。ダークギャザリングでは、どのように怖さ引き立つ幽霊の描写になるのか、こだわりにも要注目だ。

 

ティザージュアルでは、主人公の寶月夜宵(ほうづき やよい)が薄暗いトンネル内の中心に佇んでおり、おどろおどろしく、重たい雰囲気が感じられるビジュアルになっている。ティザービジュアルからでも作品性が見て取れる。また、ティザー映像では、原作を用いて奇々怪々な幽霊が多く登場しており、アニメ化されてからのキャラクターや幽霊の動きなど楽しみが膨らむ映像になっている。

TVアニメ「ダークギャザリング」の今後の続報にご期待いただきたい。

 

●ティザー映像

●スタッフ
原作:近藤憲一(集英社『ジャンプSQ.』連載)
監督:博史池畠(『群れなせ!シートン学園』『キラッとプリ☆チャン』)
制作スタジオ OLM(『ポケモン』シリーズ、『ベイブレードバースト』シリーズ)

●イントロダクション
霊媒体質の幻燈河螢多朗(げんとうが けいたろう)は、かつて霊障を受け、友人を巻き込んで以来引きこもりに。社会復帰すべく家庭教師を始めたところに、不思議な瞳を持つ少女・寶月夜宵(ほうづき やよい)と出会う。母親を悪霊に連れ去られた夜宵は、手がかりを求め心霊スポットを巡っていた。

 

強い霊媒体質の夜宵だが霊に避けられており、そのため螢多朗の引き寄せ体質を必要としていた。一方、螢多朗は自分と大切な人の呪いを解くため、霊媒体質に対処できる力をつけることを決意し、二人は協力関係を結ぶことに。

 

最高にクレイジーな新感覚オカルトホラーがここに開幕!

 

●HP&SNS
公式HP:https://darkgathering.jp/
公式Twitter:https://twitter.com/DG_anime
原作公式サイト:https://jumpsq.shueisha.co.jp/rensai/darkdathering/

PONY CANYON公式ツイッターでは
""の新着記事をお知らせしています!
関連キーワード



MENU

TOP