MENU

News Ticker

岐阜県垂井町、声優・土岐隼一、時代考証・小和田哲男を迎えて、「関ヶ原合戦と垂井」をテーマとしたアニメーションを制作!

岐阜県垂井町は、同町が関ヶ原合戦の重要な地であったことを町内外にPRするため、関ヶ原合戦をテーマとしたアニメーション「関ヶ原合戦 岐路に立った垂井の武将たち」を制作することを発表した。

 

今から421年前、徳川家康率いる東軍の勝利で幕を閉じた天下分け目の「関ヶ原合戦」は、関ヶ原町を中心とした西美濃地域で繰り広げられ、岐阜県垂井町も歴史的に重要な地であったことを起源として、『関ヶ原合戦と垂井』をテーマに、垂井で活躍した最強軍師、竹中半兵衛の子である竹中重門、垂井城主・平塚為広らにスポットを当て、大人から子供まで幅広い世代に訴求するアニメーションを制作することを発表した。声優陣には東京リベンジャーズの羽宮一虎役として話題の土岐隼一。時代考証には2023年大河ドラマ「どうする家康」を担当する小和田哲男(静岡大学名誉教授)を招聘し、制作はポニーキャニオンが担当する。さらにオリジナルエンディングテーマ曲は土岐隼一が担当することも決定している。アニメーションの完成は2022年2月下旬を予定しており、そのタイミングに合わせて完成披露試写会も実施される予定だ。

 

【あらすじ】

1600年10月、天下人・豊臣秀吉の死後、豊臣家五大老の筆頭、徳川家康は天下の覇権を狙う一方、秀吉子飼いの石田三成は毛利輝元を「西軍」の総大将として掲げ、家康を討伐しようとしていた。竹中重門、平塚為広は、もとは同じく豊臣家に仕える間柄であり、領地を隣接する仲間だった。しかし、関ヶ原の合戦では敵同士となる。それぞれの胸中に浮かぶ天才軍師・竹中半兵衛との対話を通して、それぞれの決意は・・・「関ヶ原の合戦」の一幕を通じて、垂井町に所縁ある武将たちの郷土への思いを描く。

 

【声優紹介】

土岐隼一(とき しゅんいち)

東京都出身、2014年より本格的に声優活動を開始。「東京リベンジャーズ(羽宮一虎)」「大正オトメ御伽話(白鳥 策)」「真夜中のオカルト公務員(琥珀)」などの人気アニメ作品の出演のほか、数々のキャラクターソングを歌唱している。2019年5月にTVアニメ「真夜中のオカルト公務員」EDテーマ『約束のOverture』にてアーティストデビュー、2021年6月13日(日)には1stミニアルバム『True Gazer』を中心とした自身の楽曲と朗読劇を融合したイベント『土岐隼一Special Reading Live 2021-True Gazer-』を開催、2021年11月17日(水)に2ndシングル『真心に奏』をリリース。

 

【時代考証】

小和田哲男(おわだ てつお)

静岡市出身。1972年、早稲田大学大学院文学研究科博士課程修了。静岡大学教育学部専任講師、教授などを経て、同大学名誉教授。戦国時代史研究の第一人者。NHK「歴史探偵」やEテレ「知恵泉」など歴史番組でのわかりやすい解説に定評がある。また、NHK大河ドラマでも「軍師官兵衛」「麒麟がくる」ほか数多くの時代考証を手掛けており、2023年「どうする家康」においても担当することが決定している。

PONY CANYON公式ツイッターでは
""や""や""の新着記事をお知らせしています!
関連キーワード



MENU

TOP