MENU

News Ticker

ポニーキャニオンが読書支援サービス「YourEyes(ユアアイズ)」を錦糸町・ミライロハウスTOKYOに展示開始!目の見えづらい方でも自由に読書を楽しめる環境をサポート

株式会社ポニーキャニオン(本社:東京都港区、代表取締役社長:吉村 隆)は、株式会社ミライロ(本社:大阪府大阪市、代表取締役社長:垣内俊哉、以下「ミライロ」)が運営する、Diversity&Inclusionに関する情報発信と交流の拠点「ミライロハウス TOKYO(以降「ミライロハウス」)」に6月1日から参加する。

 

ポニーキャニオンが開発・運営を行う、視覚障害者や読み書き障害者など読書困難者に向けた月額定額制の読書支援サービス「YourEyes(ユアアイズ)」をミライロハウスに常設展示する。

 

◇ミライロハウスのHPはこちら( https://www.mirairo.co.jp/mirairo-house )

 

■連携内容
ミライロハウスでは、出展事業者の製品・サービスの展示、ミライロハウススタッフによる説明、障害のある当事者へのプロモーションや定期的なイベント開催などを行っております。

 

今回、ポニーキャニオンの出展に伴い、読書支援サービス「YourEyes(ユアアイズ)」を展示します。ミライロハウス店頭では、実際に使用感を体験することができます。

 

◼️読書支援サービス「YourEyes(ユアアイズ)」について
読書支援サービス「YourEyes(ユアアイズ)」は、お手持ちのスマートフォンで本を撮影して音声で読み上げることができる、全く新しい読書法を実現します。目の見えづらい方でも、「YourEyesボックス」を使う事で、簡単に読み上げたいページの撮影が可能です。自然な朗読を実現するHOYA株式会社のReadSpeakerを採用しており、印刷物の読み上げも得意です。

 

【利用方法】
読み上げたい本のページに台形型の箱「YourEyesボックス」を置き、その上にスマートフォンを置きます。
専用のアプリを開くと、本のページがスマートフォンの画面に表示され、音声ソフトで読み上げることが可能です。
※「YourEyesボックス」には大小2つのサイズがあります。
・小:縦26cm × 横15.5cm × 高さ18cm
・大:縦27cm × 横17.5cm × 高さ21.5cm
※写真に写っているボックスサイズは「大」サイズです

 

◇「YourEyes(ユアアイズ)」の詳細はこちら
https://info.youreyes.jp/

 

◼ 担当者のコメント
読書支援サービス「YourEyes(ユアアイズ)」は、視覚に障害がある方でも、晴眼者と同じように気軽に本を読めるように開発された、日本初のスマートフォンアプリによる本の読み上げサービスです。専用の撮影台「ユアアイズボックス」にスマートフォンをセットすれば、本のページの撮影もそれほど難しくないでしょう。ページを次々に撮影すれば、ユアアイズは驚くほどスムーズに本を読み上げます。常設の展示スペースとしては初となるミライロハウスで、是非たくさんの方にご体験頂ける事を願っております。

PONY CANYON公式ツイッターでは
""や""の新着記事をお知らせしています!
関連キーワード



MENU

TOP