MENU

News Ticker

奄美大島出身の歌姫”城 南海(きずき みなみ)の全国ツアーの東京公演、スペシャルゲスト&サプライズ演出で大河ドラマ「西郷どん」の世界観一色に!

 

7月8日に恵比寿ザ・ガーデンホールで城 南海の全国ツアー「ウタアシビ2018夏」の東京公演が開催された。今回のツアーは6月20日に発売されたシングル「西郷どん紀行~奄美大島・沖永良部島編~」を引っさげた全国ツアーで、そのシングルのジャケット写真と同じ白いエキゾチックなワンピー スをまとい、幕が上がる。NHK大河ドラマ「西郷どん」の劇中歌「愛、奏でて」を城 南海一人で三味線でしっとりと弾き語ると、スペシャルゲストとして大河ドラマ「西郷どん」の音楽を担当している富貴晴美が登場。「西郷どん」の音楽を作るにあたり「城 南海の歌声を聴いたときに、愛加那のイメージそのものだと思いました」と語り、「西郷どん紀行~奄美大島・沖永良部島編~」を披露。その後、富貴晴美のピアノに合わせて、どこからともなく美声が響き渡ると「西郷どん紀行~薩摩編~」でボーカルも担当していたサラ・オレインがサプライズゲストとして登場し、「西郷どん」の劇中歌「我が故郷」を披露。富貴晴美のピアノの演奏に合わせ、城 南海とサラ・オレインの神々しいほどの歌声のアンサンブルが会場を包み込んだ 。先日、城 南海がサラ・オレインのラジオ番組のゲストに出演した際に意気投合し、急きょ出演が決定した、と今回のコラボのきっかけも話し、富貴晴美は「この2人こそ本物の歌姫」と語り、ドラマのオープニングでも流れている「西郷どん-メインテーマ- 」を3人で奏で、「西郷どん」の世界観一色に染まった会場の盛り上がりも最高潮となり、この日だけのスペシャルなサプライズ演出に、会場は鳴りやまない拍手に包まれた。
その他、城 南海は夏を感じるカバー曲や、奄美大島のシマ唄で会場を盛り上げ、デビュー当時の曲から、最新オリジナル曲「ひとつになれたなら」などを披露。この新曲は今回のツアーの会場限定で発売している、自身初となるMusic Clip集に収録されている。この後、7月16日に地元鹿児島公演と続き、7月21日横浜・ランドマークホールでツアーファイナルを迎える。

 

■リリース情報
城 南海/12thシングル『西郷どん紀行~奄美大島・ 沖永良部島編~』
PCCA.04693 ¥1,000+税
◆収録曲:
M1『西郷どん紀行~奄美大島・沖永良部島編~』
M2『愛加那』
M3『愛、奏でて』(※『愛加那』 の三味線弾き語りバージョンです)
◆城南海「西郷どん〜奄美大島・沖永良部島編〜」/「愛加那」 ダイジェスト(歌詞・訳)

【ウタアシビ2018夏・会場限定販売】城 南海/ミュージッククリップ集『城 南海 Music Clip Collection』
◆品番:BRBP-00077/価格¥4,900(税込)
◆収録楽曲:

◆封入特典:ミニフォトブック
【オフィシャルファンクラブ南海人先行予約方法】
オフィシャルファンクラブサイト南海人“みなみんちゅ” にご入会いただいている方のみご予約が可能です。
https://fc.kizukiminami.com/
◆先行予約受付期間:5月25日(金)12:00~ 各公演日の3日前の23:59まで

 

■ライブ情報

 

■城 南海プロフィール■

PONY CANYON公式ツイッターでは
""や""の新着記事をお知らせしています!
関連キーワード



MENU

TOP