MENU

News Ticker

Shout it Out、映画「ちょっとまて野球部!」主題歌書き下ろし!東阪ワンマン開催も

Shout it Outが、2018年1月より全国公開される映画「ちょっとまて野球部!」の主題歌を担当することが発表された。

 

「ちょっとまて野球部!」は、高校野球部の平均的日常をほのぼのと描いた同名の部活コメディ漫画の実写映画化。その作品に山内彰馬(Vo&Gt)が自身の学生時代を照らし合わせて楽曲を書き下ろした。
タイトルは「アフタースクール」。「他の人からすればなんでもない出来事が、自分の前でだけ輝きを放つようなあの日々の先に今日がある。そんな曲を作りました。」とコメントを寄せている。
主演の須賀健太は、Shout it Outが今春リリースした「青年の主張」のミュージックビデオへ出演しており、それ以来の “共演” となる。映画公式サイトでは予告編が公開され、主題歌もチェックすることができる。

 

また、Shout it Outは12月に大阪・BIGCATにて、来年1月には東京・LIQUIDROOMにて、「GOODBYE MY TEENS」と題したワンマンライブを開催することが決定した。
10代でのメジャーデビューと、その直後に訪れた新体制での始動から丸1年。初のフルアルバム「青年の主張」を引っ提げての数多くのライブや夏フェスへの出演を経て、「いつまでも若さに頼っていられないし、そのつもりもないので、けじめのつもりでやります(山内)」という決意をライブタイトルに込め、自身最大規模となるキャパシティの会場でのワンマンライブに臨む。

 

チケット先行受付は、9月16日よりスタート。その先行受付に先駆けて、cinema staffをゲストに迎えてこの9月15日に開催される2マンライブ「虎の威を借り、狩られる狐~大阪編~」の終演後に、会場内で最速手売りチケットが枚数限定で販売される。

 

今回、山内彰馬より映画主題歌とワンマンライブについてのコメントも到着している。

 


【山内彰馬(Vo&Gt) コメント】

 

「Shout it Outなりの青春を描いてほしい。」監督との打ち合わせの時、そう言われました。
ボーッと過ぎて行く毎日をただただ眺めていた学生時代、他の人からすればなんでもない出来事が、自分の前でだけ輝きを放つようなあの日々の先に今日がある。そんな曲を作りました。
作り終えた今はただ、微力ながらも力添えさせていただいたこの作品が、たくさんの人に愛されればいいな、と思います。

 

十代を終えて、一年と少しが経ちました。あの頃は全く実感なんてなかったのに、今では遠い昔の話みたいに感じられます。
いつまでも若さに頼っていられないし、そのつもりもないので、けじめのつもりでワンマンやります。
「GOODBYE MY TEENS」よろしくお願いします。

 

 

■劇場公開情報
映画「ちょっとまて野球部!」
2018年1月27日(土)より、池袋HUMAXシネマズほか全国ロードショー
公式サイト:http://www.chottomate-movie.com

 

■予告編動画
「ちょっとまて野球部!」 予告編

 

■ライブ情報

 

■関連サイト
Shout it Out オフィシャルHP & MOBILE SITE
http://shoutitout.jp/

PONY CANYON公式ツイッターでは
""の新着記事をお知らせしています!
関連キーワード



MENU

TOP