MENU

News Ticker

「バカ田大学祭ライブ」でTHE BEATNIKSが新曲披露!矢野顕子と初共演も

赤塚不二夫生誕80年を記念し、「バカ田大学音楽祭ライブ」がこの5月3日から同5日まで東京・恵比寿ザ・ガーデンホールにて開催中だ。赤塚作品を愛する著名ミュージシャン6組が “バカ田大学” に緊急入学して行われるこの音楽祭に、初日となる3日、矢野顕子とTHE BEATNIKSが出演した。

 

関連記事:「バカ田大学祭ライブ」大貫妙子がKIRINJ Iとシュガー・ベイブ「DOWN TOWN」熱唱

 

同日のライブでは、満員の客席が固唾を呑んで見守る中で登場した矢野顕子が、「天才バカボン」にちなんで1曲目「Bakabon」を熱唱。期待に胸膨らませる客席を大いに沸かせた。
「SUPER FOLK SONG」に続いてのトークでは「昔、学園祭には絶対出ないと、山下達郎と約束したことがあったんだけど」とエピソードを明かし、「昨日は忌野清志郎の命日だったんだけど」というトークからは忌野清志郎作詞・作曲の「雑踏」を披露した。
続いて大瀧詠一作詞・作曲の「Welcome to Jupiter」、そして「これは宮沢和史さんの曲だからと言い聞かせないと自分の曲だと思ってしまう」と会場を笑わせながら「中央線」、さらに最後に「高橋幸宏が曲ができたときに涙目で、すごいいい曲」と褒めてくれたという名曲「ひとつだけ」を熱唱。会場は熱い熱気に包まれた。

 

そして、いよいよ真打ち登場とばかりに、THE BEATNIKSの登場に会場は割れんばかりの拍手に包まれた。オープニング映像が流れ、高橋幸宏と鈴木慶一がフロントに立つと、会場の興奮はマックスに。
今回は、メンバーに砂原良徳、ゴンドウトモヒコを迎えてのステージ。この会場で初めて披露される久しぶりの新曲「鼻もちならないブルーのスカーフ、グレーの腕章」の冒頭を歌ったところで高橋幸宏はドラムセットに移動。スクリーンには今回のイベントを意識したように漫画のコマ割りの中に、昨今緊張を極める世界情勢に対してのメッセージともとれる歌詞が表示されたり、鈴木慶一のボコーダーによる「反対なのだ」というつぶやきが流れたりと印象的だった。
今回のライブのためにタイトルを変更した「7,000,000,000の天国」では、高橋幸宏が再びフロントに戻って歌われた「暗闇が降りてくる 天国から・・・」という歌詞も何らかのメッセージを込めたものであった。

 

「本当は、バカトニックスで、ここからはバカになって来ますが」と言いつつ、1stアルバム「EXITENTIALISM-~出口主義」より、新たなアレンジの「Now And Then」に客席はステージに吸い込まれるように聴き入った。「ちょっとツラインダ」では一転、優しい曲調に心が躍る。
「次も、明るい、我々はこれが明るいと思っているんだな(笑)」との鈴木慶一のトークから、「No Way Out」を披露。「Ark Diamant」からは再び高橋幸宏がドラムセットに。緊張感あふれる曲調と、激しいドラミングに心拍数が上がる。続いて、こちらも新たな、幻想的なアレンジによる「Dohro Niwa」を「天才バカボン」のキャラクターをデフォルメした映像をバックに映し出しながら演奏した。

 

最後に、「この日のために作った曲を」ということで、ステージには再び矢野顕子が登場。何度も同じステージに立っているもののTHE BEATNIKSと矢野顕子の共演は初のことだ。
そして、その新曲のタイトルは、なんと「シェー・シェー・シェー・DA・DA・DA・Yeah・Yeah・Yeah・Ya・Ya・Ya」。こちらも新たに制作された赤塚不二夫のキャラクターのイラストを映し出しながら、いきなりのステージと客席のコール&レスポンスで大盛り上がりに。「だから、今こそ歌おう、シェー、とDAと、Yeah」との歌詞で会場を赤塚イズム一色に染め上げた。豪華な両アーティストと赤塚不二夫のコラボが実現した。

 

万雷の拍手で迎えられたアンコール。矢野顕子も三度登場し、グランドピアノの前に座る。演奏されたのはYMO「BALLET」。会場は一気に興奮の渦に。またとない最高のコラボレーションに歴史に残る一夜となった。

 

「バカ田大学祭ライブ」はこの後、5月4日に大貫妙子&小松亮太とKIRINJI、5月5日にゴンチチと清水ミチコが出演し、さらなる競演を繰り広げる。

 

 

 

■ライブ情報
赤塚不二夫生誕80年企画
『天才バカボン』&『もーれつア太郎』50周年記念バカ田大学祭ライブ

 

■関連サイト
バカ田大学祭ライブ オフィシャルHP
http://www.diskgarage.com/feature/bakadalive/

PONY CANYON公式ツイッターでは
""の新着記事をお知らせしています!
関連キーワード



MENU

TOP