MENU

News Ticker

“アニメ化大賞”受賞作を映画化!「ガラスの花と壊す世界」2015年劇場公開が決定

keyv1

ポニーキャニオンとA-1 Picturesがオリジナルアニメプロジェクトを始動させ、キャラクター原案・カントク、脚本・志茂文彦、監督・石浜真史の三人タッグによる完全新作アニメーション『ガラスの花と壊す世界』が2015年劇場公開されることが決まった。

 

この作品は、2013年6月から9月にかけて募集された「アニメ化大賞 powered by ポニーキャニオン」にて、多数の応募の中から見事大賞を射止めた新進気鋭の創作ユニット「Physics Point(フィジクスポイント)」によるシナリオおよびイラストレーション作品『D.backup(ディー・ドット・バックアップ) 』を原案として映画化されるものだ。脚本の志茂文彦(「AIR」「CLANNAD」)、キャラクター原案のカントク(「変態王子と笑わない猫。」)という二人のヒットメーカーによって新たに構成された原作を、「進撃の巨人」や「PSYCHO-PASS サイコパス 2」でのオープニング演出でその実力を一躍国内外に知らしめた石浜真史の監督により、受賞作品の選定に関わったポニーキャニオンとA-1 Pictures(「ソードアート・オンライン」「劇場版THE IDOL M@STER MOVIE 輝きの向こう側へ!」)が完全新作劇場アニメーションとして制作、公開する。

 

logo1

原案となった『D.backup』には、アニメ化大賞の審査員各氏から以下のような賞賛のコメントが寄せられた。

 

・「ここから色んなお話が紡ぎ出せそう。拡張性の高い作品はこれからのアニメに必要」

~安藝貴範(株式会社グッドスマイルカンパニー代表取締役社長)
・「王道とも言えるストーリーなのに、設定の面白さが『新しい』」
~石川光久(株式会社プロダクション・アイジー代表取締役社長)
・「ピュアな色が見え隠れする木漏れ日のような映像が目に浮かぶ」
~植田益朗(株式会社A-1 Pictures代表取締役社長)
・「退廃的な設定、心地良い無機質な世界観、若い世代や女性に支持されそうなキャラ、どれも魅力的」
~小坂崇氣(株式会社ニトロプラス代表取締役社長)
・「設定やキャラクター達の関係値が面白い」
~松倉友二(株式会社ジェー・シー・スタッフ執行役員制作本部長)
・「一つのクリティカルな発想から、無限のバリエーションが考えられるアイデア」
~吉田尚記(株式会社ニッポン放送アナウンサー)

 

これらのコメントからも作品への期待の大きさがよくわかる。今年大注目の作品、続報を待とう。

 

■劇場版アニメ『ガラスの花と壊す世界』Official site:http://garakowa.jp/

■Official Twitter:https://twitter.com/garakowa_a

PONY CANYON公式ツイッターでは
""の新着記事をお知らせしています!
関連キーワード



MENU

TOP