MENU

News Ticker

TAEYO、東京の街を駆ける「OMW feat. 藤田織也」のミュージックビデオを公開!

TAEYOが、6月29日配信リリースの「OMW feat. 藤田織也」のミュージックビデオを公開した。

 

「OMW」は、starRoプロデュースによる疾走感のあるトラックに、客演として若手R&BシンガーでユニットBleecker Chromeのメンバーとしても活躍している藤田織也が参加している。今回、Ken Harakiが監督を務めるMVでは、タイトルであるOMW(=On My Wayの略)の意味する通り、TAEYOと藤田織也の二人が都会の街をアグレッシブに駆け抜ける姿が印象的な映像となっている。

 

また、TAEYOは10月8日から10月10日に開催される大阪でのサーキットフェス『FM802 MINAMI WHEEL2022』への出演が決定している。こちらも併せてチェックしよう。

 

【リリース情報】
◆TAEYO「OMW feat. 藤田織也」
配信中

https://lnk.to/TAEYO_OMW

Music Video:

Director: Ken Haraki(https://www.instagram.com/kenharaki)
Director of photography: Gaku
Production manager: Amika Kiuchi , Nobo

 

◆TAEYO メジャー1stアルバム『Pale Blue Dot』
配信:https://lnk.to/PALE_BLUE_DOT
CD:https://physical.lnk.to/TAEYO1stAL

 

トラックリスト
01. ATTACK! feat. Ryugo Ishida (prod. starRo)
02. LET’S GET IT!! (prod. starRo)
03. NEW SEASON (prod. CELSIOR COUPE)
04. NOBODY (prod. CELSIOR COUPE)
05. ANRI (prod. Droittte)
06. HOOD (prod. JiN)
07. RIDE (prod. JiN)
08. ALL FOR YOU (prod. CELSIOR COUPE)
09. TOO MANY STARS feat. ShowyRENZO (prod. PULP K)
10. KEEP IT COMING feat. Masato Hayashi (prod. starRo)
11. CHO FIRE feat. JNKMN (prod. ES-PLANT&R.I.K (SHIMIZU BEATS))
12. REALIZE feat. AJAH (prod. starRo)
13. RUNNIN’ (prod. CELSIOR COUPE)

 

◆公式サイト
https://taeyo.jp
◆各DSPアーティストリンク
https://lnk.to/TAEYO
◆Instagram
https://www.instagram.com/kidtizzle/
◆Twitter
https://twitter.com/kidtizzle_
https://twitter.com/InfoTaeyo
◆YouTube
https://www.youtube.com/channel/UC9cwB90G5R_xcgVBPC_d5Rg

 

◆TAEYO (タイヨウ) PROFILE
Taeyoung Boy(テヤンボーイ)として2015年、SoundCloudにラップ音源をアップしたところ、 予想以上の反響を受けたことから本格的に活動をスタート。 HIPHOPの枠を超えたリリックとラッパーならぬメロディーセンスでネット上でファンを一気に獲得する。 また音楽だけに留まらず、ファッション+カルチャー面で大きな指示を得ており、 モデルやレセプションでの稼働、アパレルブランドとのコラボなど、 ファッション業界からの期待値も高まっている。
2020年5月、TAEYOに名義変更しメジャーデビューすると同年にChaki Zulu、BACHLOGIC、CELSIOR COUPEをプロデューサーに迎えたEP『ORANGE』を発表。 2021年9月にはメジャー1stアルバムとなる『Pale Blue Dot』をリリースした。

 

◆藤田織也 PROFILE

儚さと強さ、セクシーさと優しさが共存する天性の歌声を持つ20歳のシンガー。
幼少期からブラックミュージックに触れ合う環境で育ち、JUJUと武道館ライブで共演、その後の様々なメディアへの露出、12歳からの3年半に渡る渡米、そして渡米中のアポロシアターアマチュアナイトでのWeekly No.1獲得など、数々の輝かしいキャリアを持つ。
帰国後にグループ“Bleecker Chrome”を結成し、2019年にリリースした1st EP「Born Again」はHIPHOP/R&Bシーンで高い評価を得て、東京と大阪でワンマンライブも開催。
2020年からソロ活動を本格始動し、2021年1月に1st single「ALL MINE」、9月に2nd single「MIRROR」をリリース!!
またTOYOTAとのタイアップsingle「SIGN」のリリースや、D.LEAGUE avex ROYALBRATS「So Free」のリリースなどでも話題に。
ソロやグループとして、AK-69「Next to you」、PETZ「Never Stop(prod.VLOT&ChakiZulu)」「Endless Rage」、tokyovitamin「FAME」などにも客演参加。
2022年にはグループとして 1st Album「SEVEN THIRTY ONE」をリリース。
Spotify Early Noiseにも選出されるなど、シーン最注目の存在である。

PONY CANYON公式ツイッターでは
""や""の新着記事をお知らせしています!
関連キーワード



MENU

TOP