MENU

News Ticker

AIアーティスト岸裕真の初の作品集「Imaginary Bones」発売!作品集に参加したアーティストからコメント到着!

NFTアートの流行により、一層注目を集めているAIアート。いま、日本のみならず海外からも注目を集めている若手AIアーティスト岸裕真の初の作品集「Imaginary Bones」が発売になり、作品集内にコメントや詩などで参加したアーティストや著名人達からコメントが到着した。

 

人には骨に血肉があり、それが人たらしめているのだろうか。ならば骨はなぜ骨なのか。椅子はなぜ椅子なのか。

岸さんの作品を見るたび、「私が人であるという確証は何処にあるのか」と考える無限の時間が与えられたような感じがするのです。

                           イシヅカユウ(ファッションモデル)

 

次世代のアートを作り出す彼の作品をぜひ見てください

                              imma (バーチャルヒューマン)

 

このタイミングで

媚びりついた勝手な物事の解釈は

一旦壊れ始めていることを知るのさ

同時に真新しい夢の中に足を突っ込むことになるだろう

                                  OSRIN(PERIMETRON)­­

 

岸くんの作品を見ていると、自分の中の「当たり前」の揺らぎに驚くのと同時に、AIが持つ、新しい世界への限りない好奇心のようなものを感じます。

AIの心を感じるのです。それはとても不思議な話です。

                                  塩塚モエカ(羊文学)

 

Yuma KishiはAIと生殖活動をしている!

彼の作品群は、二人の子供たちに違いない!

つまりこの作品集は新しい生物の図鑑だ!!

                                   長久允(映画監督)

 

取って代わられるとか敵になるとか、AIの側にその気があるのかわからないけれど、怖い話も聞くことがあります。

けれど少なくとも岸裕真さんの作品は、(少し特別な)隣人としてのAIとの共同作業によるものと思えます。

私は勝手に希望のようなものを感じてもいます。

各々の能力の貸し借りによって生まれる作品はより自由で、思いもよらない場所へ飛躍します。

かと思えば、AIの発想したものに懐かしさや共感を覚えることもあり、関心は尽きません。

その感覚は少し恐ろしくもあります。

岸さんの作品によって私は、これまで無意識的に捉えてきた物事についての再考をはじめます。

                        諭吉佳作/men(シンガーソングライター)

 

※アイウエオ順で掲載

 

岸は自身をAIの「触媒」として位置づけし、知性を持ったAIによる創作活動を自身の体を通して具現化している。「GAN」と呼ばれるAIが、読み込んだ絵画や画像を自由に解釈し形を変容させていき、最近では立体作品の構築にも取り組んでいる。

昨年√K Contemporary(ルートKコンテンポラリー/東京・新宿)で開催された個展「Imaginary Bones 」と同様のタイトルが冠せられた本作品集は、AIの視点から「骨」を再解釈し、わたしたちの世界とは違う形状、ルールによって構成された世界を提示することをコンセプトとした最新作を中心に、岸の初個展「Neighbor‘s room」にて展示された作品や、過去の未発表作品も収録。

岸とAIによる作品の、過去と現在、そして未来までもがこの作品集の中で錯綜し、観る人を新たな旅路へといざなう。

 

本作品集は書籍のみの通常版とNFTアート付きの限定版の2種類で販売。ポニーキャニオンショッピングクラブ限定での販売となっており、海外からの注文も可能である。

 

岸裕真初の作品集「Imaginary Bones 」は絶賛発売中。

 

【作品集情報】

◆タイトル:Yuma Kishi / Imaginary Bones

◆発売日:2022年3月28日

◆サイズ:286×225

◆価格

「NFTアート付き(Limited Edition)」:¥18,000(税抜)

「通常版」:¥3,800(税抜)

◆発売元:ポニーキャニオン

◆作品集販売特設サイト:https://imaginarybones.com

 

◆Artist|岸裕真 (Yuma Kishi)

AIを人を模倣するものではなく, 異次元のエイリアンの知性として捉え、 その知性を自らの身体にインストール・依代として貸し出すことで、デジタルな知性とアナログな身体を並列関係に配置した制作を行う。

制作の中にはしばしば過去の美術史のモチーフが借用され、それが歪な形でテクノロジーと接合されることで、 作品空間に介入した鑑賞者は今ここに存在する自己や世界に対する意識が一瞬脱臼するような感覚を想起する。

近年、「VOGUE」や「NIKE×UNDERCOVER」などのファッション、GLIMSPANKY、Tempalay、Teebsなどの音楽アーティストとのコラボ、バーチャルヒューマンimmaによるグループ展「imma天」への参加など、幅広い分野で活躍。

NFTアートの出品等も精力的に行っており、日本のAIアートを牽引する存在として、海外からも注目を集めており、海外でのグループ展へも参加している。

 

2019 年東京大学大学院工学系研究科修了

2021 年より東京藝術大学先端芸術表現科修士課程在籍

2019 Eureka展, Gallery Water (六本木)


2020 富士山展3.0 -冨嶽二〇二〇景-, T-ART HALL (天王洲)


2020 荒れ地のアレロパシー, MITSUKOSHI CONTEMPORARY GALLERY (日本橋)

2021 絵画の見かた reprise, √K Contemporary (神楽坂)

2021 Neighbors’ Room, BLOCK HOUSE (原宿)

2021 Imaginary Bones, √K Contemporary (神楽坂)

 

Artist HP| https://obake2ai.com/top

IG|https://www.instagram.com/obake_ai

TW|https://twitter.com/obake_ai

PONY CANYON公式ツイッターでは
""や""の新着記事をお知らせしています!
関連キーワード



MENU

TOP