MENU

News Ticker

元気をくれる音楽青春ムービー『ビルド・ア・ガール』Blu‐ray発売&配信決定!主演のビーニー・フェルドスタインよりコメントも到着!

(C)Monumental Pictures, Tango Productions, LLC, Channel Four Television Corporation, 2019

映画『ブリジット・ジョーンズの日記』の製作陣による、元気をくれる音楽青春ムービー『ビルド・ア・ガール』が、2022年3月16日にBlu-rayで発売されることが決定した。先行して2月22日よりNetflixをはじめとする動画配信サービスにて順次配信開始される。

 

1990年代のイギリス郊外に家族7人で暮らす冴えない高校生ジョアンナ。理想とかけ離れた現実に悶々とした日々を送る彼女は、底なしの想像力と文才を活かして大手音楽情報誌「D&ME」のライターに応募し、単身でロンドンに乗り込み仕事を手に入れる。だが取材で出会ったロック・スターのジョンに夢中になり、冷静さを失い大失敗。その後、編集部のアドバイスにより、毒舌記事を書きまくる辛口批評家“ドリー・ワイルド”へと変身した彼女の人気が爆発するが、徐々に自分を見失ってゆく―。転んでも何度も立ち上がり、“自分作り”に突き進んでゆくジョアンナを応援せずにはいられない、パワフルでチャーミングな青春映画だ。

 

そんな主人公ジョアンナを体当たりで演じたのは、『レディ・バード』や『ブックスマート卒業前夜のパーティーデビュー』で注目を浴びたビーニー・フェルドスタイン。本作でも不器用ながらも瑞々しくチャーミングなキャラクターを、活き活きとした演技で魅せる。「ゲーム・オブ・スローンズ」のシオン・グレイジョイ役で知られ、『ジョン・ウィック』『ジョジョ・ラビット』など多くの映画にも出演する英国俳優アルフィー・アレンや、『ハワーズ・エンド』でアカデミー主演女優賞を受賞した他『ハリー・ポッターとアズカバンの囚人』『クルエラ』など数多くの出演作と受賞歴を持つ名女優エマ・トンプソンも出演する。

 

作家・コラムニストとして活躍するキャトリン・モランの自伝的小説を自身が脚本化した本作は、オアシス、ブラー、プライマル・スクリームなど人気バンドが旋風を巻き起こした1990年代初頭のUKロックシーンが舞台になっており、当時の音楽ジャーナリズムの裏側が垣間見ることができるのも大きな魅力の一つだ。この度発売されるBlu-rayには、キャストインタビューや撮影の裏側を追ったボリュームたっぷりのフィーチャレット映像や、主人公ジョアンナの部屋にある「GOD WALL」(神の壁)のフォトフレームの中で“動く”偉人たちの撮影の様子など、約24分にわたる特典映像が収録される。2月22日からはNetflixでの配信が決定しており、その他のサービスでの開始日続報は配信&ブルーレイ情報サイトや公式SNSで更新予定だ。

 

主演のビーニー・フェルドスタインから届いたメッセージをご覧いただきつつ、おうち時間に元気がもらえる本作をBlu-rayや配信でお楽しみいただきたい。

 

『ビルド・ア・ガール』

2022年2月22日(火) Netflix配信開始、その他のサービスでも順次配信開始

2022年3月16日(水) Blu-ray発売

 

・配信&ブルーレイ情報サイト https://movie-product.ponycanyon.co.jp/item129/

・配信サービスまとめ https://movie.lnk.to/buildagirl

・作品公式サイト https://buildagirl.jp/ 

・予告動画 

<商品情報>

◆Blu-ray

PCXG.50791 ¥5,280(税込)

 

分数 : 本編105分+特典映像 約24分予定

音声 : オリジナル(英語)Dolby TrueHD 5.1chサラウンド

字幕 : 日本語字幕

画面サイズ : 1080p High Definition(シネマスコープ)」

特典映像(題名は仮となります): 

・フィーチャレット「Building The Girl」「The God Wall」

・日本版予告(90秒、30秒)

※仕様、特典内容などは予告なく変更となる場合がございます。予めご了承下さい。

 

<作品情報>

【ストーリー】

1993年、イギリス郊外に家族7人で暮らすジョアンナは、底なしの想像力と文才に長けた16歳の高校生。だが学校では冴えない子扱い。そんな悶々とした日々を変えたい彼女は、大手音楽情報誌のライターに応募。単身で大都会ロンドンへ乗り込み、仕事を手に入れることに成功する。だが取材で出会ったロック・スターのジョンに夢中になってしまい、冷静な記事を書けずに大失敗。編集部のアドバイスにより“嫌われ者”の辛口批評家として再び音楽業界に返り咲くジョアンナ。過激な毒舌記事を書きまくる“ドリー・ワイルド”へと変身した彼女の人気が爆発するが、徐々に自分の心を見失っていき……。

 

【キャスト】

ジョアンナ・モリガン:ビーニー・フェルドスタイン『レディ・バード』『ブックスマート卒業前夜のパーティーデビュー』

パット・モリガン:パディ・コンシダイン『スターリンの葬送狂騒曲』

アンジー・モリガン:サラ・ソルマーニ『グリード ファストファッション帝国の真実』

ジョン・カイト:アルフィー・アレン『ジョン・ウィック』『ジョジョ・ラビット』

クリッシー・モリガン:ローリー・キナストン『イングランド・イズ・マイン モリッシー,はじまりの物語』

トニー・リッチ:フランク・ディレイン『ハリー・ポッターと謎のプリンス』

アマンダ・ワトソン:エマ・トンプソン『ハリー・ポッターとアズカバンの囚人』『クルエラ』

 

【スタッフ】

監督:コーキー・ギェドロイツ

脚本:キャトリン・モラン

製作:アリソン・オーウェン、デブラ・ヘイワード(モニュメンタル・ピクチャーズ)

PONY CANYON公式ツイッターでは
""や""の新着記事をお知らせしています!
関連キーワード



MENU

TOP