MENU

News Ticker

『日本地域情報コンテンツ大賞2020』で「こしがやエモいマップ」が“自治体PR部門”優秀賞(27媒体中)を受賞!

『日本地域情報コンテンツ大賞2020』にエントリーしている、埼玉県越谷市を紹介する「越谷市民がつくった、新しい地図 こしがやエモいマップ」が自治体PR部門で優秀賞を受賞した。

 

『日本地域情報コンテンツ大賞2020』とは、全国各地のタウン誌やフリーペーパーおよびWeb・動画に参加を募り、参加媒体を誌面のクオリティや読者の支持など、多彩な視点から審査。評価の高い媒体を選定して表彰するもの。

 

本アワードは、これまで『日本タウン誌・フリーペーパー大賞』として毎年開催されており、2020年からWebや動画の部門が新設され、名称を改めて『日本地域情報コンテンツ大賞』となった。アワードの詳細については公式サイト(http://award.nicoanet.jp/)をチェックしてほしい。

 

「こしがやエモいマップ」とは、“誰だって、心に自分だけの地図を持っている。”をテーマに、市民の皆さんがそれぞれの心に残る市内の場所とそこにまつわる物語を集め、編集した、新たな越谷市の地図。“エモい”とは英語の“emotional”に由来し、感情に強く訴えかける心の動きを表す新しい言葉。「こしがやエモいマップ」では、新しいまちの見え方を提案している。

 

 

また、制作するにあたって、子育てサロンの参加者、大学生、地域のコミュニティづくりの担い手などを対象に、全9回にわたるワークショップを開催するとともに、駅やショッピングモールなどでアンケート調査を実施。さらに、「こしがやの未来を創る魅力宣伝大使」である、益若つばさ、星奈津美などに取材を行っている。

 

 

「こしがやエモいマップ」は、越谷市ホームページからも閲覧することが可能なので、まだ読んだことがないという方は、是非この機会にご覧いただきたい。

 

■越谷市ホームページhttps://www.city.koshigaya.saitama.jp/citypromotion/toshiimage/k_emoimap/emoimap.html

PONY CANYON公式ツイッターでは
""や""や""や""の新着記事をお知らせしています!
関連キーワード



MENU

TOP