MENU

News Ticker

GLAYギタリストTAKUROがJAZZ JAPAN AWARD 2019で受賞及び受賞記念演奏を披露!

Photo by Shiho Yabe/Jazz Japan

4年前より、ギタリストとしての自身の成長を目指しスタートさせたGLAYのギタリストTAKUROのソロプロジェクト「Journey without a map」。 そんな彼が2019年にリリースした2ndソロインストアルバム「Journey without a map Ⅱ」が、この度「JAZZ JAPAN AWARD 2019」アルバム・オブ・ザ・イヤー ニュー・ジャズ部門を受賞した。そして2月15日神奈川県・横浜にて行われた授賞式に出席し、受賞記念演奏を行った。

 

授賞式では自身をジャズの世界に、そしてソロインストの世界に導いてくれたドラマーのToshi Nagai、そしてB’zのTak Matsumotoに心から感謝の言葉を述べた。

 

Photo by Shiho Yabe/Jazz Japan

Toshi Nagaiはデビュー当時から今もなお、GLAYのサポートドラマーを務めている。彼の誘いからジャズバーなどで演奏することが増え、この経験がギタリストとしての未来像に大きく影響を与えたとTAKUROは語る。
そして盟友であり、ソロプロジェクトのプロデューサーも務める、日本を代表するギタリストTak Matsumoto。TAKUROが常にギタリストとしての姿勢を勉強させられ、師とも仰いでいる彼から、ソロへの誘いをもらった事により、この「Journey without a map」は始まった。

 

2人の恩師に感謝を述べ、受賞記念演奏がスタート。TAKUROの背には先ほど感謝を述べ、常にGLAY・ソロライブで共にしているToshi Nagaiがいる。静かなジャムから始まり、一曲目は『TM St.2am』でスタートした。心地よいミドルテンポで会場をくすぐりながら、2曲目には力強いトランペットが印象的な『SOUL FRIENDLY』。骨太なギターとトランペットが軸を作り、会場全体を音が突き抜けていった。
最後のナンバーの前にTAKUROから、「先ほど授賞式にも出演。ニュースターとなった米澤美玖!」と声をかけ、彼女のサックスを交えながら『Swingin’ Tokyo 2020』を披露した。アップテンポで華やかなナンバーがTAKUROの受賞、そして日本に世界中から人が来るであろう2020年に、デビュー25周年の活動として10年ぶりのベストアルバムリリースや15年ぶりとなるドームツアーを行うなど、精力的に活動するGLAYへのファンファーレのようであった。
GLAYの数々の名曲を生んだメインコンポーザーであり、ギタリストのTAKURO。 この受賞を経て次はどんな名曲をGLAYで聞かせてくれるのか今から楽しみである。

 

Photo by Shiho Yabe/Jazz Japan

なおGLAYで双璧をなすギターのHISASHI、そしてVo.TERUが2月25日、ムラーノ島にあるヴェネツィアンガラスアーティストの土田康彦氏の工房より無観客ライブを行う事を発表した。ライブの模様はオフィシャルYouTubeチャンネルで配信されるので、是非こちらも注目頂きたい。

 

<配信詳細>
日時:現地時間2月25日(火)14:00ごろ
※日本時間2月25日(火)22:00ごろ

 

●GLAY Official YouTubeチャンネル:https://www.youtube.com/GLAY

PONY CANYON公式ツイッターでは
""や""や""や""の新着記事をお知らせしています!
関連キーワード



MENU

TOP