MENU

News Ticker

TAKURO、ソロアルバム発売記念イベントを大阪でも開催!


カメラマンクレジット:森 好弘

先週2月27日に自身2枚目となるソロインストアルバムをリリースしたGLAYのTAKURO。そんな彼が3月5日、ブルックリンパーラー大阪にてトーク&アナログ試聴会を実施した。

 

東京に続く2回目となるこのイベント、今回の司会はTAKUROとも親交の深いFM802で「TACTY IN THE MORNING」のDJを務める大抜卓人。1stソロアルバムをリリースした時も司会を務めており、イベントは穏やかなムードで進んでいった。

 

大抜が冒頭で「夢の詰まったセカンドアルバム、完成おめでとうございます!」と激励をかけ、そこからトークはアルバム収録曲の話題に。アルバムプロデューサーでもあるB’zのTak Matsumotoからの提供曲「北夜色 Port Town Blues」について大抜が問いかけると、TAKUROは「他の曲は自分の背景があるんですが、この曲はギタリストとして松本さんに向き合った曲。凄いプレッシャーでしたが、この曲のおかげでギタリストとしてこの先どうしていきたいか、道が見えました」と心境を語り、そしてこのアルバムが出来た時に松本から「前作を超えたね」と一言かけられた時、泣きそうになったとのエピソードも語ってくれた。

 


カメラマンクレジット:森 好弘

 

イベント終盤では「GLAYのメンバーは皆、自分のテリトリーに関しては絶対手を抜かない。だからこそ自分ももっと成長しないといけないと常に思っているんです」とGLAYの一ギタリストとしての想いを打ち明けてくれた。このソロプロジェクトはTAKUROがGLAYの為に、自分を成長させる為に始めた事だが、それはデビュー25周年である今年、どのようなパフォーマンスと音色を魅せてくれるのか、ギタリストとして、そしてGLAYのリーダーとして、これからTAKUROが歩む姿が今から楽しみである!

 


カメラマンクレジット:森 好弘

 


そして最後は「自分の憧れていた場所、ここでライブができる事が本当に嬉しく思います!また各地のミュージシャンを迎えたセッションをこのツアーでは行います。その土地でしか聴くことのできないジャーニーをお届けします!」と自身初となるビルボードライブ大阪について意気込みを語り、本日のイベントは幕を下ろした。

 

一人のギタリストとして、そしてGLAYの創設者として、TAKUROはこの先も歩み続けるのであろう。

 


■リリース情報

Journey without a map Ⅱ 発売中

・CD+DVD盤

PCCN-00033  ¥3,000+税

 

・CD only盤

PCCN-00034  ¥2,500+税

 

Journey without a map Ⅱ特設サイト:http://glay.co.jp/takuro_jwam2/

 

■ツアー情報

GLAY TAKURO Solo Project 3rd Tour “Journey without a map 2019”

2019年3月14日(木)  福岡 Zepp Fukuoka

2019年3月16日(土)   広島 BLUE LIVE HIROSHIMA

2019年3月18日(月)  大阪 Zepp Namba

2019年3月20日(水)   愛知 Zepp Nagoya

2019年3月22日(金)   新潟 新潟LOTS

2019年3月26日(火)  東京 Zepp Tokyo

2019年3月29日(金)   宮城 SENDAI GIGS

2019年3月31日(日)  北海道(函館) 金森ホール  ※1日2回公演


【追加公演】

2019年4月3日(水) ビルボードライブ東京 ※1日2回公演東京:http://www.billboard-live.com/pg/shop/show/index.php?mode=detail1&event=11418&shop=1

2019年4月6日(土) ビルボードライブ大阪 ※1日2回公演大阪:http://www.billboard-live.com/pg/shop/show/index.php?mode=detail1&event=11419&shop=2

PONY CANYON公式ツイッターでは
""や""の新着記事をお知らせしています!
関連キーワード



MENU

TOP