MENU

News Ticker

下野紘、SPステージ「ONE CHANCE」パシフィコ横浜 オフィシャルレポート

067a1154
<ライブオフィシャルレポート>


 

10月9日、”声優アーティスト” 下野紘のスペシャルプログラム “PONYCANYON創立50周年・下野紘スペシャルステージ「ONE CHANCE」” が、横浜パシフィコ国立大ホールにて開催された。
今年3月にメジャーデビューを果たし、2枚のシングル「リアル-REAL-」「ONE CHANCE」をリリースしたばかりの彼が、早くもホール規模でのイベントを実施。昼と夜の二部公演に、8000人以上もの観客が集まった。

 

この日披露されたのは、いわゆる “声優イベントとも違う、”音楽ライブ” とも違う、”下野流” なエンターテインメントステージだった。歌、芝居、トーク、コントなど、今の彼ができることすべてが詰め込まれたプログラムは、まさに出し惜しみナシ。いかなるときも全力がモットーの下野紘らしい、欲張りな内容となっていた。結局、この日はその多岐にわたる企画の数々を、「昼公演」と「夜公演」それぞれにまったく違う演目として実施。表現者としての可能性に貪欲に挑む姿に、客席は多くの笑いと感動に包まれた。

 

本稿では少しだけ、各公演でどの様なことが行われたのかを、企画ごとに紹介していこう。

 

ドラマチックなオープニングムービーとMC伊達忠智との軽快なトークから幕を開けた「昼公演」は、下野紘が様々な世界記録に挑む「ギネスにONE CHANCE!!」からスタート。リンボーダンスを踊ったり、トイレットペーパーを積み上げたり、梅干しの種を遠くに飛ばしたり等、計10個の難問に挑むたびに客席から大きな歓声が上がる。特に「1分間でバナナを何本食べられるか」では5本半の記録をマークし、世界記録である8本に接近。また「5色の傘30本を色ごとに仕分ける(※仕分けは1本ずつ、片手で色ごとの傘立てに移動させる)」でも、世界記録まであと10秒に迫る好タイムを記録し、これには下野も「また挑戦したら狙えるかも!」と興奮だった。

 

067a0079

続いて披露されたのは、「ONE CHANCE!! スペシャルショートコント」。1本目の「ヒーロー下野紘のリアル」にはゲストの3人(飯田友子、岩澤俊樹、高城元気)も加わり、黄金マントに赤鉢巻をまとったヒーロー下野が、街の不良に絡まれた少女を救うというストーリーを展開した。タイトルにひっかけた自虐的な “アラフォー” ネタが飛び出すたびに客席は大爆笑。一方で早口言葉や即興ソングといった決めるべきシーンでは神業を披露し、本番にめっぽう強い下野の真価を見せつける。そして2本目「吸血鬼・ヒロキュラ」では、ファンに人気の “紘子” ネタや “からあげ” ネタを交えながら、女装したMC伊達子と丁々発止。「みんなに楽しんでもらうために全力を尽くしました。不安もあったけど、喜んでいただけたようで良かったです!」とあとから本人が語ったとおり、実にサービス精神溢れるパフォーマンスは、全観客を幸せいっぱいな笑顔にさせていた。

 

さて、このようにバラエティに染まった「昼公演」に対し、「夜公演」は下野紘の “アーティスト性” にフォーカスした内容となった。オープニングトーク後、まず始まったのは「下野紘✕PONY CANYONヒットソングカバーLIVE」コーナーだ。「(他人の曲を)ステージ上で歌うことは初めて」と語ったとおり、THE ALFEEの名曲「星空のディスタンス」を歌い上げる下野の顔には緊張が浮かんでいた。それでも「高校時代にカラオケでよく歌っていた」という「今宵の月のように」(エレファントカシマシ)、そして「これも歌い慣れた曲」という「Another Orion」(藤井フミヤ)に入ると、堂々とした伸びやかな歌唱を聴かせる。この3曲で場を掴んだ下野は、続けて自身が出演したアニメのオープニングテーマ「紅蓮の弓矢」(進撃の巨人/Linked Horizon)、「疾走れ!ミライ」(ダイヤのA/GLAY)を熱唱し、客席を興奮の坩堝へと叩き込んだ。「まさかアニメの曲を自分で歌うとは。主人公でもないのに(笑)」と本人は笑ったが、実際にアニメの映像がモニターに映し出されたこともあり、観客はこの演出に大満足。「やっぱりみんなアニメが好きなんだよね。アニメの力を改めて感じました」という彼の感想は、 “声優アーティスト” という自分の立場への期待にも繋がっていたはずだ。

 

≫次のページ:「夜公演」では、”声優”下野紘と”アーティスト”下野紘が融合

PONY CANYON公式ツイッターでは
""の新着記事をお知らせしています!
関連キーワード



MENU

TOP