『ハズレ枠の【状態異常スキル】で最強になった俺がすべてを蹂躙するまで』アニメ化決定!2024年、TBSほかにて放送!キービジュアル第1弾&ティザーPVを公開!

2024/1/22

©篠崎芳・オーバーラップ/ハズレ枠の状態異常スキル製作委員会 ©篠崎 芳/オーバーラップ イラスト:KWKM

刊行数累計200万部を超える大人気ノベル『ハズレ枠の【状態異常スキル】で最強になった俺がすべてを蹂躙するまで』のアニメ化が決定。2024年にTBSほかにて放送される。加えて、キービジュアル第1弾とティザーPVが同時公開された。

 


『ハズレ枠の【状態異常スキル】で最強になった俺がすべてを蹂躙するまで』は、オーバーラップ文庫によって2018年より刊行されている、原作・篠崎芳、イラスト・KWKMによるライトノベル。クラスメイトとともに異世界に召喚され、一人だけ女神に廃棄された主人公・三森灯河(みもりとうか)が、「状態異常スキル」のみを駆使して復讐を目的に生き抜くリアルでダークな心情の表現と、一方で自身を信じる仲間との絆という二面性のあるストーリーが人気を呼んでいる。ノベルは現在11巻まで刊行されており、最新となる11.5巻は1月25日に発売を控え、刊行数累計は200万部を突破。また、コミックガルドにてコミカライズもされており、こちらも1月25日に最新9巻が発売される予定で、幅広いファンを獲得している。

このたび公開されたキービジュアル第1弾では、暗闇の中で天を仰いで絶望に打ちひしがれた表情を見せる灯河と、灯河に這い寄る魔物たちの腕が描かれており、異質感を放っている。

 

ティザーPVでは、異世界に召喚されて困惑するクラスメイトたちや、灯河が復讐の念を抱く女神・ヴィシスの蔑む表情、さらには灯河、ヴィシスのキャラクターボイスも公開された。キャスト情報はこれから発表されるとのことで、楽しみに待ちたい。


アニメーション制作はSeven Arcs、制作協力にSynergySPが参加し、監督は福田道生、シリーズ構成は中西やすひろ、キャラクターデザインは橋立佳奈が手掛ける。


本作品のアニメ化を記念し原作者の篠崎芳、イラストを担当するKWKMからコメントと記念イラストも到着した。待望の「ハズレ枠」アニメ化、続報をお楽しみに。

 

【篠崎芳 コメント】
このアニメ化は多くの方々の応援やお力添えなしには実現しないものでした。改めまして、この作品に携わってくださった(くださっている)皆さまに心よりの感謝を申し上げます。ありがとうございました(ありがとうございます)。叶うならこのアニメをたくさんの方々に観ていただけて、そして、この作品の”何か”を好きになっていただけたら嬉しく思います。原作者としても、あのキャラクターやあのシーンがアニメという媒体でどうなるのか、今からとても楽しみにしております。

 

TVアニメ『ハズレ枠の【状態異常スキル】で最強になった俺がすべてを蹂躙するまで』
2024年TBSほかにて放送決定

公式HP:https:// hazurewaku-anime.com
公式X:@hazurewaku_info

 

■スタッフ
原作:篠崎芳(オーバーラップ文庫刊)
キャラクター原案:KWKM
監督:福田道生 
シリーズ構成:中西やすひろ 
キャラクターデザイン・総作画監督:橋立佳奈 
LO監修:益田賢治
クリーチャーデザイン:森木靖泰 宇佐美晧一
プロップデザイン:岩畑剛一、鈴木典孝
世界観設定:枝松聖
色彩設計:福良宗大
撮影監督:中村慎太郎
美術設定:平澤晃弘
美術監督:中尾陽子
3DCG監督:佐々木康太郎
音響監督:阿部信行
音響制作:ダックスプロダクション 
音楽:斎木達彦
音楽制作:日音
アニメーション制作:Seven Arcs 
アニメーション制作協力:SynergySP

 

■ストーリー
学校では空気な高校生、三森灯河はクラスメイトとともに勇者として異世界に召喚された。
女神ヴィシスによってクラスメイトたちが次々にS級、A級と能力を見出される中、灯河は最低ランクであるE級と宣言され『廃棄』対象となってしまう。
生存率ゼロの遺跡に廃棄された灯河はハズレ枠と貶された【状態異常スキル】を駆使して遺跡脱出を試みる。
その日から、女神ヴィシスへの復讐の炎を宿した青年は人畜無害な人間をやめ、心の奥底に隠していた本性を明かしていく……
「はじめようか、生存競争を」

 

©篠崎芳・オーバーラップ/ハズレ枠の状態異常スキル製作委員会
©篠崎 芳/オーバーラップ イラスト:KWKM

PONY CANYON公式ツイッターでは
"KWKM"や"ハズレ枠"や"ハズレ枠の【状態異常スキル】で最強になった俺がすべてを蹂躙するまで"や"篠崎芳" の新着記事をお知らせしています!

フォローする