MENU

News Ticker

4オクターブを自在に操る16歳の歌姫Hinano、初のデジタルシングルを8月3日にリリース!「難しそうで鳥肌が立ちました」

2022年2月にメジャーデビューした16歳の歌姫Hinanoが、初のデジタルシングル「Something To Lose」を8月3日にリリースすることを発表した。

 

Hinanoは、世界規模のオーディションでグランプリを獲得し、2020年2月に劇場版『DEEMO サクラノオト〜あなたの奏でた音が、今も響く〜』の主題歌でメジャーデビューした。16歳ながら4オクターブを自在に操る歌唱力は、デビュー曲のサウンドプロデュースを担当した梶浦由記氏からもその歌唱力と将来性に対して賛辞が送られた。

 

さらに、新しいアーティスト写真も同時に公開された。現役女子高生の16歳とは思えない大人びたビジュアルにも注目だ。弱冠16歳にしてソロシンガーとしての歩みを始めたHinanoの実力を是非チェックしてほしい。

 

【Hinanoコメント】
「Something To Lose」を初めて聴いた時は、今までに私が挑戦した曲の中でも特に難しそうで鳥肌が立ちました。
でも、歌詞を読みこんでみると、今の自分と重なる心境が多く自然と体に入っていきました。

 

注目ポイントは『荷物を抱えたまま悲しみは続くけど目を背けないで』という部分です。
”大変で癒えない傷もある、でも下を向かないで歩いて行って”というメッセージを込めながら歌いました!

 

今この世の中だからこそ聴いて頂きたい、届けたい曲です。

 

■Hinano 1st Digital Single『Something To Lose』
2022年8月3日(水)発売
発売元:ポニーキャニオン

 

▪HinanoオフィシャルHP:https://hi-na-no.com/
▪Hinano Official Twitter:https://twitter.com/HinanoTakashima
▪Hinano Official YouTubeチャンネル:https://www.youtube.com/channel/UCyL0G_EJA41ndnnUroLwEWw

 

■Hinano Profile
東京都・2006年3月8日生まれ(16歳)
2022年2月25日公開の劇場版「DEEMO サクラノオト~あなたの奏でた音が、今も響く~」の歌姫オーディションにより世界中の1400 名の応募の中から選ばれた主題歌を歌唱する歌姫の高島一菜(当時14 歳)がアーティスト名を「Hinano」として全世界デビュー。オーディションの模様はBS日テレにて放送され、2020年7月に、ロスで行われた北米最大のアニメコンベンションAnime Expo のオンライン開催版「Anime Expo Lite」にて発表となった。主題歌の「nocturne」は、「鬼滅の刃」や「ソードアート・オンライン」シリーズの劇伴などを手がけ、このオーディションの審査員として参加した世界的アーティスト・梶浦由記が担当した。

PONY CANYON公式ツイッターでは
""や""の新着記事をお知らせしています!
関連キーワード



MENU

TOP