MENU

News Ticker

『怪盗クイーンはサーカスがお好き』大ヒット記念舞台挨拶イベントレポートが到着!さらに入場者特典第3弾の再配布が決定!

2022年6月17日から全国公開となった劇場アニメ『怪盗クイーンはサーカスがお好き』の大ヒット記念舞台挨拶が、7月16日、横浜ブルク13および新宿バルト9にて各2回ずつ開催された。新宿バルト9での1回目の様子のイベントレポートが到着。写真とあわせて紹介しよう。

 

「都会のトム&ソーヤ」シリーズ、「名探偵夢水清志郎事件ノート」シリーズなどで知られる児童文学の名手・はやみねかおるによる「怪盗クイーン」シリーズは、2002年に発表された『怪盗クイーンはサーカスがお好き』以降、作品は15巻を数え、累計発行部数120万部を突破している超人気シリーズ。20年の月日を経て、劇場アニメとして全国公開となった本作も、公開から早1カ月。変わらぬ反響を受けての大ヒット記念舞台挨拶では、主題歌「逆転のレジーナ」が流れる中、クイーン役の大和悠河、ジョーカー役の加藤和樹、そしてホワイトフェイス役の森川智之が、それぞれ赤いバラを片手に姿を現すと、会場は大きな拍手に包まれた。

 

「朝起きたら髪の色が……」とおどける大和は、クイーンのようなパールホワイトのヘアスタイルに、クイーンが女性に扮装したイメージという、脚を大胆にみせる真っ赤なドレス姿で登場。

 

続いて、MC松澤千晶による「クイーンの友人・ジョーカー役の…」という紹介に「友人ではなくあくまで仕事上のパートナー」とおなじみのセリフを口にする加藤が登場した。

 

続いて、森川は「ようこそ、わがセブンリングスサーカスへ!」と劇中さながらの迫力で挨拶し、会場をわかせる。

 

公開から1カ月を経ても変わらぬ熱気に、喜びの表情をみせる大和と加藤。SNSなどでの高評価についてもあらためて感謝の気持ちを述べる。そして、今回初参加の森川は、ファンの応援と二人の演技のすばらしさに言及し、「今後もずっと見ていたくなった」と称賛の声を上げた。

 

試写でホワイトフェイスの演技を見た時に、感動して涙が出たという大和は、今回の舞台挨拶にて森川との念願の初対面が叶い、一緒に写真を撮ったことを告白。ピエロメイクのホワイトフェイスだけに、「声だけで感情のすべてがわかるのはさすが」とこちらも惜しみない賛辞を贈った。

 

ホワイトフェイスの話題では、ワインを並々と注ぐシーンについて森川が、プロデューサーからの受売りですが……と前置きをしつつ、ワインはほどよく注ぐのがマナーだが、並々と注ぐことで、クイーンとホワイトフェイスの間に、マナーを気にしない友情のような関係性が芽生えたことを意味しているとの解説を加える。

 

そして、あらためてクイーンとホワイトフェイスの関係性について話す中で、「クイーンはやはり頭がいい」と語る大和に、「でもことわざは知らない」と加藤が突っ込むと、話題はクイーンとジョーカーの関係性へ。一般的なコンビはボケとツッコミだが、「クイーンとジョーカーはボケとボケ。RDがいないと生活していけない」と冷静に分析する加藤は、「ジョーカーが一番ピュア」だという大和に対し、「猫に邪眼を使うのはどうかと思う」と苦笑いを浮かべた。

 

また、「皆さんが一日だけトルバドゥールでRDと一緒に過ごせるとしたら何がしたいか?」というファンからの質問に対して、加藤は「一緒に料理を作りたい」、森川は「言葉遊び」、大和は「子供の頃に食べたギョウザの味を再現してほしい」とそれぞれ、劇中のRDというだけでなく、キャストの内田雄馬をも踏まえて回答。実際に料理上手な内田について「彼はリアルRDなので」と加藤が添えると、会場は同意ムードに。

 

舞台挨拶の最後には登壇者から感謝のメッセージが送られ、あらためて作品に関われたことに喜ぶ加藤は「またどこかでジョーカー、クイーン、みんなとお目にかかれる日が来ること願っております」とコメント。自分の役は今作だけだが、クイーンとジョーカーの今後の活躍をみんなと楽しんでいきたいという森川は、そのためにも、さらに作品を盛り上げてほしいと観客に願い、「約束だよ」と小指を前に出して、劇中の印象的なシーンを再現。客席から大きな拍手が巻き起こる中、何度も劇場に足を運び、SNSなどで盛り上げてくれるファンのクイーン愛にあらためて感謝の気持ちを述べた大和が、「次に繋がっていくように、これからもどんどん怪盗クイーンを観て、幸せな気持ちになってくれたら嬉しいです」と語り、大ヒット記念舞台挨拶を締めくくった。

 

劇場アニメ『怪盗クイーンはサーカスがお好き』は、新宿バルト9ほかにて大好評公開中。追加上映劇場情報も公開されている。また、入場者特典第3弾として配布されたフィルム風しおり(全6種・ランダム)が好評につき再配布されることが決定した。どうぞこの機会をお見逃しなく。

 

◆入場者特典 第3弾

特典:フィルム風しおり(全6種・ランダム)

配布期間:7月22日(金)〜予定枚数終了まで

※映画本編の内容を含みますので、映画ご鑑賞後にお楽しみください。

※ランダムでの配布となります。

※お一人様一回のご鑑賞につき、入場者特典を1つお渡しします。

※先着・数量限定特典のため、無くなり次第配布終了となります。

 

◆劇場限定Blu-ray

収録分数:本編58分

価格:¥4,950(税込)

封入特典

クイーンからの予告状カード

※購入に関する詳細は下記よりご確認ください。

https://miragequeen.jp/others/20220607/

◆本予告映像

 
◆上映劇場情報

▶キャスト
クイーン 大和悠河
ジョーカー 加藤和樹
RD 内田雄馬
ホワイトフェイス 森川智之
シャモン斎藤 古川慎
シルバーキャット瞳 のぐちゆり
ジャン・ポール 田所陽向
スタイリー井上 白井悠介
ビースト 依田菜津
プリズムプリズム 近藤浩徳
ジョー・セサミ 手塚ヒロミチ
ロケットマン 高橋伸也

 

西遠寺考太郎 広瀬裕也
伊藤真里 清水彩香

 

上越警部 浦山迅
岩清水慎太郎 伊東健人

 

▶スタッフ
原作 はやみねかおる・K2商会(講談社青い鳥文庫『怪盗クイーン』シリーズ)
監督 傳 沙織
脚本 國澤真理子
キャラクターデザイン 河島久美子
音楽 日向 萌
音響監督 亀山俊樹
音響制作 ビットグルーヴプロモーション
アニメーション制作 イーストフィッシュスタジオ
製作 「怪盗クイーン」製作委員会
配給 ポニーキャニオン

 

▶ストーリー
狙った獲物は必ず盗む。それが怪盗クイーン。性別・年齢・国籍不明。パートナーのジョーカー、RDと共に飛行船トルバドゥールで世界中をめぐっている。
そんなクイーンが今回狙うのは、呪われた宝石、伝説の『リンデンの薔薇』。
ところが、予期せぬ出来事が……謎のサーカス団に宝石を横取りされてしまった!
催眠術師、軽業師、マジシャン……凄腕のサーカス団員がクイーンに勝負を挑む!
彼らの目的はいったい何!?
かくして、宝石を取り返すため、大胆華麗な方法(あるいは、変装技)で勝負を受けて立つクイーン。

クイーンに不可能はない!

 

▶原作情報
『怪盗クイーンはサーカスがお好き』
著:はやみね かおる 絵:K2商会
定価:814円(本体740円)
http://aoitori.kodansha.co.jp/series/queen/
★『怪盗クイーン』シリーズ 最新刊
『怪盗クイーン 楽園の名画を追え』
著:はやみね かおる 絵:K2商会

 

▶INFORMATION
公式HP miragequeen.jp
公式Twitter  @miragequeen_

 

©はやみねかおる・K2商会・講談社/「怪盗クイーン」製作委員会

PONY CANYON公式ツイッターでは
""や""や""や""の新着記事をお知らせしています!
関連キーワード



MENU

TOP