MENU

News Ticker

【インタビュー】榎木淳弥ら豪華声優陣出演&大石昌良が主題歌を手掛けることで話題の『PRELUDERS』!ベールに包まれた魅力をスタッフ陣に迫る!!

3月に開催された『AnimeJapan 2022』のポニーキャニオンブースでの発表以来、話題となっている豪華声優陣による音楽とボイスドラマで展開されるヒーローコンテンツ『PRELUDERS』(プレリューダーズ)。そんな本作を企画した、リテールビジネス部・青木大空とビジュアルクリエイティブ本部・濵口真央に、立ち上げの経緯から世界観の構築、キャスティングについてなど語ってもらいました!まだ世に出ていない貴重なエピソードも盛りだくさんなので、今から注目しておけば間違いなし!!

 

アメコミ好きが影響!?青木が最初から想い描いていたヒーローの行動原理とは?

——まずは、『PRELUDERS』を立ち上げるきっかけとは?

青木 僕がビジュアルクリエイティブ本部に在籍していた2年くらい前に、若手社員を中心にパッケージに捉われないIPを作ろうという機運が高まっていて。そこで、アメコミ好きの僕と、濱口、アニメ好きのもうひとりとでオリジナルのヒーローコンテンツを作ってみようとなったのが、きっかけです。

——3人でのスタートだったんですね。

青木 その後、異動で僕は違う部署になってしまいましたが、原案という部分で今でも少しだけ関わらせてもらっています。当時は、タイトル、コンセプト、キャラクター設定、キャスティング、主題歌の発注までは決めていました。その後の収録や運営などは、後任の中島純と濱口が担当しています。

 

ビジュアルクリエイティブ本部・濵口真央、リテールビジネス部・青木大空

——枠組みはほとんど決め込んでいたんですね。

青木 いや、枠組みは確かに決めましたが、それを運営して、形にしていくほうが大変だと思うのでもう感謝しかないです。

——濱口さんは当時のことを振り返ると。

濱口 それまで完成した作品を宣伝していくことが多かったので、企画段階から携わる仕事は初めてで。私も好きなものがあるので、推しに対する気持ちは理解していたし、のめり込む性格なので、そういった視点でのアイディア出しをしていました。

青木 特にキャラクター設定で、この見た目ならこういう性格が良いよねとか、濱口ともうひとりから僕にはない感性やフラットな意見が聞けて助かりました。実際、発表後にネット上のリアクションを見たら、とても良い反応をいただけていたので。

——約2年間の努力が芽吹いた感じですね。

青木 3人ともIPをイチから立ち上げるのが初めてだったので、何が正解かわからなかったですしね。手探りで1日5時間とか話し合う日もたくさんありましたし、長い期間をかけてようやくまとまりました。

——今回、ヒーローものですが、コンテンツとして何かこだわりはあったんですか?

青木 「High Five」というチームは戦隊もの、「S-quad」というチームはアメコミテイストを意識しています。あと、ヒーローとしての行動原理だけは最初から想い描いていて。マーベル映画の『キャプテン・アメリカ』に特に好きなセリフがあるんですけど、劇中でアースキン博士がスティーブ・ロジャースに、「完璧じゃなくてもより良いキミでいてくれ」と言うシーンがあるんです。要は、欠点はあれど、より良くあろうという姿がヒーローのヒーローたる所以なんじゃないかというところがとても好きで。そんな影響もあって、『PRELUDERS』では完璧じゃないけど、清くあろう、正しくあろうという姿にヒーロー性を見出せるんじゃないか、という想いを核にしています。

濱口 そういう想いや設定があることで、ボイスドラマでの物語の深みも増していったと思います。

 

——キャラクター設定も家族構成や身長、体重といったところまでかなり細かいですね。

青木 そこは、濱口ともうひとりが特にこだわって考えてくれました。髪型や瞳の色味から、キャラクターのカップリング要素とかは、僕には考えつかなかったです(笑)。

——今回、アニメではなく、音楽×ボイスドラマで展開しているのはどうしてですか?

青木 オリジナルIPなので、予算感を考えるとまずはCDでの展開かなと。他作品でもCDでのスタートからメディアミックスしていく中で、アニメ化された事例もあるので、『PRELUDERS』も徐々に大きくしていきたいです。

——『AnimeJapan 2022』での発表以来、反響はいかがですか?

濱口 発表会を行うのと、キャストの方が登壇するという前情報だけにも関わらず、たくさんのお客さんが集まってくださって嬉しかったです。その後、キャラクターを徐々に公開したんですけど、その度にSNSで「このキャラの推しになる!」など、想像以上のリアクションをいただけて、詰め込んだ要素が伝わったのかなと思います。

——初動としては、良い反応ばかりですよね。

濱口 レコーディング現場で、キャストのみなさんにお会いしたときにも「評判良いですね!」と喜んでいただいたり、嬉しい限りです。作詞作曲が大石昌良さんなので、「歌っていて楽しいです!」などノリノリな現場でした。

青木 ヒーローコンテンツを手掛けるにあたって、大石昌良さんに歌っていただきたいという想いがあったんです。アニメ『SSSS.GRIDMAN』『SSSS.DYNAZENON』などを観て、“ヒーローソングはこの人だ!”ってずっと思っていたので、“まさに、これぞ!”という楽曲になっています。

——ポニーキャニオン所属アーティストでもありますし。

青木 でも、他部署の協力なしでは実現しなかったです。『オッドタクシー』などを手掛けるアニメクリエイティブ本部の伊藤(裕史)や、アーティスト担当の三輪(靖史)にずっと相談に乗っていただいた結果ですし。リテールビジネス部の唐川(絢子)には、宣伝販促について協力してもらったり、ポニーキャニオンが掲げている“共創”が実を結んだと思います。

 

絶対にお願いしたかった!護人明日可役に榎木淳弥をキャスティングした理由!!

——全方位でのバックアップがあって、無事に立ち上がったんですね。キャスト陣についてはどういう選出だったんですか?

青木 3人でお願いしたい方を挙げて、希望の方々にオファーを出しました。護人明日可役の榎木淳弥さんは、『SSSS.DYNAZENON』や映画『スパイダーマン』の吹き替えが特に印象深くて、絶対にお願いしたいと思っていました。優しい人柄の中に絶対に曲げない芯のある雰囲気が、役に合うと思ったので。

——榎木さんもそうですけど、今注目を集めている声優ばかりですよね。

青木 そうですね、実力と人気を兼ね備えた方々ばかりです。キャスティングは、伊藤にもアドバイスをもらいました。今後解禁になる「Vice Versa」の天堂 黎役、倫役への反応も楽しみです。

濱口 私は、声を聞いて直感でこの役にハマりそう!みたいな形で意見をしていました。

青木 そう、フラットな目線なので“なるほど!”と思うこともあったし、良いバランスで選定出来ました。

——続いて、シナリオについてですが、3人で考えた大枠を元に、八城雄太さんに入っていただいたんですか?

青木 そうです、漠然としていた世界観を打ち合わせで取捨選択しながら、まとめていただきました。

濱口 キャラクターが個性的なので、ボイスドラマではいろいろな関係性がわかったりしますし、アニメと違って聴いた場面を想像しながら楽しんでもらえると思います。あと、設定とか細かく考えていたので、脚本会議のときにはなんだか母親のような気分になりました。この子は、こういうことを言ってほしい、こんなことは言わないはず!みたいな(笑)。

青木 わかる、わかる!親心みたいな気持ちが生まれてくるよね。語尾の修正なども細かくお願いした気がします。

 

——制作者ならではの想いですね!シナリオの全体像としては、どういった路線なんですか?日常パートのようなコミカルな回もあったり?

青木 いえ、どちらかというと割とシリアスめというか、物語として聴き応えのある内容になっています。

——ちなみに、ボイスドラマはCDでしか聴けないんですか?

青木 CD発売タイミングからサブスクなどでも聴くことができます!ただ、CDはCDでオリジナル特典などもあるので、そちらもぜひ注目していただけたら。

——キャラクターデザインは、POKImariさんが手掛けています。起用の経緯というのは?

青木 様々なクリエイターの方々の作品を拝見している中で、一番ハマると思ったからです。実際、上がってきたイラストをひと目見て、バッチリでした。他にもヒーローが題材の作品もあるので、それらとの差別化や機微は、濱口ともうひとりが見てくれました。

濱口 いろいろこだわりましたね。仲光舜は、見た目はカッコいいんですけど、人前に出たくないという性格で、いろいろ考え込むタイプ。だから睡眠不足で目の下にちょっとクマがあったり。柏木世良は、ファッションに明るく、チームの中でもポジティブで、顔が綺麗で自己肯定感が高い、親友にいてほしい男の子をイメージしました。あと、衣装デザインについてもチームでかなり話し合いました。

 

—では、改めて主題歌「ヒーローライセンス」についてですが、レコーディング現場はいかがでしたか?

濱口 デモ音源が大石さんの声なので「もう、これが完成されすぎている!」とキャストのみなさんが笑いながら言っていました。でも、みなさん楽しく歌っていましたし、「大石さんの楽曲を歌えて嬉しい」と言ってくださっていて、とても良い仕上がりになっていると思います。

—そして、先日「ヒーローライセンス」のミュージックビデオが公開され、生配信イベントも行われました。今後の展開として、目標にしていることなどありますか?

濱口 ミュージックビデオの反響が良くて嬉しいです。私も初めて観たときにキャラクターが動いている!と感動したので、みなさんも同じ気持ちになってくださると嬉しいです。初期から携わっていることもあり、今までの仕事の中でも特に愛が強いですし、みなさんに推しを作って楽しんでもらえると嬉しいです。自信を持って『PRELUDERS』が好きと言ってもらえるコンテンツを目指していきます。公式YouTubeチャンネルでは、宣伝動画からキャラクター動画など続々と公開していくので、楽しみにしてください。

青木 僕は立場上一線から退いていますが、先ほどお話したようにいろいろなメディアミックスが行えれば良いなと思います。アニメ化や続編など今後も展開していけたら嬉しいので、営業の立場から中島や濱口のバックアップをしていきます。今後の展開に期待してください!

 

【作品情報】

『PRELUDERS』

声優×ヒーロー×音楽!新プロジェクト「PRELUDERS」始動!

豪華声優陣による「歌」と「ボイスドラマ」でお贈りする

新時代のヒーローコンテンツ!

ヒーローのあり方は一つじゃない。人の数だけヒーロー像がある―

これは、力と志を持った若者たちが、それぞれのヒーローの形を目指す物語。

 

主題歌「ヒーローライセンス」MV

<キャスト>

■High Five 

護人明日可(CV.榎木淳弥)、仲光舜(CV.鈴木崚汰)、春馬湊(CV.岩崎諒太)、

柏木世良(CV.堀江瞬)

■S-quad

久地守凰(CV.内田雄馬)、三角智影(CV.伊東健人)、蘭堂あゆむ(CV.西山宏太朗)、

烏丸琥太(CV.天﨑滉平)

■Vice Versa

天堂黎(CV.???)、倫(CV.???)

 

<スタッフ>

原案:W・A / PONY CANYON

キャラクターデザイン:POKImari

シナリオ:八城雄太

主題歌:「ヒーローライセンス」

歌:PRELUDERS(High Five&S-quad)、作詞/作曲:大石昌良

楽曲制作:APDREAM

音響制作:PONYCANYON ENTERPRISE

制作:ARCH

宣伝:PONY CANYON、ARCH PR

企画・製作:PONY CANYON

 

【リリース情報】

「ヒーローライセンス」(High Five&S-quad)

5月18日(水)発売

PCCG-02142 ¥2,420(税込)

 

「I’m a HERO」(High Five)

6月29日(水)発売

PCCG-02143 ¥2,420(税込)

 

「DGAF」(S-quad)

7月20日(水)発売

PCCG-02144 ¥2,420(税込)

 

アルバム「タイトル未定」

8月31日(水)発売

PCCG-02145 ¥3,630(税込)

 

PRELUDERS公式サイト:https://preluders.jp

PRELUDERS公式YouTubeチャンネル:https://www.youtube.com/channel/UCKdhv42rQ4UovLRCE77RjEA

PRELUDERS公式Twitter:https://twitter.com/preluders

 

(C)PRELUDERS

PONY CANYON公式ツイッターでは
""や""や""や""や""の新着記事をお知らせしています!
関連キーワード



MENU

TOP