MENU

News Ticker

SOMETIME’S、2マンライブ『League』のゲストがNakamuraEmiに決定!更にPodcast番組『SOMETIME’Sのアプガリ』配信スタート!

音楽ユニットSOMETIME’S(読み:サムタイムス)が自身が主催する2マンライブシリーズ”League”にて、6月17日に開催される第二弾ゲストがNakamuraEmiに決定したことを発表した。

 

『SOMETIME’S Presents 2022 2man Live Series “League”』は、2022年を通して開催する対バンライブシリーズだ。また発表と共に、オフィシャル先行受付がスタートしたので、見逃さずにチェックしよう。

 

NakamuraEmi

さらに、ニッポン放送PODCAST STATION、poddog他、Apple、Spotify、AmazonMusic等各種Podcastアプリで配信にてSOMTIME’Sの新番組『SOMETIME’Sのアプガリ』がスタート。SOMETIME’SのVo.SOTAとTAKKI(Gt)が楽曲を封印し、ポッドキャストで喋り尽くす内容となっている。毎週月曜日の夜7時ごろ配信されるので、こちらも是非チェックしよう。

 

◆ライブ情報
●『SOMETIME’S Presents 2022 2man Live Series “League” 』ライブ情報

2022.06.17(Fri) @ Shibuya WWWX
w/ Nakamura Emi
OPEN/START 17:45/18:30
TICKET:前売り4,800円(税込・自由) [1ドリンク代別途]
<オフィシャル先行>
チケットぴあ
https://w.pia.jp/t/sometimes-of/
受付期間:4/24(日)23:59まで
(問)H.I.P. 03-3475-9999 / www.hipjpn.co.jp

 

◆番組情報
●『SOMETIME’Sのアプガリ』

毎週月曜夜7時ごろ配信
ニッポン放送PODCAST STATION、poddog他、Apple、Spotify、AmazonMusic等各種Podcastアプリで配信中
●番組URL  https://podcast.1242.com/show/sometimes/
●番組アドレス upup@1242.com

 

◆リリース情報
SOMETIME’S「Somebody」(テレビ東京 ドラマ25『先生のおとりよせ』オープニングテーマ)
配信中
Apple&Spotify Pre-add/Pre-save URL

https://www.toneden.io/ponycanyon-1/post/sometime-s-new-single-somebody-spotify-pre-save-somebody

特設サイト:https://sometime-s2022.ponycanyon.co.jp/

【キャンペーン】
Appleプレリザーブ / Spotify プレアド / Twitterフォローをして、新曲「Somebody」をモチーフのオリジナルスマホ壁紙をプレゼントするキャンペーンを実施!
①「こちらをタップ」
②「PRE-SAVE ON SPOTIFY」「PRE-ADD ON APPLE MUSIC」「FOLLOW ON TWITTER」いずれかを選択してください。

③「こちらをタップ」

 

ドラマ25『先生のおとりよせ』

放送日時:2022年4月8日(金)より毎週金曜日24:52~
放送局:テレビ東京ほか
主演:向井理
出演:北村有起哉、橋本マナミ、神尾楓珠、財前直見
原作:中村明日美子・榎田ユウリ『先生のおとりよせ』(クロフネコミックス/リブレ刊)
監督:守屋健太郎、本間利幸、保坂克己
脚本:三浦希紗、谷口純一郎、藤平久子
音楽:牧戸太郎
プロデューサー:森田昇(テレビ東京)、間宮由玲子(テレビ東京)、竹内一成(ジャンゴフィルム)
製作著作:テレビ東京
制作協力:ジャンゴフィルム

 

◆About SOMETIME’S
https://linktr.ee/sometimesinfo

◆SOMETIME’Sプロフィール
2017年SOTA(Vo.) と TAKKI(Gt.) で結成された音楽ユニット。“Sometime” = いつか、“Sometimes”= 時々もしあなたが夢を叶えるために毎日頑張っているなら、その夢かが「いつか」叶うようにという思いと「時々」 休んで欲しいという思いをこめて SOMETIME’ S と名付けられている。
ソウルフルなボーカルと、美しく強いファルセットが印象的なSOTAの歌声とTAKKIの表現力豊かなギターが支える楽曲は、ソウル、ファンク、R&B、AOR、ジャズ、ハウスなどボーダレスに様々なジャンルを飲み込みつつも、耳の中で何度も反芻できるようなキャッチーさを持つ独自のポップスに昇華させていることが特徴。

PONY CANYON公式ツイッターでは
""や""の新着記事をお知らせしています!
関連キーワード



MENU

TOP