MENU

News Ticker

Homecomingsメジャーデビューアルバム『Moving Days』収録曲「Continue」ミュージックビデオ公開!

Homecomingsメジャーデビューアルバム『Moving Days』収録曲「Continue」のミュージックビデオが公開された。

 

今回のミュージックビデオは全編アニメーションにて構成されており、Animation Directorには、大桃 洋祐が担当。
以下、今回のミュージックビデオにおいてGt. 福富優樹のコメントも到着。

 

============

 

「Continue」は3年前の夏、漫画家のさくらももこさんが亡くなったときに書いた曲です。その年の春にちびまる子ちゃんの配信がNetflixで始まり、さくらももこさんの漫画やエッセイなんかを読み返していたタイミングだったので、とても寂しく思ったことを覚えています。歌詞は当時住んでいたアパートのそばのスピッツという素敵すぎる名前の喫茶店で、夕方にミックスジュースを飲みながら書きました。難しいことは考えずにその時浮かんだ言葉や風景を一筆書きのようにして並べていき、途中で書き直すようなこともありませんでした。夢中で書いていたのでジュースが入ったグラスが汗をかいて、当時付き合っていた恋人の部屋から借りてきていた、ちびまる子ちゃんの『わたしの好きな歌』という映画の原作のコミックスの縁が濡れてしまい、こりゃ怒られるな、と思ったのを覚えています。曲ができた背景があまり明るいことじゃないこともあってしばらくライブでもあまり演奏されない曲だったのですが、『Moving Days』に収録されることになりようやくちゃんと形にすることができました。とても思い入れのある大切な曲です。

 

今回アニメーションでMVを作ってくださった大桃さんのことはベースのほなちゃん(福田穂那美)から教えてもらって知りました。今住んでいる部屋からバスに乗ってぶらぶらしにいくお気に入りの町があって、このあいだまでそこにあった海外の絵本を専門に扱っていた小さな本屋さんが本当に大好きだったのですが、大桃さんの描く絵やアニメーションにはあのお店に並んでいた絵本たちのような暖かさがあって、すぐに夢中になりました。大桃さんの作品はどれも本当に素敵なのですが、『ぼくの街においでよ』という作品集が特に大好きで、この絵の世界のなかで「Continue」という曲がどんなふうに響くのだろうか、と想像しただけでとてもワクワクしました。実際に完成したアニメーションはそんなふうに想像していたものよりずっと素晴らしくて、この曲を書くきっかけになったことや閉店してしまったあの本屋さんのことをいつまでも忘れないでいられるような、一生大事にできる宝物をいただけたような気持ちになりました。これからの寒くて騒がしい季節を、だれかと一緒に過ごす方にも、ひとりで過ごす方にも、ほっと息をつけるようなそんな4分間になればうれしいです。

 

============

 

12月19日には、東京・渋谷TSUTAYA O-EASTにてワンマンライブ「Garden With A Holy Light」の開催も決定しているHomecomings。
今回のミュージックビデオもチェックいただきつつ、改めてメジャーデビューアルバム『Moving Days』にも注目いただきたい。

 

▶Homecomings「Continue」ミュージックビデオ

■「Moving Days」情報■
【特設ページ】
https://movingdays.ponycanyon.co.jp/

発売中
初回限定盤(CD+Blu-ray)

PCCA-06031 ¥4,950(税込)

 

通常盤(CD Only)

PCCA-06041 ¥2,970(税込)

 

【収録曲】(全11曲)
01.Here
02.Cakes (Album Version)
03.Pedal
04.Good Word For The Weekend
05.Moving Day Pt. 2
06.Continue
07.Summer Reading
08.Tiny Kitchen
09.Pet Milk
10.Blanket Town Blues
11.Herge

 

Blu-ray収録内容(初回限定盤のみ付属):
“BLANKET TOWN BLUES” December 25, 2020
01. Corridor(to blue hour)
02. Blue Hour
03. Hull Down
04. Lighthouse Melodies
05. Smoke
06. ANOTHER NEW YEAR
07. LEMON SOUNDS
08. HURTS
09. Special Today
10. Moving Day Part1
11. Continue
12. PLAY YARD SYMPHONY
13. Cakes
14. Songbirds
15. Whale Living
16. I Want You Back

 

■Homecomings「Garden With A Holy Light」概要■

Homecomings
「Garden With A Holy Light」

 

2020年12月19日(日)
会場:東京・渋谷TSUTAYA O-EAST
LIVE:Homecomings
OPEN:17:00 START:18:00

 

【券種・料金】
全席自由:前売 ¥4,500(D代別) / 当日¥5,000(D代別)
※学生証提示で¥1,000キャッシュバックあり。

 

配信チケット:¥2,000
※ライブ配信期間:〜12/31(金)23:59

 

【問い合わせ】
HOT STUFF PROMOTION
03-5720-9999  www.red-hot.ne.jp

 

■Homecomings配信サイト■
https://lnk.to/Homecomings

■Homecomings Official Website■
http://homecomings.jp

■Homecomings Official YouTube channel■
https://www.youtube.com/channel/UCC82PpBO7l1FBueTuvfQ0Yw

■Homecomings SNS■
Twitter:https://twitter.com/homcomi
Instagram:https://www.instagram.com/_homecomings_/

■ONLINE SHOP■
https://homecomings.jp/onlineshop/

 

■Profile■
畳野彩加(Vo./Gt.)、福田穂那美(Ba./Cho)、石田成美(Dr./Cho) 、福富優樹(Gt.)からなる4ピースバンド。
これまで3枚のアルバムをリリースし、台湾やイギリスなどでの海外ツアーや、4度に渡る「FUJI ROCK FESTIVAL」への出演など、2012年の結成から精力的に活動を展開。心地よいメロディに、日常のなかにある細やかな描写を紡ぐような歌詞が色を添え、耽美でどこか懐かしさを感じさせる歌声が聞く人の耳に寄り添う音楽で支持を広げている。
2017年からは、イラストレーター・サヌキナオヤ氏と共同で、映画と音楽のイベント「New Neighbors」をスタート。彼女たちがセレクトした映画の上映と映画にちなんだアコースティックライブの二本立てイベントを主催。2019年4月公開の映画『リズと青い鳥』の主題歌や、同年4月公開された、映画『愛がなんだ』の主題歌を担当。Vo畳野は、くるりやASIAN KUNG-FU GENERATIONの楽曲にゲストボーカルで参加するなど、活動の幅を広げている。
IRORI Recordsより2021年春メジャーデビュー。

PONY CANYON公式ツイッターでは
""の新着記事をお知らせしています!
関連キーワード



MENU

TOP