MENU

News Ticker

“千葉県唯一の村” 長生村のガイドブック「LONG AND LIVE」、第9回ふるさとパンフレット大賞“マックン賞”を受賞

“見えづらい・伝えづらいけど確かに存在している魅力”を2種類のパンフレットで発信

 

一般財団法人地域活性化センターは「地域プロモーションアワード2021」の各賞を11月19日に発表しました。全国の自治体から109の応募があった「第9回ふるさとパンフレット大賞」で長生村のガイドブック「LONG AND LIVE」が審査委員賞“マックン賞”を受賞しました。

 

長生村に訪れる魅力(LIVE)と住む魅力(LONG)を記載した2種類のガイドブックをポニーキャニオンが2020年に制作、都内や千葉県内の若い世代に向けて配布をしました。配布当初より、掲載内容だけでなくアートブックのような表紙のデザインやARマーカーにスマートフォンをかざすと流れる村の風景の動画を観ることができる工夫などが各方面から好評で、この度「第9回ふるさとパンフレット大賞」にエントリー、審査委員賞“マックン賞”を受賞となりました。

 

マックンさん(お笑いコンビ パックンマックン)の審査コメント

観光用と移住用の2冊に分けられているタイプのパンフレット。

まず観光用のパンフレットは観光時の遊び方、おすすめの食べ物など、村の楽しみ方がしっかりとPRされていて、しかもデザイン、構成もすごくしっかりとして読みやすい一冊です。

移住用のパンフレットもデザイン、構成は同じなんですが、観光用とは違い、住んだときの村での遊び方、村の食文化など、この村での住み方の提案、この村で自分流に住んでみませんか?というアピールが、すごく上手く表現されていると感じました。

また、2冊に分けることで見る側が「同じようなパンフレットが2冊?何が違うんだろう?」と思わず手に取ってみたくなるのではないでしょうか。

 

長生村担当者・井桁さんの受賞コメント

この度は大変光栄な賞をいただき、誠にありがとうございます。

“千葉県唯一の村”長生村は、太平洋に面する日本有数の砂浜海岸『九十九里浜』の南端に位置し、平坦な地形と温暖な気候により育まれた豊かな自然が広がり、また、これらを活かした農業が盛んな村です。 

突出した特色・目玉となるものがないことから、村のプロモーションの難しさを感じておりましたが、移住者を含めた村民の皆さんや観光で村を訪れる方には、かねてから「居心地の良さ・住みやすさ」「また来たくなる魅力」を感じていただいておりました。 

こうした、“見えづらい・伝えづらいけど確かに存在している魅力”を形にして村の内外に発信したい、知ってもらいたいと考え制作したのが「LONG AND LIVE」です。 

今回の受賞をきっかけに、村民の皆さんには自分が住む村を一層誇りに感じていただき、また、まだ長生村のことを知らない方が一人でも多く興味を持ち、村を訪れるきっかけになれば幸いです。

PONY CANYON公式ツイッターでは
""や""や""の新着記事をお知らせしています!
関連キーワード



MENU

TOP