MENU

News Ticker

世界初!NFTアートのコンペティション「XANALIA NFTアートアワーズ2021」開催決定。ノミネート作品募集開始!

株式会社ポニーキャニオン(本社:東京都港区)のグループ会社で、各種デザイン制作、グッズ企画制作、印刷、WEB関連サービスなどを事業展開する株式会社ポニーキャニオンプランニング(略称:PCP/本社:東京都港区 代表取締役社長:大柳英樹)は、NOBORDER.z FZE(日本名:ノーボーダーズ)(以下:NOBORDER.z)(代表:RIO TEKESHI KUBO)、株式会社 フジランド(代表取締役社長:岡部要一)、株式会社フジクリエイティブコーポレーション(代表取締役社長:前田和也)との共同プロジェクトにより、世界の新しいNFTクリエイターを発掘支援するため、世界初のNFTアートのコンペティション「XANALIA NFT ART AWARDS 2021」(ザナリア NFTアートアワーズ2021)を企画・開催を発表、9月1日より、参加作品の一般募集を開始いたします。

 

本アワードは、現在世界的に注目を集める「NFT」を利用したデジタルアートコンテンツを「NFTART AWARD」というコンペティション形式で全世界から募り集めたオークションを開催し、審査員投票+オークションランキングによって優秀作品を表彰するという、世界初のNFTアートのコンペティションイベント。ヴァーチャルギャラリーでの展覧会やヴァーチャル表彰式も予定され、上位3作品には、賞金+総額18,000ドルが授与されます(配分金アドバンスとして)。クリエイター(原作者)の原著作権は永続的に保証され、その権利料対価として、1次取引では販売額の50%、2次取引以降は販売額の10%が、NFTマーケットプレイスのシステムにより永続的に仮想通貨ビットコイン(BTC)などで自動配分されます。

 

  • 企画主旨

 2020〜2021年、全世界が新型コロナウイルス(COVID-19)パンデミックに見舞われ、人々の生活は激変しました。人とウイルスとの闘いにおいて、人と人のフィジカルな接触を避けなくてはならない状況に追い込まれ、「デジタル化」の波が一気に加速しました。結果、デジタル世界では世界がより緊密に繋がれるネットワークが進化しました。

 

そんな中、暗号資産(仮想通貨)の基本技術として知られる「ブロックチェーン」を活用し、エンターテイメントに革命を起こす画期的なイノベーション「NFT」(ノンファンジブルトークン=非代替性トークン)の実用化が進み「アート」のジャンルにも新たな可能性が広がり始めています。「NFT」とは、ブロックチェーン上で発行・流通するデジタルデータで、付随するメタ情報を改ざん困難なブロックチェーン上に記録することで、いわば鑑定書と所有証明書に相当する情報が偽造不可能な状態で保管・公開され、「オリジナル」としての資産性を、公開&保証し半永久的に存続させることを可能にしました。

 

2021年に入り世界中で爆発的に注目され、アート、音楽、ゲーム、コンテンツ、IPなど幅広く応用され始めました。このイノベーションによって世界中のアーティスト達が、気軽に自由に、著作権に守られた「アート」を作り発表し、それを全世界の愛好家が鑑賞し、自由に価値を付加することが可能になりました。そして世界中で様々な「NFTアート」が展示され、鑑賞され、取引きされる「マーケットプレイス」=市場が数多く立ち上がっています。

 

また、250年以上の歴史を誇るオークションハウス・Christie’s New York(クリスティーズ・ニューヨーク)のオンラインオークション(2021年2月25日~3月11日開催)では、アーティスト・BeepleのNFTアート作品『Everydays: The First 5000 Days』が、6934万6250ドル(約75億円)で落札され、世界中を驚愕させました。

 

そこでこの度、プロ・アマ・年齢・国籍・ジェンダー問わず、過去作品発表や活動の場が限られていた「アーティスト」「クリエイター」そして「金の卵」達の才能を埋もれさせることなく、その活動と未来に夢や希望を与えると同時に、誰もが自由にそして気軽にアートを楽しむ体験のきっかけになればと、「XANALIA NFTART AWARDS 2021」を企画開催いたします。

 

  • 募集概要

【イベントの流れ】

作品投稿公式サイトの応募フォームより必要情報を記入し作品を投稿
https://xanalia.com/nftartawards2021
第1次審査ノミネート作品を選定/審査通過作品をNFTに変換
展示(掲載)全ノミネート作品をXANALIAマーケットプレイスにて展示&オークション
オークション&第2次審査オークション入札/審査員投票
※ランキング随時更新
VR展示上位100作品を「XANALIA」内の特設「ヴァーチャルギャラリー」にて展示
オークション終了&落札オークション終了タイミングで最高額入札者は各作品を落札
※販売に応じてクリエイターに収益配分
最終審査&表彰審査員投票+オークションランキングの総合順位によりBest3を表彰
通常取引ユーザー間でトレード|取引きされるたびに権利者に収益を配分

【​募集作品について】

募集作品コンピュータを利用して制作したデジタルアート作品
※表現方法は2D、3D、VR、静止画、動画(10秒以内)など自由
規定/条件など*完全オリジナル作品もしくは、著作権が他に発生しないものに限る
*Macintosh または Windows環境で表示・動作できる作品
*提出データは、JPEG、PNGの静止画、GIF、動画(最大50GBまで)
(動画フォーマットはH.264、音声はmp3 or AAC で拡張子はmp4)
*動画作品に関して、音声はあっても無くても可

・全ノミネート作品はNFTとなり、リアルな美術品などと同様、資産価値を有する存在として、XANALIAマーケットプレイスに展示され、オークションなどにより売買されます。


・応募された作品の管理は「XANALIA NFTART AWARDS 2021プロジェクト」にて行います。

・選ばれた「ノミネート作品」の著作権は作者に帰属しますが、このコンペティションの結果発表や広報宣伝などの活動で、実行委員会が利用できるものとさせていただきます。

 

※その他詳細は応募サイト→https://xanalia.com/nftartawards2021 をご覧ください。

 

〔AWARD〕

上位作品は、最先端のヴァーチャル空間で展覧会を開催。審査員投票+オークションによって選ばれたベスト3作品を表彰し、下記賞金を副賞として授与します。(法定通貨でのお支払い)

1位Gold AwardUS $10,000
2位Silver AwardUS $5,000
3位Bronze AwardUS $3,000

・当賞金は当該作品のその後の売上(販売益)から権利者に配分する権利料のアドバンス(前渡し金⇒収益保証)とします。もちろん、収益配分金が賞金額を上回った場合は、上回った分をその後、永続的にお支払いします。

 

・1次オークション、及び、それ以降の永続的な2次取引で販売された場合のクリエイター(原作者)への原著作権料をNFTマーケットプレイスのシステムにより永続的に配分します。

 

・今イベントでは、売買された場合の売上還元率(権利料)は、初回販売(オークション)では販売価格の50%。2次販売以降の再販(転売)時は、半永久的に都度、販売価格の10%となります。

 

・賞金以外のクリエイター(原作者)への販売収益配分は、仮想通貨ビットコインなどにて支払われます。

 

〔スケジュール〕

◎応募期間:2021年9月1日(水)~12月31日(金)

第1次締切9月30日(木) 23:59 (JST)
第2次締切10月31日(日) 23:59 (JST)
第3次締切11月30日(火) 23:59 (JST)
最終締切12月31日(金) 23:59 (JST)

※応募の早い順にマーケットプレイスへの掲載がスタートします。

ヴァーチャルギャラリーでの展示2022年1月10日(月) 〜
入札締切2022年2月28日(月)
発表&VR表彰式2022年3月上旬予定

 

  • 審査員(※アイウエオ順・敬称略)

◆河西香奈|KANA KAWANISHI

KANA KAWANISHI GALLERY/PHOTOGRAPHYディレクター。幼少期をロンドンで過ごした後、フォーダム大学(NY)へ学部交換留学、日本女子大学家政学部被服学科西洋服飾史研究室卒業。2006年よりRizzoli New Yorkの書籍編集に携わる。近年担当した書籍に「ANREALAGE: A&Z」(2021年秋・Rizzoli刊) など。アーティストマネジメント/編集事務所、及び展覧会企画財団を経て、2014年にKANA KAWANISHI ART OFFICEを設立、2015年にKANA KAWANISHI GALLERYを設立。様々な展示企画や書籍出版をプロデュース。
https://www.kanakawanishi.com/

 

黒田順子|JUNKO KURODA

デジタルハリウッド大学 教授/デザイナー。女子美術大学芸術学部絵画科洋画油絵専攻卒業後、渋谷区立代々木中学校美術科教諭に就任。その後、イラストレーターとして活動し、電通アドギャラリー主催「気鋭のイラストレーター100人展」参加の他、東京ディズニーランド開園5周年記念イラストコンテストで手塚治虫氏よりグランプリ受賞。2005年度よりデジタルハリウッド大学教員となり現在教授。2018年度より武蔵野美術大学造形構想学部映像学科教員も兼務。主な研究テーマは3DCG表現研究。ゲーム業界、CG映像業界に多数の教え子が活躍。

 

津村耕佑|KOSUKE TSUMURA

アートディレクター/ファッションデザイナー/武蔵野美術大学 空間演出デザイン学科教授/文化服装学院ファッション工芸専門課程 非常勤講師/東京藝術大学 美術学部 デザイン科 非常勤講師。1983年より三宅デザイン事務所に所属し、三宅一生氏の下、主にパリコレクションに関わる。1992年ジャケット全体を収納スペースとして活用したウエアーFINAL HOMEを考案する。1994年ファッションブランドKOSUKE TSUMURA並びFINAL HOMEを(株)A-netからスタート。パリ、ロンドン、東京でコレクションを発表。2015年独立し、FINAL HOME projectを始動、主宰を務める。受賞歴:’82年「第52回装苑賞」受賞、’92年「第21回現代日本美術展」準大賞受賞、’94年「第12回毎日ファッション大賞」新人賞・資生堂奨励賞受賞、’01年「織部賞」受賞。
https://www.kosuketsumura.com/profile

 

◆辻 愛沙子|ASAKO TSUJI

株式会社arca CEO / クリエイティブディレクター。社会派クリエイティブを掲げ、「思想と社会性のある事業作り」と「世界観に拘る作品作り」の二つを軸として広告から商品プロデュースまで領域を問わず手がける越境クリエイター。リアルイベント、商品企画、ブランドプロデュースまで、幅広いジャンルでクリエイティブディレクションを手がける。2019年春、女性のエンパワメントやヘルスケアをテーマとした「Ladyknows」プロジェクトを発足。2019年秋より報道番組 news zero にて水曜パートナーとしてレギュラー出演し、作り手と発信者の両軸で社会課題へのアプローチに挑戦している。

 

山峰潤也|JUNYA YAMAMINE

キュレーター/一般財団法人東京アートアクセラレーション共同代表。1983年生まれ。東京都写真美術館、金沢21世紀美術館、水戸芸術館現代美術センターにて、キュレーターとして勤務したのち現職。主な展覧会に「ハロー・ワールド ポスト・ヒューマン時代に向けて」、「霧の抵抗 中谷芙二子」、「恵比寿映像祭(第4回-7回)」や台湾国立美術館で2021年10月から開催の「The world began without the human race and it will end without it.」など国内外の展覧会のキュレーションを行う他、2020年秋に六本木にオープンしたANB Tokyoのディレクター、「KAWS TOKYO FIRST」日本側監修(フジテレビ)、テレビ朝日のアート番組「アルスくんとテクネちゃん」監修、文化庁アートプラットフォーム事業委員、Tokyo Photographic Research副代表など。企業や公的機関のアート事業、シンポジウムの企画、編集、執筆、講演、審査委員など幅広く活動。

 

  • 応募の注意事項

*「ノミネート作品」に選定されなかった場合はNFT化をせず、展示致しませんので予めご了承ください。

*新規作品に限らず過去作品での応募も可能ですが、既にNFT化している作品は、本イベントの選定対象外となります。

*開催終了時に購入者がいなかった場合は、固定価格にて継続販売とさせていただきますが、一定期間経過後、作品を取り下げさせていただくことがございます。

*応募点数は一人何点でも可能ですが「ノミネート作品」選定数は調整させていただく場合がございます。

*以下のいずれかに該当する作品は選定対象外とさせていただきます。

なお、一旦「ノミネート作品」に認定後に盗作・著作権侵害等のトラブルが発覚した場合も、即時失格とさせていただきます。

(1)第三者の著作権、商標権、特許権等の知的財産権、肖像権、プライバシー権、その他各国の法令上の権利を侵害する内容のもの。

(2)特定の人物を誹謗中傷したり、その名誉や信用を毀損する内容のもの。また、特定の人物の個人情報を、当該者の許可なく提供する内容のもの。

(3)公序良俗や各国の法令に反する内容のもの。または反するおそれのある内容のもの。

(4)その他、以下に掲げるもので、プロジェクト委員会において不適切と判断したもの。(例示であり、これらに限られません)

・暴力的、グロテスク、その他一般人が不快と感じるもの。

・民族、人種、宗教、性別、国籍等を差別し、または差別を助長するもの。

・露骨な性的表現を含むもの。

・政治的主張や政治的内容を含むもの。

・特定の宗教団体、反社会的勢力、政治団体(これらに類する諸団体を含む)、思想団体の勧誘、普及、利益供与、協力につながるもの。

・無限連鎖講、マルチ商法等の勧誘につながるもの。

 

  • 主催・運営

XANALIA NFTART AWARDS 2021プロジェクト

・NOBODERZ FZE

・株式会社ポニーキャニオンプランニング

・株式会社フジランド

・株式会社フジクリエイティブコーポレーション

 

  • XANALIA(ザナリア)について

XANALIA(ザナリア)は日本で『期待のNFTマーケットプレイス 第 1 位』を獲得するなど、現在世界的に注目を集めるNFTマーケットプレイス。NOBORDER.z ZFEが開発、XANALIA LIMITEDが運営を行う。ブロックチェーン市場において現在最も成長分野のNFTとDeFi(分散型金融)の仕組みを取り入れたことにより、2021 年 3 月 7 日のローンチ後、わずか 1 ヶ月で希薄化後潜在時価総額は一時 14 億ドル(約 1,650 億円)を超え、現在でも7億ドル(約770億円)の高値を維持するなど、その世界的な注目度の高さを示している。また、7月には世界取引高ランキング8位にランクインした。
ミラノファッションウィーク 2021内で展開されるヴァーチャルファッションショーのNFT化や日本人芸術家の最高峰である葛飾北斎の公式NFTアート化作品、中国大型TVドラマ界初の番組連動型NFTなど、グローバルに画期的なNFTのリリースを数多く行う。

サイトURLhttps://xanalia.com
  • XANA(ザナ)について

NOBORDER.zが開発する、全ての資産がブロックチェーン上のNFTで作られるメタバース(ヴァーチャル仮想空間ソーシャルメディアプラットフォーム)。ユーザー同士がアバターとなって自分を着飾り、自由に交流しながら、他のユーザーや企業が展開する様々なバーチャルコンテンツを楽しむことができる。
江東区によるオリンピック、パラリンピックのための美術展や世界的なDJイベント、南アジアのEスポーツ大会など様々な企業、団体に活用されている。

サイトURLhttps://xana.net
  • NOBORDER.z FZE企業概要
会社名NOBORDER.z FZE(ノーボーダーズ)
所在地 Business Center,  AI Smooch Building, UAQ Free Trade Zone, Umm AI Quwain, UAE.
事業内容ブロックチェーン技術、VR、XR、AI、NFTの開発とサービスの運営
代表者 RIO TEKESHI KUBO (久保武士)
企業サイトhttps://www.noborderz.com/

PONY CANYON公式ツイッターでは
""や""や""や""の新着記事をお知らせしています!
関連キーワード



MENU

TOP