MENU

News Ticker

【日本とアジアをつなぐ懸け橋、日本語パートナーズ】8月11日のオンライン説明会にはこがけん(おいでやすこが)氏が特別ゲストとして参加

2022年の派遣に向けた募集を開始

 

 国際交流基金(JF)は、アジアの中等・高等教育機関等で現地の日本語教師と学習者のパートナーとして、日本語教育を支援する日本語パートナーズ派遣事業を実施している。2022年にインドネシア、タイ、ラオスに派遣する日本語パートナーズの募集を7月29日から開始した。株式会社ポニーキャニオンは、今年度の派遣募集広報を担当し、各種イベントのプロデュース等を行っている。

 

■オンライン説明会の開催
 募集にあわせてオンライン説明会を8月11日と8月27日に開催する。
8月11日の説明会には、昨年のM-1グランプリ2020決勝に進出し、英語歌ネタで人気の芸人のこがけん(おいでやすこが)氏をゲストに迎え、日本語パートナーズ経験者とのトークセッションを通じ、日本語パートナーズ派遣事業の魅力を深掘する予定だ。
 また、2015年よりインドネシアで活動しており、帰国したばかりのそこらへん元気氏や、2018年よりタイで活動しているTの極み氏も参加し、日本語パートナーズ経験者とのトークとともに、インドネシアやタイの現在の状況についても紹介する予定だ。

 

■説明会概要
内容:事業概要説明、募集説明、派遣経験者による活動報告~ゲストとのトークセッション
 

◆特別オンライン説明会
日時 : 2021年8月11日(水)19:00~21:00 (120分)
ゲスト:こがけん(おいでやすこが)
    そこらへん元気(住みますアジア芸人/インドネシア)
MC:タケト
参加申込〆切:8月9日(月)23:59

 

◆オンライン説明会
日時 : 2021年8月27日(金)19:00~20:30 (90分)
ゲスト:Tの極み(住みますアジア芸人/タイ)
MC:タケト
参加申込〆切:8月25日(水)23:59

参加申込方法: 下記特設ウェブページより参加申込フォームにご入力ください。
URL :https://partners2021.jfac.jp/
参加費: 無料
備考: 入退室自由 ※説明会への参加は、日本語パートナーズ選考の採否には関係ありません。
配信プラットフォーム:YouTube Live

 

◆日本語パートナーズとは
 国際交流基金(ジャパンファウンデーション)は日本政府が表明したASEANを中心としたアジアとの文化交流を進める「文化のWA(和・環・輪)プロジェクト~知り合うアジア~」の一環として、日本語パートナーズ派遣事業を2014年から開始。

 ASEAN諸国を中心とするアジアの日本語教育を行う中等教育機関等に、現地日本語教師・学習者を支援する人材日本語パートナーズを派遣し、現地日本語教師の教育活動を支援するとともに、教室内外の学習者の支援や文化交流を通して、日本語と日本文化の魅力を伝えることを目的としている。また日本語パートナーズ自身にも、現地での活動と人々との交流を通して、派遣先国・地域の文化や言語に対する理解を深め、将来的にアジアと日本の懸け橋となることを期待している。これまでに2,399名 の日本語パートナーズが派遣され、帰国後もさまざまな分野で活躍中。

 

◆2021年度第2回募集概要
〇募集期間:2021年7月29日(木)~9月15日(水)
〇派遣先・人数・期間

派遣先募集人数派遣期間
インドネシア50名2022年8月~翌年3月
タイ70名2022年5月~翌年2月
ラオス4名2022年8月~翌年5月

※上記募集人数には、別途実施する推薦プログラムの募集人数を含む

※第1回募集は終了。(派遣先はマレーシア、カンボジア)
※第3回募集(対象国:フィリピン、ベトナム、台湾、インドネシア)は2021年10月下旬募集開始予定

〇応募要件
https://jfac.jp/partners/apply/

〇派遣実績
https://jfac.jp/partners/overview/achievements/

〇国際交流基金アジアセンター
https://jfac.jp/

 

■ゲスト・MCプロフィール
<こがけん氏>
1979年生まれ、福岡県久留米市出身。吉本興業所属。2019年R-1ぐらんぷりは決勝進出、歌ネタ王決定戦2020決勝進出。2019年より、おいでやす小田とのお笑いユニット「おいでやすこが」でM-1グランプリに出場。2019年は3回戦進出、2020年は決勝に進出(ピン芸人同士によるユニットでは初めてのファイナリスト)。
どんな曲でも洋楽ロック風に歌うのが得意。「細か過ぎて伝わらないモノマネ」では、オーマイガーのハリウッド映画ものまねでお馴染み。また、映画好きお笑い芸人として、雑誌『BRUTUS』にて2020年のシネマコンシェルジュに選ばれる。

<そこらへん元気氏>
1993年生まれ、大阪府富田林市出身。
ボイスパーカッションや歌ネタを得意とし、イベントなどで活躍。2015年より住みますアジア芸人としてインドネシアで活動開始。YouTubeにも力を入れており、チャンネル登録者数は50万を超えた。 トップ人気動画の再生数は330万回。インドネシア語の上達が著しく、イベントのMCも現地語でこなしている。
現地のテレビ局でレギュラー番組もスタートするなど活躍の幅を広げている。

<Tの極み>
1992年生まれ、愛媛県松山市出身。マジックが特技でレパートリーは400種類以上。マジックバーなどでのパフォーマンス経験もある本格派。2018年より住みますアジア芸人としてタイで活動開始。タイ全国の小学校を回り、子供たちをマジックで楽しませる活動を行っている。

<タケト>
1976年生まれ、千葉県千葉市出身。
トリオ芸人として活躍後、2012年よりピン芸人として活動する傍ら保育士や、日本人男性第一号としてベビーサインパパアドバイザーなど育児関連で8つの資格をもち、年間50本以上の育児イベントに出演している。また、DIYキャンプ芸人としてYouTubeでも活躍中。

住みますアジア芸人:https://sumimasu.asia/

PONY CANYON公式ツイッターでは
""や""の新着記事をお知らせしています!
関連キーワード



MENU

TOP