MENU

News Ticker

結成50周年の四人囃子3CD BOX『Ride on SEE・SAW』市販発売決定!

2021年、活動50周年を迎える四人囃子が、3月3日にポニーキャニオンショッピングクラブ限定発売をした3CD BOX『Ride on SEE-SAW』を、特典DVDなしバージョンとして5月19日に市販することを発表した。

 

内容は70年代後半ポニーキャニオンSEE-SAWレーベル時代に発表した「PRINTED JELLY」 「包」 「NEO-N」の3枚の各アルバムに、「ハレソラ」の未発表マンドリン・イントロ音源を含むアウトテイクとシングル「拳法混乱(カンフージョン)」を追加したスペシャル・バージョン3枚組ボックス。 新たにデジタル・リマスターを施し、通常CDプレーヤーで再生する高音質のUHQCDとしてファンに届ける。ボックスに同梱されるブックレットには、当時を良く知る関係者による貴重な解説と当時の写真が掲載される。

 

3月3日、EXシアター六本木にて行われたスピンオフ四人囃子のコンサートを配信で視聴した音楽ライター、金澤寿和氏からコメントが届いた。

 

「77年にSEE-SAWレーベルへ移籍し、『PRINTED JELLY』『包』『NEO-N』の3作をリリースした後期・四人囃子。それはギター/ヴォーカルが森園勝敏から佐藤ミツルにチェンジしたという体制的変化ではなく、天才:森園を中心とする共同体だった彼らが、4人のバランス感で成り立つ融合体になるという構造的進化を意味していました。当然サウンドも、クロスオーヴァーなセンスを感じさせるプログレッシヴ・ハードな大作志向から、モダンなパワー・ポップ・スタイルへシフト。そのプロセスにあって、佐久間正英のプロデューサー的感覚が覚醒していったのです。黎明期の和製ロック・バンドの多くが、時代の荒波に揉まれて埋没していく中、四人囃子ほどドラスティックな音楽変遷を辿って多彩に変化を遂げたグループは他に思い当たりません。その礎をガッチリ支えたのが、結成以来ずっとバンドの屋台骨を支えた岡井大二のライヴ感溢れるドラミングと、シンフォニックなシンセ・アプローチで2作に貢献した坂下秀実の存在だと思います。
今回のSEE-SAWボックスの発売により、70年代5作品がすべて入手しやすい状況の中で活動50周年を迎えた四人囃子。残念ながら鬼籍に入ってしまったり療養中のメンバーもいますが、この3月初旬には根本要と西山毅(元ハウンド・ドッグ)をフィーチャーした“スピンオフ四人囃子”公演@EX THEATRE ROPPONNGIを開催し、その弛まぬスピリットを後続世代へ繋いでいます。そうしたインフルエンサーとしての力は、今も全然衰えていないのです。」

 

■商品概要
四人囃子『Ride on SEE・SAW』 
発売日:2021年5月19日
アーティスト: 四人囃子 
【メンバー) 佐藤ミツル:ギター&ボーカル、坂下秀実:キーボード on 「PRINTED JELLY」「包」 
佐久間正英:ベース、岡井大二:ドラムス&パーカッション、 茂木由多加:キーボード on 「NEO-N」

3CD(UHQCD) BOX+特典DVD
PCCA-50306 ¥6,600 (税込)

 

CD 1 : アルバム「PRINTED JELLY」 + アウトテイク                                
CD 2 : アルバム「包」 + アウトテイク    
CD 3 : アルバム「NEO-N」 + アウトテイク + 「拳法混乱カンフージョン」(1979年シングル)

 

また活動50周年を祝ってソニーミュージック・ダイレクトから『 Dance in Matinee  』(MHCL-30678~30680)が、5月26日発売に決定した。

 

そしてビクターエンタテインメントからは『一触即発+2』 『二十歳の原点+4』 『’73四人囃子+1』 『一触即発デラックス・エディション』などが絶賛発売中である。
https://www.jvcmusic.co.jp/-/Discographylist/A017615.html

 

日本ロック史に残る伝説のバンドが今また大きな注目とともに再評価されている!!

PONY CANYON公式ツイッターでは
""の新着記事をお知らせしています!
関連キーワード



MENU

TOP