MENU

News Ticker

岐阜県大垣市プロデュース新作アニメーション シリーズ第5弾「がきたびっ!あけちの故郷ふるさと編」公開!

原作は大垣市出身作家 中村航、人気声優 三森すずこ、佳村はるか らが出演

岐阜県大垣市プロデュースの新作アニメーション「がきたびっ!あけちの故郷(ふるさと)編」がWEB公開された。

 

大ヒット・アニメーション映画『聲の形』の舞台のモデルの地として、アニメファンのみにとどまらず、多くの観光客から注目を集めた岐阜県大垣市は、オリジナル・アニメーションによるシティプロモーションを積極的に実施している。

 

2018年4月に公開された同市プロデュースのアニメーション作品「おあむ物語 その夏、わたしが知ったこと」、同年10月公開「いつか会えるキミに」、2020年3月公開「大垣まつりにいこうよ!」、「がきたびっ!~青春お城編~」に続くシリーズ5作品目がついに完成。

 

今作は明智光秀の出生地のひとつと言われている大垣市上石津町を舞台に主人公“あん”(CV:三森すずこ)の夏休みの不思議な体験を描いた。大垣市の歴史スポットである島津豊久の墓や城ケ平城跡などを散策しながらバーベキュー会場へ向かう。散策ポイントでは、あんの姉(CV:佳村はるか)や“あけち”(CV: 松岡禎丞)が各スポットに纏わる歴史の解説をしてくれるストーリーとなっている。

 

総合プロデュースは(株)ポニーキャニオンが担当。前作シリーズに引続き、アニメーションの原作は同市出身の人気作家・中村航が手掛け、主人公“あん”は人気声優 三森すずこ、“あんの姉”は佳村はるか、“あけち”は松岡禎丞、“ゆうき”は堀江瞬が演じている。

 

■出演者メッセージ

 

三森すずこ

大垣市の魅力を皆さんに発信する『がきたびっ!』今回の”あけちの故

郷(ふるさと)編”では、あんちゃんたち4人が上石津の緑の村へ休暇

を楽しみに行きます。演じながら、大垣市の歴史や豊かな自然などの

魅力をたくさん感じることができました。そして、回を重ねるごとに

少しずつ大垣の方言が身についてきたかなと思います♪

今はなかなか旅行も気軽に行けず寂しいですが、この作品を観てあんちゃんたちと一緒に旅をしている気分になってもらえたら嬉しいです。

 

佳村はるか

再びこのプロジェクトに参加させて頂きとても嬉しいです。私はもともとお仕事

で岐阜に行かせて頂く機会が何度かあったのですが、このアニメを通して岐阜や

大垣の素敵な場所や色々な歴史を知る事が出来てもっともっと好きになりまし

た。

今回は緑の村公園に行くシーンがあるのですがホームページで緑の村公園を調べ

ていると一日中いられそうで、なんなら泊まる施設もあるという…笑

皆様も色々と調べてみて下さい、きっと楽しいです♪

 

中村航

明智くんとあんちゃんの、ちょっと不思議な夏休みの体験を描きました。大垣市上石津町の魅力を、ぜひこのアニメで知ってください。

 

▪アニメーション詳細

タイトル:「がきたびっ!~あけちの故郷(ふるさと)編~」

原作: 中村航

キャスト: 三森すずこ(あん)、堀江瞬(ゆうき)

     佳村はるか(あんの姉)、松岡禎丞(あけち)

総合プロデュース: (株)ポニーキャニオン

企画・製作: 大垣観光協会

 

大垣観光協会YouTubeチャンネルhttps://www.youtube.com/channel/UChuBnVi8A2yMdmSqKOFIkhQ

大垣市HP http://www.city.ogaki.lg.jp/

大垣観光ポータル「水都旅」 http://www.ogakikanko.jp/

 

関連作品

「おあむ物語 その夏、わたしが知ったこと」

 江戸時代初期に著された「おあむ物語」をベースに、二人の女性(過去“おあむ“・現在“あん“)を中心に、過去と現在の大垣を描いた作品。

「いつか会えるキミに」

 現在と未来の大垣市を舞台に、主人公の“あん”を通じて、大垣市が目指すまちの姿を時空を超えて描いた作品。

「大垣まつりにいこうよ!」

毎年5月に行われる「大垣まつり」を直前に控えた大垣市を舞台に展開するラブ・ストーリー。

「がきたびっ!~青春お城編~」

大垣市の歴史と文化を「青春お城編」と題して紹介。

PONY CANYON公式ツイッターでは
""や""や""や""の新着記事をお知らせしています!
関連キーワード



MENU

TOP