MENU

News Ticker

阿部寛×吉田鋼太郎 シェイクスピア舞台『ヘンリー八世』が遂にDVD化、5月7日リリース!

(C)2021 HORIPRO INC.

吉田鋼太郎がシリーズ芸術監督を務める「彩の国シェイクスピアシリーズ」の第35作目、阿部寛主演で2020年2月に上演された『ヘンリー八世』を収録したDVD202157日に発売されることが決定した。

 

「英国王室史上、最もスキャンダラスな王」といわれるヘンリー八世。政権のためには容赦なく配下を切り捨て、王妃を替える。王宮の華やかな一面と、王をめぐるスキャンダル、その裏に交錯する欲望と謀略、熾烈な地位争いが描かれる。

 

故・蜷川幸雄を芸術監督としてシェイクスピア全37戯曲の完全上演を目指し、1998年にスタートした彩の国シェイクスピア・シリーズ。蜷川の遺志を継ぎ2代目芸術監督を務める吉田鋼太郎の演出としては3作目となる本作は2020年2月に彩の国さいたま芸術劇場にて上演された。

 

(C)2021 HORIPRO INC.

ヘンリー八世役は、これまで彩の国シェイクスピア・シリーズで『シンベリン』『ジュリアス・シーザー』にも主演した阿部寛が務め、吉田鋼太郎とのタッグで最強王が誕生した。

出演は、阿部、吉田のほか 金子大地、宮本裕子、山谷花純、谷田 歩、河内大和など若手からベテ連まで錚々たる役者陣が揃った。

 

<あらすじ>

舞台は16世紀前半の英国王宮。ヘンリー八世(阿部 寛)の寵愛を受け、出世のために策略をめぐらす高慢な枢機卿ウルジーは公爵たちの非難の的になっている。ある晩、ウルジーが催す晩餐会で王は王妃キャサリンに仕える女官アン・ブリンに心を奪われる。王は王妃との結婚を無効にしようと離婚裁判を起こすが、宗教や複雑な国際問題が絡み、歴史的な問題へと展開していく—。

 

(C)2021 HORIPRO INC.

作:W.シェイクスピア

翻訳:松岡和子 

演出:吉田鋼太郎(彩の国シェイクスピア・シリーズ芸術監督)

出演:阿部 寛 吉田鋼太郎 金子大地 宮本裕子 山谷花純 谷田 歩 河内大和 ほか

 

DVD 彩の国シェイクスピア・シリーズ 「ヘンリー八世」 

2021年5月7日発売

PCBE-56363 ¥6,380(税込)

収録時間:本編189分

発売元:ホリプロ 販売元:ポニーキャニオン 

 

公式Twitter:https://twitter.com/shakespeare_sss?s=21

PONY CANYON公式ツイッターでは
""や""や""の新着記事をお知らせしています!
関連キーワード



MENU

TOP