MENU

News Ticker

スカート、12月16日発売オリジナルアルバム『アナザー・ストーリー』の収録曲「ストーリー」を、藤原さくらがDJを務めるInterFM897「HERE COMES THE MOON」で初オンエア!

澤部渡のソロプロジェクト・スカートが、12月16日に発売する最新アルバム『アナザー・ストーリー』収録曲「ストーリー」。この楽曲が、藤原さくらがDJを務めるInterFM897(FM 89.7MHz)「HERE COMES THE MOON」(日24:00〜25:00)で初オンエアされた。

 

「ストーリー」はスカートの黎明期に制作され、軽快なサウンドにのせたスカートらしい歌詞が魅力の代表曲。オンエアではアルバム用にリテイクした音源が公開された。

 

番組では、藤原さくらと澤部渡が好きなレコードを持ち込んで楽曲を紹介する「レコードで聴く 秋の名曲鑑賞会」や、スカートがアレンジ・演奏で参加した藤原さくらオリジナルアルバム『SUPERMARKET』収録曲「ゆめのなか」の制作秘話なども語られた。

 

また、特設サイトではスカートの歴史を1年毎に振り返るオフィシャルインタビューを配信しており、スカートの歴史がうかがえるインタビューになっている。アルバムの発売まで毎週公開されるオフィシャルインタビューも併せてチェックしよう。

 

■番組名:Inter-FM(FM 89.7MHz)「HERE COMES THE MOON」(日24:00〜25:00)
https://www.interfm.co.jp/hctm

 

■スカート「アナザー・ストーリー」特設サイト:https://kakubarhythm.com/special/skirt_anotherstory/

 

【『アナザー・ストーリー』リリース情報】
12月16日(水)発売
◆CD+LIVE Blu-ray Disc

PCCA.04982 ¥4,500+税

LIVE Blu-ray Disc収録内容
スカート10周年記念公演「真説・月光密造の夜」

 

◆CD only

PCCA.04983 ¥2,500+税 

 

■収録曲(両形態共通)
M1. ストーリー
M2. セブンスター
M3. 返信
M4. ともす灯 やどす灯
M5. 月の器
M6. おばけのピアノ
M7. 千のない
M8. サイダーの庭
M9. スウィッチ
M10. わるふざけ
M11. ゴウスツ
M12. さかさまとガラクタ
M13. すみか
M14. 花をもって
M15. 月光密造の夜
M16. ガール

 

・LIVE Blu-ray Disc収録内容
スカート10周年記念公演「真説・月光密造の夜」

 

★外付特典
・10周年記念メダル
※全国のCDショップにて2020年12月16日発売「アナザー・ストーリー」をご予約・ご購入のお客様に、先着で上記オリジナル特典をプレゼント。
各店舗でご用意している特典数量には限りがございますので、お早目のご予約をおすすめいたします。
※特典は数に限りがございますので、発売前でも特典プレゼントを終了する可能性がございます。
※一部取り扱いの無い店舗やウェブサイトがございます。ご予約・ご購入の際には、各店舗の店頭または各サイトの告知にて、特典の有無をご確認ください。

 

★Amazon 予約購入 先着特典
メガジャケ(24cm×24cm)
※Amazonにて2020年12月16日発売「アナザー・ストーリー」をご予約・ご購入のお客様に、先着でメガジャケをプレゼント。
※特典は数に限りがございますので、発売前でも特典プレゼントを終了する可能性がございます。

 

■スカート配信URL
https://lnk.to/skirtskirtskirt
■スカートオフィシャルHP
https://skirtskirtskirt.com/
■スカートTwitter
https://twitter.com/s_k_i_r_t?s=12
■スカートInstagram
https://instagram.com/skirt_oh_skirt?igshid=mqv1q286bvze
■澤部渡Twitter:
https://twitter.com/skirt_oh_skirt?s=12

 

■スカートPROFILE
どこか影を持ちながらも清涼感のあるソングライティングとバンドアンサンブルで職業・性別・年齢を問わず評判を集める不健康ポップバンド。
強度のあるポップスを提示し、観客を強く惹き付けるエモーショナルなライヴ・パフォーマンスに定評がある。2006年、澤部渡のソロプロジェクトとして多重録音によるレコーディングを中心に活動を開始。2010年、自身のレーベル、カチュカ・サウンズを立ち上げ、1stアルバム『エス・オー・エス』をリリースした事により活動を本格化。これまでカチュカ・サウンズから4枚のアルバムを発表し、2014年にはカクバリズムへ移籍。アルバム『CALL』(2016年)が全国各地で大絶賛を浴びた。
そして、2017年10月にはメジャー1stアルバム『20/20』を発表。昨年にはメジャー1stシングルとしてリリースした「遠い春」が映画「高崎グラフィティ。」の主題歌、カップリング「忘却のサチコ」が高畑充希主演のドラマ「忘却のサチコ」のオープニングテーマに起用された。そして、2019年にリリースした最新シングル「君がいるなら」には大泉洋主演映画「そらのレストラン」に書き下ろした主題歌と挿入歌を収録。
また、そのソングライティングセンスからこれまで藤井隆、Kaede(Negicco)などへの楽曲提供、ドラマ・映画の劇伴制作に携わる。更にマルチプレイヤーとしてスピッツや鈴木慶一のレコーディングに参加するなど、多彩な才能、ジャンルレスに注目が集まる素敵なシンガーソングライターであり、バンドである。

PONY CANYON公式ツイッターでは
""や""や""の新着記事をお知らせしています!
関連キーワード



MENU

TOP