MENU

News Ticker

世界が熱狂しダマされた”天才美少年作家”の素顔とは!? クリステン・スチュワート、ローラ・ダーン他豪華共演で贈る一大スキャンダル! 『ふたりのJ・T・リロイ ベストセラー作家の裏の裏』、デジタル配信スタート!

(C)2018 Mars Town Film Limited

アメリカ文壇に彗星のごとく登場し、自身の壮絶な体験を元にした小説は大ベストセラーとなり、世界的なセレブリティやアーティストからも熱烈な支持を集め時代の寵児となった作家がいる。その名は、J・T・リロイ。美少年作家として注目された彼の小説は映画化され、ハリウッド、カンヌを席巻。J・Tは名実ともに時代の寵児に昇りつめた。しかしその後、一大スキャンダルが発覚。実はその美少年作家J・T・リロイは、ふたりの女性が作り出した架空のキャラクターだったのだ!

 

世界を揺るがしたスキャンダル。その内幕と、取り巻く人々のドラマを注目のキャスト陣で描き公開時話題となった『ふたりのJ・T・リロイ ベストセラー作家の裏の裏』が、早くも6月5日よりデジタル配信が開始となる。現代のSNS社会に通じるテーマ性を浮き彫りにした、今まさに必見の作品だ。

 

映画『サラ、いつわりの祈り』の原作者としてカンヌ国際映画祭でも脚光を浴びた美少年作家J・T・リロイは、実はふたりの女性が創り上げた架空の人物だった―!? これは2000年代半ばに一大スキャンダルとなった実際の事件。天才美少年作家として表に出ていた女性サヴァンナと、キャラクターを創出し、プロデュースするかのように帯同したローラ。本作はサヴァンナが、なぜローラに言われるがまま数年間もJ・Tを演じ続けたのかに焦点を当て、事件とその前後を描く。架空のアバターと、その裏にある素顔…現代のSNS社会の問題にまでつながるテーマ性を、スキャンダラスかつドラマティックに映画化した一級エンターテインメントだ。

 

『チャーリーズ・エンジェル』で新たな魅力を放ち、その他にも話題作連続出演の売れっ子実力派クリステン・スチュワート。そして『マリッジ・ストーリー』でアカデミー賞助演女優賞を受賞し絶好調のローラ・ダーン。この2人の女優が、「ふたりで一つ」の”J・T・リロイ”を熱演。さらに、『女は二度決断する』のダイアン・クルーガー、『ワン・デイ 23年のラブストーリー』のジム・スタージェス、実際にJ・Tの友人でもあった『ラリー・フロント』のコートニー・ラヴらも出演、豪華競演が実現している。監督は、本作の脚本と製作総指揮も務める新鋭、ジャスティン・ケリー。

 

2月14日から劇場公開されていた本作が、デジタルロードショー(先行配信)を経てこの度早くもデジタル配信が開始。なお、6月5日よりセル版の配信がスタート、6月19日よりレンタル版の配信がスタートとなる。在宅エンタメの一つとして本作を楽しんでいただきたい。なお、デジタル配信を行うサービスは以下となる。

 

【配信サービスまとめ】

https://movie-product.ponycanyon.co.jp/item079.html

https://Movie.lnk.to/jtleroyPR

 

(C)2018 Mars Town Film Limited

【ストーリー】

サンフランシスコ。親元を離れたサヴァンナは、兄のパートナーで作家のローラと出会う。ローラは自分の小説をJ・T・リロイという架空の美少年名義で出版、ベストセラーになっていた。そんなローラに頼まれ、最初は遊び半分で男装し、J・Tに扮するサヴァンナ。やがて小説の映画化が決まり、ハリウッドやカンヌで大勢の観衆の前に出るうちに、J・Tとして出会った相手に本気で恋してしまうが……。

 

(C)2018 Mars Town Film Limited

【出演】

サヴァンナ役…クリステン・スチュワート

ローラ役…ローラ・ダーン

ジェフ役…ジム・スタージェス

エヴァ役…ダイアン・クルーガー

エヴァ役…コートニー・ラヴ

 

【スタッフ】

監督・脚本・製作総指揮:ジャスティン・ケリー

 

【作品情報】

『ふたりのJ・T・リロイ ベストセラー作家の裏の裏』

2020年6月05日 デジタル配信(セル)開始

2020年6月19日 デジタル配信(レンタル)開始

(C)2018 Mars Town Film Limited

PONY CANYON公式ツイッターでは
""や""や""や""や""や""の新着記事をお知らせしています!
関連キーワード



MENU

TOP