MENU

News Ticker

城 南海がサンタになってメリークリスマス☆ 10周年イヤーの集大成となるアルバム『one』のリリース記念合同取材をレポート

2019年1月にデビュー10周年を迎えた奄美大島の歌姫・城 南海(きずき・みなみ)が、5枚目のオリジナルアルバム『one』の発売日である12月18日、マスコミ向けトークイベントをポニーキャニオンイベントスペースにて開催した。

 

今作『one』は10周年イヤーの集大成ともいえる作品。「今まで見たことのない城 南海」をテーマに曲もビジュアルも、今までにない等身大の城が溢れた作品に仕上がっている。アルバムからの先行配信シングル『ONE』が流れる中、城が姿を現すと会場内は大きな拍手に包まれた。

 



もうすぐクリスマスということもあり、この日の城はサンタ姿で大きな袋を持って登場。クリスマスの予定を聞かれると、「イブもクリスマス当日も、がっつり仕事です!」と元気に答え、会場の笑いを誘っていた。
約3年ぶりのリリースとなる『one』には、城にとって初となる英語のタイトルがつけられている。イベントでもまずはそのことに話題が及んだ。英語タイトルの理由を聞かれた城は「今年1月に10周年を迎え、“10年からのあらたなステップ(=1歩)”という意味を込めてつけました」と話してくれた。

 

今作は曲調もこれまでと大きく違っている。ジャズやロックといったアップテンポな曲が多いほか、楽曲のテーマもこれまで歌ってきた自然や平和などの壮大なものから、身近でリアルなものに変わった。城いわく「30歳を目前に、歌手として一人の女性として“今歌えるリアルな言葉”がたくさん並んでいる」とのこと。持ち味である奄美大島特有の歌唱法「グィン」も、曲の世界観に合わせて自然と少し控えめになったそうだ。

 

また今作ではビジュアル面でも新しい城 南海を見ることができる。アルバムジャケットに写るのは、本人も「かっこいいんですよ、とっても」と自画自賛する、クールなたたずまいの城だ。アルバムジャケットのビジュアルスタイリングをしたのは、収録曲(M-4)『るるる』の作詞も手がけるタレントのYOUさん。テレビ東京「THE カラオケ★バトル」での共演をきっかけに縁がつながった。城とはレーベルの先輩・後輩の間柄でもある。撮影時のYOUさんの印象について、城はこう話していた。「すごく楽しい撮影でした。YOUさんはかっこいいだけでなく、私の気持ちに寄り添い、親身になって話を聞いてくださるやさしい方。私物のスカートやアクセサリー、靴などを大量に持ち込み、(着衣の)直しやポージングの指導まで手がけてくださいました。撮影現場で流す音楽もYOUさんがチョイスしてくださり、それを聴いて踊りながら撮影しました」アルバムジャケットは城のクールな表情が際立つ初回限定版と、大胆なポージングに目を奪われる通常版の2種類。どちらも人差し指を立てた“隠れone”のポーズをしている。

 


じつは初回版は、ジャケットではわからないが脚を上げ、首を後ろに大きくそらした、イナバウアーのようなポーズをしているのだそう。城いわく「このとき体のいろんな部位がプルプルしていて、次の日、めっちゃ筋肉痛になりました(笑)」とのこと。ポーズ以外にも、YOUさんセレクトのアイテムやメイクを身にまとうことで、これまでとは違う自分が発見できたと、うれしそうに語っていた。

 

そのまま話は先行配信シングル『ONE』のMVの話題へ。『ONE』のMVは最近流行の“ルーティン動画”をモチーフにしているという。「休日のルーティンをやってみようということで、実際に部屋を借りて撮影しました。朝起きて、お風呂上がりに濡れた髪をタオルドライしながらドライヤーで乾かしている姿など、いままであまり出したことのない“素(す)の城 南海”が出ていると思います。MVには公私ともに仲の良い、親友で演歌歌手の西田あいちゃんも登場してくれました。あいちゃんとは普段からしょっちゅう女子会もしているんですが、収録の時もお酒が進んじゃって…(笑)。本当に楽しく撮影できました。皆さんにもぜひ見ていただきたいです」

 

ここで会場からの質疑応答タイムに。質問をした記者には南海サンタからのクリスマスプレゼントとして、今年のタピオカブームとアルバム収録曲(M-9)の『タピオカ』にちなみ、「インスタントタピオカ」が贈られた。

最後は今年を振り返りつつ、2020年に思いを馳せた「今年の一文字」を、書道五段の腕前で披露。したためた文字は「楽(らく)」。選んだ理由について「2019年は3本のツアー、ベストアルバムやオリジナルアルバムのリリースがあり、たくさんのところで歌うことができ、すごく楽しい一年でした。その楽しさと音楽の“楽”という意味を込めて、この漢字にしました」と話してくれた。

 



今作『one』にはさまざまなクリエーターやミュージシャンが参加している。全曲アレンジを担当しているのはTHE HIGH-LOWSのDr. 大島賢治さん。そこにシンガーソングライターの川村結花さんや藤井尚之さん、木下裕晴さん(ex. L⇔R)、富貴晴海さんらが楽曲を、同郷の先輩にあたる辛島美登里さんやタレントのYOUさん、河野丈洋さん(ex. GOING UNDER GROUND)らが詞を提供した。この日のイベントは、そうしたクリエーターたちとの化学変化により城 南海があらたな一歩を踏み出した、そのことがよく伝わる内容だった。

 

◼︎「ONE」MusicVideo Short ver./城 南海(きずきみなみ)

 

【リリース情報】
▼配信シングル「ONE」(大文字表記)好評配信中!
https://lnk.to/kizukiminamione

 

▼アルバム「one」(小文字表記)

発売日:2019年12月18日(水)

●初回限定盤 (CD+特典DVD)

PCCA.04877 ¥4,500+税

 

●通常盤 (CD)

PCCA.04878 ¥2,800+税

 

【収録楽曲】
1.クレムツ 
2.行かないで 
3.ONE(Album Ver.) 
4.るるる
5.ボーンフィッシュ
6.東京
7.恋雨~Len Rain~
8.追憶
9.タピオカ
10.おやすみ

 

【初回特典DVD】
01.配信シングル「ONE」Music  Video
02.配信シングル「ONE」Music  Video-another
03.アルバム『one』レコーディングドキュメント

 

【公式WEB】
城 南海オフィシャルサイト
https://www.kizukiminami.com

城 南海(きずき みなみ) Twitter
https://twitter.com/kizukiminami

城 南海 staff official Twitter
https://twitter.com/minaminchu

PONY CANYON公式ツイッターでは
""の新着記事をお知らせしています!
関連キーワード



MENU

TOP