MENU

News Ticker

アナログLP重量盤(完全生産限定)発売決定!「岡田有希子Mariya’s Songbook」

1980年代当時を思い出しながら聴きたい!音にこだわる超一流ミュージシャンが参加している楽曲たちをアナログ盤で聴きたい!大きなジャケット写真がほしい!等、ファン待望の声にお応えし、「岡田有希子Mariya’s Songbook」がアナログLP重量盤(完全生産限定)で発売決定!CDアルバム盤とは、ジャケット(表4)が別絵柄の仕様!

 

1980年代アイドルブームの中で、正統派女性アイドルとして短い活動期間ながら、一世を風靡した岡田有希子。その抜群のアイドル性と歌唱力は他のアイドルと一線を画し、超一流の作家陣から楽曲を提供され続けた。その中でも竹内まりやは、先日発売した自身のニューアルバム「Turntable」のセルフカバーで、初CD化して話題になった「ファースト・デイト」「憧れ」「恋、はじめまして」をはじめ、デビュー当時から多数の楽曲を提供した。コンピレーションアルバム「岡田有希子 Mariya’s Songbook」では、これら3曲を含む、竹内まりやが岡田有希子に提供した全11曲(作詞のみ2曲)を1枚にコンプリート。
「昭和」に彗星のように出現したアイドル「岡田有希子」。その歌声を、世代を超えて再評価してもらうために、「令和」の今、この時代に届けます。

 

[竹内まりやコメント]
彼女が生きていたら52歳…
没後33年経った今も、あの愛くるしい笑顔と、ほのかな憂いを含んだ歌声が私の胸の奥に深く残っています。
デビューから連続での3部作をはじめ、私にとって最も多くの楽曲を提供した歌手は、他ならぬ有希子ちゃんでした。33年の歳月を経て、やっと私自身がデビュー40周年記念のアルバムで「ファースト・デイト」「憧れ」「恋、はじめまして」をセルフカバーすることができた今年、ほぼタイミングを同じくして、思い入れの深かった有希子ちゃんへの提供作品がここに1枚のソングブックとしてアルバム化できることを心から嬉しく思います。まぶしいティーンエイジャーのまま姿を消してしまった彼女は、まさに「永遠のアイドル」となり、あの頃と変わらぬ歌声で青春のときめきとせつなさを私たちに与え続けています。

 

令和元年 8月吉日
竹内まりや

02.26発売アルバム「岡田有希子 Mariya’s Songbook」ブックレットから抜粋

 

 

・岡田有希子コンピレーションアルバム竹内まりや提供作品集「岡田有希子 Mariya’s Songbook」アナログLP重量盤
2020年02月26日発売 

竹内まりやメッセージ掲載

≫岡田有希子特設サイト

PCJA.00082 ¥3,800+税


 

(アナログ盤収録曲) 
サイドA
M.1 ファースト・デイト  1984.4.21発売SG A面 ※シングルVer.
作詞・作曲:竹内まりや/編曲:荻田光雄 ※竹内まりやコーラス参加
M.2 リトルプリンセス  1984.7.28発売SG A面 ※シングルVer. 
   作詞・作曲:竹内まりや/編曲:大村雅朗 
M.3 さよなら・夏休み  1984.9.5発売AL「シンデレラ」収録
   作詞・作曲:竹内まりや/編曲:清水信之 
M.4 憧れ  1984.9.5発売AL「シンデレラ」収録
   作詞・作曲:竹内まりや/編曲:荻田光雄 ※竹内まりやコーラス参加
M.5 ‐Dreaming Girl‐ 恋、はじめまして  1984.9.21発売SG A面
   作詞・作曲:竹内まりや/編曲:荻田光雄 
M.6 気まぐれTeenage Love  1984.9.21発売SG B面
   作詞・作曲:竹内まりや/編曲:荻田光雄

 

サイドB 
M.1 哀しい予感  1985.7.17発売SG A面
   作詞・作曲:竹内まりや/編曲:松任谷正隆 
M.2 恋人たちのカレンダー  1985.7.17発売SG B面
   作詞・作曲:竹内まりや/編曲:松任谷正隆 
M.3 ペナルティ  1985.9.18発売AL「十月の人魚」収録
   作詞:竹内まりや/作曲:杉真理/編曲:松任谷正隆 
M.4 二人のブルー・トレイン  1985.10.5発売SG B面
   作詞:竹内まりや/作曲:杉真理/編曲:松任谷正隆
M.5 ロンサム・シーズン  1985.9.18発売AL「十月の人魚」収録
   作詞・作曲:竹内まりや/編曲:松任谷正隆 ※竹内まりやコーラス参加
※今作用のリマスター音源を使用
※敬称略

 

[楽曲解説]
ファーストデイト
デビュー曲です。まりやさんにコーラスをお願いし、「だれにも、ハー、どようの、ハー」と字ハモとハミングの組み合わせで、ほぼ全編にコーラスを入れて貰いました。贅沢の極みです。

 

リトルプリンセス
デモを聴いた時、スタッフ全員が「有希子ちゃんにぴったり!」と言い合い、シングル2曲目にすることを即決した曲です。可愛い曲ですが、甘くなり過ぎないように歌っているのが秀逸です。

 

さよなら・夏休み
曲の良さを十二分弾き出された華やかな編曲で、とても歌いやすかったのか、有希子ちゃんが楽しそうに歌っていました。

 

憧れ
シングル候補曲として哀愁路線で発注した曲です。有希子ちゃんの、低めで鼻にかかったような声にとても似合った曲です。イントロ・間奏のアレンジの素晴らしさに驚嘆しました。

 

-Dreaming Girl-恋、はじめまして
デモを聴いた時、歌い始めの歌詞とメロディに衝撃を受けました。作詞、作曲、歌を同時にこなすシンガーソングライターならではの業だと思いました。裏泊から出る歌ですが、上手に歌えています。

 

気まぐれTeenage Love
「-Dreaming Girl-恋、はじめまして」のカップリング曲で、A面曲とB面曲の相性がとても良いなぁと思っていました。まりやさんらしい学園ポップス。

 

哀しい予感
ただただ可愛らしかった女の子がいろいろな経験から成長したり傷ついたり・・・。有三さんの願いであった「哀愁路線」がシングルでも始まりましたが、正直「はまり過ぎ」が心配でした。

 

恋人たちのカレンダー
詞を見て感心して、曲を聴いて感心して、アレンジを聴いて感心して、演奏を聴いて感心して・・。どれだけ多くの才能に彼女は支えられてきたかを感じ、感謝の気持ちでいっぱいになる曲です。

 

ペナルティ
少し大人になったとはいえ、まだまだ少女だった有希子ちゃんに、個人的には、正直、歌わせたくなかった曲でしたが、強くて弱い女の子を見事に演じてくれました。

 

二人のブルー・トレイン
以外と少なかった明るいテンポの良い曲。杉真理さんらしい曲です。きっと歌いやすかったのでしょう、レコーディングの時、楽しそうにノリノリで歌っていました。

 

ロンサム・シーズン
まりやさんお得意の八分の六拍子の少し大人びた曲です。八分の六拍子の曲の演奏は、簡単そうにみえて実は難しいのですが、最初から難なく歌えたのでびっくりした曲です。

 

当時ディレクター 國吉美織.
————————-
[岡田有希子 関連作品]
岡田有希子コンピレーションアルバム竹内まりや提供作品集「岡田有希子 Mariya’s Songbook」CD
発売中

PCCA.04853 ¥2,500+税

 

2002年12月18日に発売された限定BOXに、特典クリアファイルが付いて数量限定再発売!
岡田有希子CD/DVD-BOX「贈りものⅢ」復刻盤
発売中
SCCA.00078 ¥12,000+税
※「特製クリアファイル」(1枚)付き/数量限定販売
※【ポニーキャニオンショッピングクラブ】限定・通販専用商品

≫岡田有希子特設サイト


————————–
[竹内まりや 関連作品]
・「ファースト・デイト」「憧れ」「恋、はじめまして」のセルフカバー収録のニューアルバム「Turntable」(ワーナーミュージック・ジャパン)発売中!
URL→https://www.mariya40th.com/

PONY CANYON公式ツイッターでは
""や""の新着記事をお知らせしています!
関連キーワード



MENU

TOP