MENU

News Ticker

桑名市(三重県)とポニーキャニオン、首都圏での桑名ブランドPR業務について契約締結

ポニーキャニオンが本社内に「桑名市東京PR事務局」を設置。「桑名ブランド」の首都圏での情報発信業務を開始。

桑名市と株式会社ポニーキャニオンは、首都圏における情報発信(観光、物産、産業、歴史、文化、自然、ひと等)を通じて、桑名市への認知度及びイメージアップ並びに観光客の誘致を促進する「桑名ブランド」のパブリックリレーションズ業務における契約を締結しました。桑名市が有する「本物力」溢れる地域資源を、総合エンターテインメント企業のノウハウを活用し、今後3年間首都圏での情報発信を行います。
現在桑名市では、虎ノ門から程近い「新虎通り」での期間限定での食材提供、展覧会「戊辰戦争150年記念 戊辰戦争と桑名藩」、桑名水郷花火大会、桑名石取祭(クワナイシドリマツリ)等、魅力的な資源を首都圏のファンに届けていきます。

 

 

桑名市(三重県、市長:伊藤徳宇 写真右)と株式会社ポニーキャニオン(本社:東京都港区、代表取締役社長:吉村隆 写真左)は、首都圏における情報発信(観光、物産、産業、歴史、文化、自然、ひと等)を通じて、桑名市への認知度及びイメージアップ並びに観光客の誘致を促進する「桑名ブランド」のパブリックリレーションズ業務における契約を締結しました。

 

桑名市では2014年から「本物力こそ、桑名力。」をキャッチフレーズに、全国に桑名の魅力や価値を情報発信する活動をしてきました。その活動の一つとして、これまでも首都圏での情報発信を行ってきました。桑名市には、全国屈指のテーマパーク「ナガシマリゾート」や、ユネスコ無形文化遺産に登録されている「桑名石取祭」など、桑名ならではの、他ではまねできない魅力=本物がたくさんあります。今回、3年間の契約を結ぶことで、これら「桑名の本物」を首都圏から継続的にPRしていき、全国で桑名市の認知度が高めることを目指しています。
ポニーキャニオンは総合エンターテインメント企業としてのコンテンツ制作、プロモーションのノウハウを活用し、2015年より地方創生事業を展開、2017年にはエンターテインメント業界初の自治体・地域団体協業専門部署「エリア・アライアンス部」を創設し、地域との連携に注力しています。今回の桑名市との契約締結により、虎ノ門の本社内に「桑名市東京PR事務局」が設けられ、桑名市が有する「本物力」や「磨き上げられた地域資源」を首都圏から全国へ情報発信を行って参ります。
尚、本業務にはポニーキャニオンと業務提携をしている株式会社日本旅行(本社:東京都中央区、代表取締役社長:堀坂明弘)、更には桑名市内に支店を有する株式会社大垣共立銀行(取締役頭取 土屋嶢、以下、OKB)も連携をしており、日本旅行はメディア向けの現地取材ツアーを実施し観光誘客を、OKBは地元を代表する金融機関としてネットワークを生かしたPR協力のほか、円滑な事業推進をサポートしていきます。
PR業務の詳細は下記の通りです。

本年度は「食」を中心に桑名市の本物力溢れる魅力を発信していきます。また、桑名市では「本物力」溢れるイベントが行われます。

詳細はこちらまで
http://www.ponycanyon.co.jp/pre/180712.html

PONY CANYON公式ツイッターでは
""や""や""の新着記事をお知らせしています!
関連キーワード



MENU

TOP