MENU

News Ticker

遠藤ゆりか、ベストアルバムへの思いを綴ったラストインタビュー公開

 

――あらためて歌詞についてですが、本当に素直な、むき出しの言葉が綴られてもいます。この曲で、何を残そうと思いましたか?

遠藤 そうですね・・・・・。応援してきてくれたみなさんに捧げた曲なので、普通に考えたらシンプルにハッピーなことを歌う曲を選ぶこともできたのかもしれませんが、自分の中では、それではウソになるなって思ったんです(苦笑)。やっぱり、これで最後になるから、遠藤ゆりかの素直な感情をここに残しておこうと。音楽ってハッピーな曲から勇気や元気をもらえる人もいますが、私はどちらかというと負の感情が綴られた音楽に力をもらってきたタイプで。その一方で、しっかり感謝の思いも残したかった。本当に今のすべての感情を、混沌とした歌詞になっても描きたいと思ったんです。「これが、今の私の気持ちです」と胸を張って言いたかったので。単純にハッピーな曲ではないかもしれないし、切ないし寂しさも感じるかもしれないけど、絶対に前向きな意志がある。それだけは伝えておきたかったので。

 

――遠藤ゆりかが声優として、アーティストとして活動してきたことの存在証明というか・・・・・。

遠藤 そうですね。もうこの段階まできて、偽ることもないだろうって(笑)。引退を発表してから、ファンのみなさんはこのことをすごく深刻に考えてくれたり、心配してくれたり、最後まで応援するよと声をかけてくれたり・・・・・私とすごく真剣に向き合ってくれました。そんなみんなに、胸を張って最後の曲を届けたかったんです。1番では “sing alone” だったのに2番では “sing along” になり、みんなで一緒に歌うという歌詞が生まれたのも、ファンという存在が私にとっていかに大切な存在だったかを残したかったからで。みんなで私と同じ感情を共有できる曲になればいいなって思っています。シンプルに “ありがとう” という歌詞を書こうか悩んだんですけど、気持ちとしては “ありがとう” では語りきれない思いが私にはあるので、敢えて書かずに、私の気持ちをできるだけ素直に表現することで、この感謝の思いが伝わればいいなって思っています。

 

――最後のレコーディングは、いかがでしたか?

遠藤 ゆよゆっぺさんがディレクションしてくださったのですが、最初に何回か歌っただけで「もう大丈夫だね。自分の好きなように歌っていいよ」と言ってくださって。いろいろなことを考えてブースに入ったのですが、「エモさを込めるぞ!」とか「ここはテクニックでこうして・・・・・」とか考えるより、無心で歌おうと思いました。その後で細かくディレクションもしていただきましたが、良い歌が残せたと思っています。そして何より、すべてに私の意思を織り交ぜながら作ることができた喜びがありますね。

 

――ファンのみなさんからのリアクションはいかがでしたか?

遠藤 私は「良いものができたので、届いてほしいな」という穏やかな気持ちで発売日を迎えたのですが、ファンのみなさんは泣きながら聴いてくれたみたいです。嬉しいですよね、「私の思いが届いたんだ」って思いましたから。歌詞についても考えてくれたり、受け止めてくれたり、すごくいろいろな角度から聴いてくださっていることが伝わってきて、幸せな気持ちになりました。

 

――ファイナルライブは、どんなライブにしたいと考えていますか?

遠藤 そうですね・・・・・必然的にエモいライブになると思います(笑)。でも、遠藤ゆりかのライブですからね、楽しくやりたいと思っています。いつも「一番自分が楽しもう!」と思ってステージに立ってきたので。そんな私だから、湿っぽくするつもりはないんです。でも、先に私が泣いていたらごめんなさい(笑)! とにかく後悔のないライブにしたいですね。ファンのみなさんに「俺の推し、最後までいけてたなー!」と思ってもらいたいですから(一同笑)。アルバムに収録されている曲も、声優として関わらせて頂いた曲もいくつか歌おうと思っているんですけど、私のすべてを感じてもらえるように、精一杯歌いたいと思っています。

 

――引退を決意された方にこんなことを言うのは失礼かもしれませんが、やっぱり「Emotional Daybreak」を聴いてしまうと「これからの遠藤ゆりかの曲がもっと聴きたかった」と思ってしまいました。

遠藤 ありがとうございます! そう言ってくださる方もいらっしゃるのですが、そう思われながら引退できることが、私は幸せだと思うんです。ファイナルライブは悔いなく終わろうと思っていますが、最後に一番輝いている私を見せることが何より大切なんだろうなって思っています。

 

――最後に。遠藤ゆりかとしての5年間は、どんな5年間だったと言えそうですか?

遠藤 ・・・・・そうですね。楽しいことも、嬉しいことも、そして大変なこともたくさんあったけど、すごくキラキラと輝いていたんじゃないかって思うんです。そして最後に「Emotional Daybreak」という自分らしい1枚が作れて、ちゃんとやりきったんじゃいかなって。声優もアーティスト活動もDJも、いろいろなことに挑戦してきたけど、そのすべてを総括して「やりきった」と言えるのは、すごく私らしい気がしています。大勢の方に「もったいない」とか「これからなのに」とか、嬉しい言葉をたくさんかけていただきました。でも自分から引退を決めてステージを去るというのも、潔くて自分らしいなって思うんです。今まで、自分で決めたことで後悔したことはありませんでした。だから今も、後悔はしていません。私の芸能活動、一言で言い表すなら “輝いていた” だと思います!

 

(text by 冨田明宏)

 

 

■リリース情報
「YURIKA ENDO『Emotional Daybreak』SINGLES BEST」 (CD+BD)
2018年5月9日発売

PCCG.01674 ¥3,000+税

 

■ライブ情報
「YURIKA ENDO FINAL LIVE – Emotional Daybreak-」
日時:2018年6月1日(金)開場18:15 開演19:00
会場:マイナビBLITZ赤坂
※チケットはSOLD OUTしました。予めご了承ください。

 

■関連サイト
遠藤ゆりか 公式サイト
http://yurika-endo.com

PONY CANYON公式ツイッターでは
""の新着記事をお知らせしています!
関連キーワード



MENU

TOP