MENU

News Ticker

URCアナログ復刻シリーズ完結、早川義夫1stソロアルバム&三上寛「BANG!」発売

URCアナログ復刻シリーズより、伝説的シンガーソングライター・早川義夫の1stソロアルバム「かっこいいことはなんてかっこ悪いんだろう」と、独自の世界観を放つシンガー三上寛の傑作「BANG!」の2タイトルが、この5月16日に復刻リリースされた。

 

2タイトルはオリジナル仕様を完全復刻したこだわりのLPレコードとカセットテープでの発売が話題となった同復刻シリーズの第6弾。これでシリーズ全12作品が完結となった。

 

早川義夫の初のソロ作でURCでの唯一のアルバム「かっこいいことはなんてかっこ悪いんだろう」は、ジャックス解散後の1969年に発表された。数多くのカバーを生んだ名曲「サルビアの花」を収録し、徹底してシンプルな弾き語りがイマジネーション深い音響で拡がる名盤と評価が高い。今回初めて、初版当時だけの仕様だったステッカー手貼り仕上げによるジャケットでのレコード復刻となり、正にアートワークというべき仕上がりになっている。

 

三上寛の1974年の傑作アルバム「BANG!」は、山下洋輔トリオをバックに迎え、怨歌とジャズ、ロック、フォークまで見事に融合させた一枚。「逢えてよかった」「赤い馬」などの名曲や、日本初かもしれないサンプリングの手法を用いためくるめくコラージュによるタイトル曲まで圧倒的な完成度を誇る。伝説の絵師、佐伯俊夫のイラストのイメージも強烈で、これまで入手困難だったLPレコードがオリジナル仕様で復刻されているのも見逃せない。

 

今回まで発売されたURCアナログ復刻シリーズのLPレコード12作品は、すべて米シアトルの人気復刻レーベルとして知られるライト・イン・ジ・アティックへポニーキャニオンから輸出され、海外でも好調な売り上げを見せているという。
シティポップとよばれる日本の音楽シーンへの注目、人気が増す最近の海外での流れをさらに深め、加速してゆく大きな潮流のひとつとして注目される。

 

 

■リリース情報
早川義夫「かっこいいことはなんてかっこ悪いんだろう」
2018年5月16日発売

●LPレコード
PCJA.00077 ¥3,700+税
●カセットテープ
PCTA.00292 ¥2,000+税

 

三上寛「BANG!」
2018年5月16日発売

●LPレコード
PCJA.00078 ¥3,700+税
●カセットテープ
PCTA.00293 ¥2,000+税

 

■関連サイト
URCアナログ復刻シリーズ公式サイト
https://urclpct.ponycanyon.co.jp/
Light in the Attic URCアナログ復刻シリーズ掲載webページ
https://lightintheattic.net/shop-the-catalog?utf8=%E2%9C%93&commit=Apply&filter%5Blabels%5D%5B%5D=319

PONY CANYON公式ツイッターでは
""の新着記事をお知らせしています!
関連キーワード



MENU

TOP