MENU

News Ticker

URCアナログ復刻シリーズ第4弾、斉藤哲夫デビュー盤&休みの国初フルアルバムが発売

URCアナログ復刻シリーズの第4弾として、”若き哲学者” ”歌う哲学者” として大きな注目を集めた斉藤哲夫のデビューアルバム「君は英雄なんかじゃない」と、ジャックスのメンバーが全面バックアップし人気を集めた高橋照幸のユニット・休みの国の「休みの国」の2タイトルがこの1月17日に発売となった。

 

今なお日本の音楽界に大きな影響を及ばす伝説的レーベル「URC」から、オリジナル仕様を完全復刻したLPレコードとカセットテープをリリースする話題の同シリーズも、今回で第4弾を数える。
「君は英雄なんかじゃない」は、1972年に発売となった斉藤哲夫のデビューアルバム。親交の深い鈴木慶一、渡辺勝をはじめ変名で柳田ヒロらがサポートで参加し、アレンジは瀬尾一三が担当している。「悩み多き者よ」をはじめとする表題曲や「6/8無題(素晴らしい人生)」などを収録した名盤だ。稀代のメロディーメーカーとしても知られ、熱烈なファンと共に現在も活動を続ける斉藤の唯一無二のスタイルがすでに完成している点にも注目される。

 

そして、ジャックスの兄弟分ともいえる存在だったカイゾクこと高橋照幸のソロ・プロジェクト、休みの国による初のフルアルバム「休みの国」は、1972年に発売され、長らくレコードは高値で取引されてきた人気作品だ。「第5氷河期」「追放の歌」「悪魔巣取金愚」「マリー・ジェーン」ほか、シンプルで独特の空気感を湛えた独特な世界観が、今聞いてもとても新鮮といえる。木田高介のフルート、サックス、ヴィヴラフォンや、角田ヒロのドラムなどサポートも秀逸な名盤だ。

 

URCアナログ復刻シリーズは、米シアトルの人気復刻レーベル「Light in the Attic」へ日本からLPレコードが輸出され、昨年末からは海外での販売も行われている。
そのLight in the Atticは日本の過去の名作のリリースを新たにスタートし、その第1弾として1969年から1973年までに発表された日本のフォークとロックのコンピレーション「Even A Tree Can Shed Tears: Japanese Folk & Rock 1969-1973」2枚組をLPとCDでリリースした。はっぴいえんどや細野晴臣、遠藤賢司、斉藤哲夫、加川良、ディランⅡ、金延幸子、はちみつぱい、西岡たかし、赤い鳥、浅川マキなど、70年代の日本の音楽史を彩ってきた面々の名曲を収録した同作は、詳細なアーティスト紹介テキスト、歌詞英訳までつけた仕様となっており、日本のJ-POPの礎となったURCをはじめとするこの時代の音楽シーンを、初めて本格的に海外へ紹介する作品として海外でも話題を呼んでいる。

 

 

■リリース情報
斉藤哲夫「君は英雄なんかじゃない」
2018年1月17日発売
●LPレコード
PCJA.00073 ¥3,700+税
●カセットテープ
PCTA.00288 ¥2,000+税

 

休みの国「休みの国」
2018年1月17日発売
●LPレコード
PCJA.00074 ¥3,700+税
●カセットテープ
PCTA.00289 ¥2,000+税

 

■関連サイト
URCアナログ復刻シリーズ公式サイト
https://urclpct.ponycanyon.co.jp/
斉藤哲夫(公式HP)
http://tetuo0404.web.fc2.com/
Light in the Attic
https://lightintheattic.net/shop-the-catalog

PONY CANYON公式ツイッターでは
""の新着記事をお知らせしています!
関連キーワード



MENU

TOP