MENU

News Ticker

浅野忠信×田中麗奈 映画「幼な子われらに生まれ」BD&DVD化!三島有紀子監督コメントも

(C)2016「幼な子われらに生まれ」製作委員会

浅野忠信と田中麗奈が共演し、第41回モントリオール世界映画祭にて審査員特別大賞を受賞した映画「幼な子われらに生まれ」が、2018年2月21日にブルーレイ・DVDとなって発売される。

 

本作は、数々のベストセラーを手掛けている直木賞作家・重松清が1996年に発表した同名傑作小説の映画化作品。「ヴァイブレータ」「共喰い」などで知られる脚本家・荒井晴彦が刊行当初に重松と映画化の約束を交わし、それから実に21年の時を経て、「しあわせのパン」「繕い裁つ人」などで知られる三島有紀子監督によって映画化された。“血のつながらない家族” と、“血のつながった他人” とが織り成す、“家族” を築けない不器用な大人たちの物語だ。

 

主人公を演じるのは、国内外の映画作品を自由に飛び回る個性派俳優・浅野忠信。そして、その再婚の妻を田中麗奈が演じる。また、妻の元夫役に宮藤官九郎、主人公の前妻役に寺島しのぶが登場し、主人公の娘役には、南沙良、鎌田らい樹、新井美羽らフレッシュな子役たちが起用されている。
三島監督は本作にて、役者同士のその場面その場面での新鮮な感覚を大事にしてドキュメンタリー手法を使った撮影を実施。日本を代表する役者陣が見事にぶつかり合い、観る者さえも家族の一員であるかのようなリアリティーで物語に引き込んでいく。

 

本作は、2017年第41回モントリオール世界映画祭にて審査員特別大賞を受賞。国内の映画賞においても、第9回TAMA映画賞最優秀男優賞(浅野)、第41回山路ふみ子映画賞作品賞(三島)・女優賞(田中)、第42回報知映画賞監督賞(三島)・助演女優賞(田中)を受賞し、2017年度の日本映画を代表する作品として今後もさらなる受賞が期待されている。

 

発売が決まったブルーレイ・DVDには共に、特典映像としてキャストのインタビュー集や舞台挨拶映像などが収録予定。加えて、封入特典としてブックレットも付属する。

 

今回のブルーレイ・DVD発売決定にあたり、三島有紀子監督がコメントも到着している。

 


 

【三島有紀子監督 コメント】
この映画の中の人々は、家族にひたむきに向き合えば向き合うほど、人間にまじめに向き合えば向き合うほど、正解を見つけられず傷だらけになっていきます。
自分も、人と真正面から向き合って、傷だらけになることがよくあります。
そんな、傷だらけの子供たち、
傷だらけの大人たち、
全ての方に観てもらいたいです。
浅野忠信さんの、田中麗奈さんの、宮藤官九郎さんの、寺島しのぶさんの、子役たち南沙良さん、新井美羽さん、鎌田らい樹さん、みんなの、リアルなお芝居と荒井晴彦さんの脚本の素晴らしさで繰り広げられる人間たちを観ていくうちに、、、きっと、〝自己〟と〝他者〟を深く見つめたくなると思います。
そして、もしかしたら、自分にとって違和感のある存在(ETRANGER)が親愛なる存在(DEAR ETRANGER)になると思える日がくるかもしれません。
そんなことを自分自身感じながら撮りました。また、家族の映画を撮りたいです。

 

 

(C)2016「幼な子われらに生まれ」製作委員会

 

■リリース情報
「幼な子われらに生まれ」
2018年2月21日発売 ※レンタル同時リリース

●ブルーレイ
PCXP-50549 ¥5,200円+税
●DVD
PCBP-53694 ¥4,200円+税

 

■関連サイト
「幼な子われらに生まれ」公式サイト
http://osanago-movie.com/

 

(C)2016「幼な子われらに生まれ」製作委員会

PONY CANYON公式ツイッターでは
""の新着記事をお知らせしています!
関連キーワード



MENU

TOP